小南プロ

テーマ:

某雑誌の対談記事に先日の最強戦での話が掲載されており、小南プロのスタイルがアマチュアっぽいと酷評されていましたw

確かに初見ではああいった印象になるんだろうなぁと思います。

でも実際によく一緒に対戦している僕の印象は随分違いますね。僕も正直なところ初見では記事と同じように危なっかしくて見ていられないという印象を持ってましたけど、ずっと打っているうちに『あれ?思いのほか手詰って放銃する場面が少ないな』と思うようになりました。あのスタイルでバランスが取れていると思うし、馴染んできているというか、もう個性と言ってもいいんじゃないか?というところまで来ていると思います。もちろんすごいミスしてる時もあるんですけどねw

出来ればこのまま今のスタイルを突き詰めて行って欲しいなと。

Mリーグを見ていても色んなスタイルの人がいるじゃないですか。戦術論もどんどん変化していて、以前は一般的に悪手と言われていたような打牌選択も今では推奨されていたり。まだ誰も答えを出せていないし、多分この先も答えが出ないでしょう。だから面白いんですよ、麻雀。牌譜に残らなくて誰も見ていないところでも、Mリーグのような皆が驚嘆する一打は生まれています。僕は当店のゲストプロの皆さんのそんな一打を何度も見てきました。そこから未来のトッププロが生まれてくることを期待しています。

小南プロにいつか『やっと時代が俺に追いついた』と言って欲しいなと。そして『小南はワシが育てた』と何人かが待ち構えていながら先日言えなかったセリフをいつか言わせて欲しい。応援しています。

そんな小南プロは1ヶ月の半分くらいはイーソー難波店に居ますので同卓希望をお待ちしております。

 

と記事を読んだ僕が悔しくなったのでブログにして見ました。上から目線な文面になっているのはご容赦をm(__)m