46億年前のアクセサリー ギベオン隕石のお子様社長です。

おや?迷い込みましたか・・・。実はね・・・・私もなんですよ。

※注意事項です。


「起業」を目指して何かヒントをお探しに来られた方・・・。


「感動」出来るような良い話をお探しに来られた方・・・。


ここに「それ」ございません。

6年間放置していた

いやはや

 

お元気ですか?

 

 

6年と4か月?放置しておりましたわ。

 

 

小学生が入学から卒業までの期間放置。

 

 

随分と世の中も様変わりしましたなー。

計算された偶然。

投稿写真

前触れなく、いきなり爆発して


そのまま凄いスピードで未だに拡がり続けて。


ところどころに歪な形である重力ができて


そこに元素が集まって。


水素、圧縮してヘリウムetc


25個の元素を集めて、恒星を作ってエネルギーを放出。


それだけでは『何かが足りない』と


今度はその恒星を圧縮させて爆発させて…


金とウランと銅との隕石をかき集めて惑星を創る。


色んな恒星を創っては爆発させて、ついに太陽が出来上がる。


そこに色んな恒星の破片が集まって惑星が出来る。


その惑星達の中で1日がたった8時間だった、小さな原始地球。


そこにこんどは火星並の大きさの惑星を『たまたま』ぶつけて、衝撃でできた破片で月を作る。


月が出来たらその引力で地球の地軸が安定させていく。

1日が24時間になり、少し斜めになった地軸のある地球に四季が出来て惑星の熱が冷めていく。

ゆっくりゆっくり冷めていく。


重い物質はより地中へ行き流動し、軽い物質は地表で固まる。


地底の排気口である火山から水蒸気が舞い上がり雨が降って、海が出来て、命が…


おお、長くなる長くなる。


まあ、今、生きているってのは


凄い確率ですわね。


隕石ジュエリー・エタニスのサイト





動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…
大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!
容量200.71GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは ヘテムル


出品中の商品はこちら

そうだ。金脈を掘りに行こう

暖かくなってくると、街ゆく人々も笑顔になりますね。あ・・・お子様です毎度どうも<m(__)m>



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



さて、皆さん。



金を掘りに行きませんか?








金はあるところにはあるのですね~



そこには・・・・・・



なんと地球全体を厚さ4mで覆い尽くせる程の埋蔵量があるのです。



潤沢な埋蔵量ではありませんかっ



ぜひとも掘りに行きましょう、行きましょう。



その埋蔵されている場所も近いのです。



なんとスグソコ!



たったの地下2900mです。



貴方の足元からったった3キロ



金の上で寝起きしている人生って



なんと贅沢な事でしょう(≧∇≦)



アタス達は幸福ですよね^_^



因みに・・・・・・



今、ある世界の金を全部掻き集めても



オリンピック用プール5個分程度なのですよ!



ご存知でしたか。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



~金に関して~



実は色んな説がありまして



世界の金をすべて集めてもオリンピックプール3個分とか2個分とか。。



あと地中には金がないとかあるとか。



『もっと深く掘らなきゃダメっ!』とか



生命が誕生する随分と昔、原始地球に隕石が衝突してその中に金が含まれていたとか。



その衝突で地中に深く埋まった金がマグマの熱で地上近くまで上がってきて固まったのが金脈とか。



ともかくもアタスは一番夢がありそうな話を書きました。




宇宙科学 ブログランキングへ


隕石ジュエリー・エタニスのサイト