★イベントジャーナル

★イベントジャーナル

日本初! イベント学大学教授 岡星竜美が、日本~世界の最新のイベント、地域ブランド活性化の事例をご紹介します。

岡星竜美の本 スポーツイベントで社会を元気に




Event Journal★イベント・ジャーナル  


★「チカラ解き放て スポーツイベントで社会を元気に」(JACE共著)

★「キラリ☆開眼物語~明日から企画のホープと呼ばれる本」 (文芸社)

★「イベント企画の基本構造」(JEPCイベント総合研究所選書)


★「イベントの仕事で働く」(ぺりかん社)


【岡星メディアニュース】

日本テレビ「スッキリ!!」「ZIP!」「news every.」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」、TBSテレビ「ひるおび!」、フジテレビ「知りたがり!」「スーパーニュース」、NHK「クローズアップ現代+」「首都圏ネットワーク」、NHK BS2「日めくりタイムトラベル」、FM J-WAVETokyo Morning Radioなど出演


※取材・講演依頼は sirius.its@dream.com または TEL044-935-1236 まで。


今週末(12/11-12)、東京・上野恩賜公園で、

「ベトナムフェスティバル2021」

元気に開催です。

 

ベトナムフェスティバル2021 上野恩賜公園 | VIET NAM FESTIVAL 2021 Ueno Park

 

 

このイベントは、日越両国における文化交流の象徴的な祭典、ベトナム政府が海外で開催する唯一の公認交流イベントとして、広く両国民一体で取り組み、参加していくことを実現する場(プラットフォーム)として定着している「ベトナムフェスティバル」をベースとしたものです。

 

コロナ禍で交流イベントの中止が続く中、 日本ベトナムとの交流再開を後押するフェスティバルとして、新型コロナウイルスへの対策をしながら開催いたします

 

〇開催日:2021年12月11日(土)、12日(日) 10:00-19:00
開会式 12月11日(土)11:00〜

〇会場:上野恩賜公園 竹の台広場

〇入場無料

〇ステージプログラムなどは↓

 

ベトナムフェスティバル2021

 

 

私のゼミ生に、とても気さくで明るいベトナム人学生が二人(男子と女子)いました。

日本人より真面目で勤勉な子たちでしたが、コロナ禍で今はどうしているのかしら?

そんなことを思うと、このイベントも開催できるのがうれしいです。

 

昨日(12/4)、東京・有楽町駅から東京駅まで、

「東京駅エリア イベントスペースウォーク」

イベントインターンのラスト回を実施しました。

 

 

 

絶好の秋晴れの中、目白大学メディア学部のリアルイベントインターンを実施しました。

今回は、私のガイドで、東京駅周辺エリアのイベントスペースを巡り、街歩きしました

街の中に、大・中・小、こんなにも多くのイベントスペースがあるということに気付いてもらうことが狙いで、また施設のジャンルの違い、広さや金額についても学んでもらいました。

 

〇巡ったイベントスペース

・東京国際フォーラム(ガラス棟:ロビーギャラリー、地下展示場、A~Dホールなど)

・東京ビルTOKIA(コットンクラブ)

・三菱一号館美術館

・丸の内仲通り 丸の内ストリートギャラリー(ストリートアート)

・丸ビル マルキューブ(ハリーポッのクリスマスツリー)

・JPタワーKITTE アトリウム(和のクリスマスツリー)

~東京駅舎を見下ろせる屋上庭園で休憩~

・JR東京駅 丸北ドーム&丸南ドーム

・丸の内オアゾ 〇〇広場<おおひろば>

・東京駅一番街 キャラクターストリート いちばんプラザ


季節はクリスマスシーズン、丸ビルでは話題のハリーポッター・クリスマスツリーがあり、学生たちもテンションUP!

最後の方に訪れたJR東京駅前の大通りでは、12/14から「ミチテラス2021」というイルミネーションイベントが始まります。

メディア学部のイベントインターンのラスト回として、楽しい体験になったとすればうれしいです。

東京国際フォーラムのOさん、ご相談ありがとうございました! 

 

ただ今(22.3/9まで)、

「第8回JACEイベントアワード」

エントリー受付中です。

 

 

一般社団法人 日本イベント産業振興協会(JACE)は、平成26年より、国内外で行われるイベントを対象に、そのイベントが開催されることによって波及する経済効果、地域への集客及び交流人口の増加、海外に対して我が国の魅力を発信する効果、また、今後開催されるイベントに影響する技術や創造性を顕彰する「JACEイベントアワード」を実施しています。

 

平成27年度からは、「経済産業大臣賞」を設け、一層話題性のある事業となりました。

そのような動きの中、世界中で猛威を振るう「新型コロナウィルス感染症」が状況を一変させました。

多くのイベントを延期・中止せざるを得なくなり、イベント業界は大きなダメージを被りました。

しかしながら、この厳しい環境下の中からも、知恵を絞ったユニークなイベントやデジタルと融合した新しいイベント体験を提供する取り組みも生まれつつあります。

 

このようなイベントの持つ力や新たな日常におけるイベントの可能性を全国に発信するため、創造的で革新的なイベントを広く募集し、イベント産業全体の未来に貢献すべく「第8回 JACE イベントアワード」を実施します。

 

 

今年も「イベント大賞」募集の季節がやってきました。

昨年のコロナ禍から、イベント業界は天変地異に襲われていますが、少しずつ適応できているようです。

新たなイメージの新たなイベントの出現が楽しみです。