講師 木村一典「司法書士合格塾」

講師 木村一典「司法書士合格塾」

20年の講師生活で感じたこと、日々の講義で感じたことを司法書士試験の合格を目指して真摯に頑張っている皆さんに伝えていきたいと思います。

先日は、木村ゼミの合格者インタビュー【ダイジェスト版】をお送りしましたが、今日は、それとは全く趣向の異なる合格者女子の本音トークを、ご紹介いたします。

 

YouTube 👇

 

2人とも出会った時には、すでに何年か勉強していました。

 

出会った頃は、「このまま勉強していれば受かるなぁ」とは思いませんでした(ゴメンね🙏)。

 

それは、本人たちが手応えを感じている様子ではなかったからです。

 

でも、ほとんどの受験生には「いいとこ」があるので、何とかなるだろうとも思っていました。

 

それから少しだけ時間は掛かりましたが、ちゃんと合格してくれました(ありがとう😂)。

 

僕が気をつけていることは、それぞれの個性を見抜くこと。

 

「いいとこ」を伸ばすのが一番❗️

 

でも「いいとこ」は案外自分自身にはわからないものなんですよね。

 

もし、合格行きの列車がどれかわからず、乗れずに道に迷っている人がいたら、僕に連絡して来てください。

 

少しは力になれると思います。

 

 

 

11月に入りました。

 

オンライン木村ゼミでは商業登記法(択一)が終わったところです。

 

やはり商業登記は難しい😭

 

その原因は、会社法の難しさと登記法の難しさが掛け合わされているからです。

 

何も考えずに勉強してしまうと苦手なままで終わってしまいます😱

 

1つの方法として、以下の3点を試してみてください。

 

①登記記録を見ながらやること

これによって何が登記事項かが明確になります。

 

②会社法の手続きを確認しながらやること

結局、商業登記は会社法の手続を見える化したものなので、会社法の理解が大前提になるからです。

 

③添付書面を全部書き出してからやること

結局、商業登記の問題は、いつも添付書面が問われるので、添付書面を書き出しておいて検討するのが効果的だからです。

 

年内の時間があるうちに商業登記法に目処をつけておくことがとても大切です。

 

頑張って❗️

 

ところで、合格に向け、1日1日の目標をクリアできてますか?

 

当初は意気込んでいても、1日1日モチベーションが低下すること多いはず😥

 

そんな時は合格者インタビューを覗いてみて下さい。これは、予備校の合格体験談とは違います。

 

 

 

きっと、今より少しはモチベーションがアップしますよ👍