今年の9月からオーストラリアに発注をしているタネの一部がようやく届きました。

 

今年は大規模な山火事があったりで、タネの採取が出来ているのか?

非常に心配なところです。

 

その為、今はまだ慌てて手に入れなくても大丈夫な品種のタネまで

取り敢えず確保しておかないとと、焦るばかりでした。

 

既に、天王寺動物園はコアラの飼育から 情けないことに撤退しましたから

契約者としての私の責任は無くなったのですが

多摩動物園・平川動物園・東山動物園・王子動物園ほか今までお取引のあった

今でもコアラを飼育している動物園とのおつきあいもあるので

御注文をイキに感じて 今後もいつ売れるともしれない

マイナーな植物のタネを在庫し栽培を続けることにします。

 

以下の画像は、今はマイナーですが

今後に期待できる種類のユーカリです。

 

 

 

ユーカリのタネの多くは、結実して採取をしてから約10年ほどは

発芽率も極端に低下せず使用可能ですが

ほとんどのタネ屋さんは、タネの採取年月日までは公表していません。

 

ですから、私の元に届いてから10年という期間発芽を保証できるか?

それは疑問です。

 

皆さんがネットを通じて購入される際は、

信用のおけないタネ屋さんや個人販売者もかなり多く存在すると言うことを

充分念頭に置いて対応すると言うことが必要になります。

 

取引相手を信用しすぎていませんか?

 

ヤフオクには弊社の画像を無断使用して、

注意しても知らん顔をしている方も存在します。

その上に、画像と品種が一致していませんからね。

 

 

レインボーユーカリは未だに発芽の気配もありません。

 

今年発注したタネは現在3割ほどが届き

先日別のタネ屋さんからも発送の連絡が届きましたが

まだバックオーダーになっているものもあって、

いったいいつになれば揃うのでしょうか?

 

もやもやする日が続きます。