noppinのブログ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-11-04 11:40:15

ゲスの女王

テーマ:PU-PU-JUICE
さて、世界で一番面白い芝居やります。

今回は、さらに色んなものを超越して、誰も見たことのないものを目指していきます。

ぜひ、お見逃しなきよう。

{3B43FEDF-EBC7-40BE-9C67-B26599BA5D41}

{F211C002-796B-4B1F-B366-8D2122F4E85B}


PU−PU−JUICE 第25回公演

《タイトル》
「フェイクニュース」
  脚本/演出 山本浩貴

《期間》
2017年11月16日(木)~11月26日(日)

《場所》
恵比寿・エコー劇場

《日程》
16日(木)19時/17日(金)19時/
18日(土)13時/19日(日)18時/
20日(月)休演/21日(火)19時/
22日(水)14時/23日(木)18時/
24日(金)19時/25日(土)13時/
26日(日)12時/16時

《料金》
4,800円(全席指定席)

<あらすじ>
金の為ならどんな記事でも書く『ゲスの女王』と異名をとるジャーナリスト、泉川真琴。

ある時、真琴は前代未聞のスキャンダルを入手し、世の話題を独占する。

だが、それは嘘の記事、つまりフェイクニュースかも知れないと知り。。

真琴が上げた記事に振り回される人々、うずまく欲望、見えない罠、そして、アッと驚く不思議な出来事が…!


誰もが情報を発信できる現代において、私たちはどう生きるべきなのか?

"今"を描く、痛快ジャーナリストエンターテイメント!


〈キャスト〉
文音 / 山下徹大 / 伊藤高史 / IKKAN/ 緑川静香 / 田中シェン / 林彬 / 長濱元希 / 宮澤竹美 / 磯野弘明 / 岩田知幸

PU-PU-JUICE
山本浩貴 / 長島慎治 / 西山咲子 / 久米伸明 / 中野マサアキ / 松原功 /谷遼


企画制作 オフィスレン PU−PU−JUICE


チケットはこちらから!

2016-11-19 18:28:07

PU-PU-JUICE 10th Anniversary !

テーマ:PU-PU-JUICE

やります!

世界で一番おもしろいやつ!

 

売り切れ必至なので、お早めにどうぞ!

 

第24回 劇団PU-PU-JUICE本公演

10周年特別公演

『青い十字架』

作・演出  山本浩貴

 

あらすじ

「何をするべきか?どこに向かえばいいんだろう?」

全てを失い7年ぶりに『街』に戻ってきた男。

男は過去を捨て去り、『街』の規律正しい生活の中で、新しい生活を送ろうとする。単調で心地好い生活。

しかしある日、旧友との偶然の出会いにより、7年前の事件の真相が明らかになる。

 

『俺を罠にハメたやつがいる』

 

忘れようとしていた過去がよみがえり、男は禁断の決断を選択する。

しかし、それは悲劇の序章でしかなかった。

7年前の事件とは?

男をハメたのは誰なのか?

そして、男がとった行動とはなんなのか?

 

重厚なストーリーと、個性的なキャラクターで定評のPU-PU-JUICEが、その10周年を記念して上演する傑作!

 

最近ハマったものがないというあなたに!

 

日時 : 12月7日(水)〜11日(日)

場所 : 中目黒 キンケロ・シアター

 

キャスト

寺中寿之、高田里穂、西山咲子、成松修、鳳恵弥、黒田勇樹、高橋友里恵、山本浩貴、長島慎治、久米伸明、中野マサアキ、高橋孝輔、松原功、谷遼、中村奈生実 /三浦力

 

公演スケジュール

12/7  (水)19:00

12/8  (木)14:00  19:00

12/9  (金)14:00  19:00

12/10 (土)14:00  19:00

12/11 (日)13:00  17:00

 

料金(全席指定)

前売り4500円 /当日4800円

 

割引

おかげさまで10周年!感謝を込めて「サンキュー割引」3900円!

※サンキュー割引は12/7と12/8の14:00の公演のみの適応となります。

 

『青い十字架』特設ページ

 

 

 

チケットはコチラから!

2015-11-25 15:05:09

兵隊日記

テーマ:PU-PU-JUICE
芝居やります。
最近面白いことないなー
と思ってる人はぜひ



22回公演「兵隊日記 タドル」
-若者よ、歴史を辿れ。

23回公演「兵隊日記 ツムグ」
-若者よ、未来を紡げ。

あらすじ

「兵隊日記 タドル」

ある戦争映画の撮影現場。撮影は終わったはずだったが、1人の役者が芝居に納得がいかないので、もう一度映画を撮りなおさせてくれと言い出す。その無謀な提案に誰もが反対するが、
その役者はボロボロの日記を取り出して、「池田甚八という兵隊が書いた日記です。どうしてもこの男の考えていたことをちゃんと伝えたいのです」と引き下がらない。
しぶしぶ役者たちは、もう一度戦争というものに真っ向からむかい合うことになる。
死んだ兵士が残した日記をもとに、役者達が、《戦争》という《過去》と向き合いながら、1945年という時代を生きた人間の、命の躍動を伝えようと必死にあがく物語。
戦争とは一体なんなのか。答えのないテーマに役者たちの戦いが始まる。

「兵隊日記 ツムグ」

名誉の負傷で戦地から戻った、池田甚八が住む池田家は毎日がお祭り騒ぎ。甚八の3人の弟に加えて、嫁、泰子の姉妹も住むこの家には、様々な珍客が訪れ、次から次に事件が起こる。
戦争が起きているのは分かるのだが、そんなことよりも目の前の問題を解決することで精一杯。泣いたり笑ったり、大乱闘したりと大忙しだが、どこか明るい雰囲気が池田家にはあった。
甚八の趣味は家族に隠れてつけている日記。その日に起きた事件をつぶさに書く事が唯一の趣味だった。
しかし、その空気も一通の召集令状、赤紙が届くことで一変し、戦争という足音が次第に池田家に忍び寄ってくる。
第二次世界大戦という激動の時代を、家族とともに必死で駆け抜けたひとりの名もなき兵隊とその家族の物語。

劇場
中目黒 キンケロ・シアター
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-15-11


タイムスケジュール
2015年12月17日~27日

12月17日 19:00 タドル
12月18日 19:00 ツムグ
12月19日 14:00 タドル
     19:00 ツムグ
12月20日 14:00 ツムグ
     19:00 タドル
12月21日 19:00 ツムグ
12月22日 19:00 タドル
12月23日 14:00 タドル
     19:00 ツムグ
12月24日 19:00 ツムグ
12月25日 19:00 タドル
12月26日 14:00 ツムグ
     19:00 タドル
12月27日 13:00 タドル
     17:00 ツムグ

※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前になります。
※未就学児のお客様の入場はお断りさせていただきます。
※開演5分前までにご来場いただけない場合は、チケットをご購入頂いても指定
 の席にお座り頂けない場合もございます。
*開演時間を過ぎますと、ご入場出来ない場合もございます。

キャスト

「兵隊日記 タドル」
山下 徹大 文音                
岩田知幸 飯田祐貴 ジェントル 寒川綾奈 戸田れい 浦まゆ 舟津大地 板東晴 亀田侑樹             
(劇団PU-PU-JUICE: 山本浩貴 久米伸明 松原功 中村奈生実)三浦力 


「兵隊日記 ツムグ」
寺中寿之  西山咲子(劇団PU-PU-JUICE)  外岡えりか
成松修 吉本剛士 関口アナム 橘美緒 北川富紀子 有馬健太 大里莉楠 前田隆太朗 
(劇団PU-PU-JUICE: 長島慎治 中野マサアキ 高橋孝輔 田中裕士 谷遼)


・チケット
全席指定
前売り4800円 当日5300円
チケットぴあ:予約受付電話番号0570-02-9999
『兵隊日記 タドル』Pコード448-034
『兵隊日記 ツムグ』Pコード448-035

PU-PU-JUICEチケット受付 劇団ホームページより専用フォームにご記入ください。
            http://www.pu-pu-juice.com/

セット割引き(兵隊日記 タドル・兵隊日記 ツムグ 両公演のチケットを同時購入された方9000円)
クリスマスイブ割引き12月24日の公演は4000円
セット割引は劇団受付のみの販売になります。
割引の併用は出来ません。

・スタッフ
作・演出 山本浩貴  脚本協力 久米伸明 舞台監督 西山みのり  舞台美術 小林奈月 照明 小松崎愛子(株式会社ALL.LIGHT.ASSOCIATE) 音響プラン 左右田利雄(有限会社パンデーロ)
音響オペレーター 山下麻里子(有限会社パンデーロ) 
スタイリスト 松本人美   ヘアメイク 谷川彩霞 ・鉛怜子 フォトグラファー 浅香善一  フライヤーデザイン 吉田雅一
制作協力 三好佑介 キャスティング 伊藤尚哉 音楽 AJIGUL(アジグル)尺八 辻本好美 ピアノ 砂川彩乃 企画製作PU-PU-JUICE

・協力
株式会社グランドスラム 株式会社プロダクション尾木 株式会社スターダストプロモーション 株式会社ボックスコーポレーション 株式会社アミューズ 株式会社オフィス北野
株式会社キャストパワー 株式会社アッシュ 株式会社C.I.A. アトリエヴィサージュ芸能部 株式会社プラチナムプロダクション 株式会社エイジアプロモーション 中野笑店
株式会社オフィスジュニア 株式会社ダブルアップエンタテインメント 有限会社ゴールフェイス 株式会社クラスター 外組 トライストーン・アクティングラボ

衣装協力 CASUCA クエルポ

劇団紹介
<PU-PU-JUICEとは?>
2006年に劇団旗揚げ。舞台と映像の垣根を取り払うべく活動開始。
 強烈なキャラクターのメンバーが暴れまわるスタイルから
 エンターテイメントギャングと称される。
 2013年、劇団創立8周年を記念し、新宿スペース107<夏の笑劇5部作公演>と銘打ち、
 3ヶ月で5本の舞台を上演。計8000人の動員を達成する。
 昨年の公演「竜馬が生きる」「竜馬を殺す」も、大好評にて終演した。
 2016年には、山本浩貴監督の映画『女子高』公開予定。
 現在、注目株の劇団である。


soldier_diary
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス