こんにちは。

 

久しぶりにブログを書きます。

「創造主を知ること」

というテーマで私が日々感じていること、思っている事を

ブログに書きたいと思います。

 

イエス・キリストを知る前の私は

ずっと暗闇の中に彷徨っている状態でした。

自殺したいと思えるほどのつらいものもありました。

しかし、イエス・キリストを知って、今、

私は、神とともに生きるということを決断しました。

これは今も変わらずに続いていることです。

 

創造主を知らずに、この世に生きていると言うことは、

暗闇の中にいる状態です。

私たちは神とつながっている者なのです。

神は私たち人間を造っておられ、愛しておられるのです。

神から背向け、逆らって歩む私たち人間を

忍耐を持って、愛しておられるのです。

神の御子であるイエス・キリストがこの世に生まれ、

十字架に導かれ、死にてよみがえられました。

この十字架とよみがえりは、私たちの神から逆らったという

その自己中心の罪を全て負い、釘づけられたのです。

そして、その血を流し、罪を清められたのです。

十字架によってそのイエス・キリストを信じる事によって、

私たち人間に救いの道を与えてくれたのです。

 

信じるというその決断は簡単なようで難しいものです。

だけれど、私は、創造主を知ってこそ、信じる事ができたのです。

創造主を知ることによって、私たちの成り立ちや生き方を知り、

私たちの犯した罪をも全て創造主が知っておられる。

私の気持ちさえも知っておられる。

だからこそ、神の御子であるイエス・キリストがこの世に

与えてくれたのです。

十字架に死に渡され、よみがえられたというその御業は、

これまでにない残酷なものだけれど、

”救い”という素晴らしいことをなさったからです。

それを通して、世界中の人々の”救い”の道を示されたのです。

 

創造主の思いは、私たちが思う以上に、

測り知れないものなのです。

”愛”またより広く、より深いものなのです。

 

創造主が一番求めていることは何か。

それは、私たち人間と共に永遠のいのちである

天の御国で共に平和で過ごしていくこと。

 

創造主は、”悪”を嫌っています。

だからこそ、”罪”は嫌っています。

しかし、私たち人間を愛しておられるこそ、

神の御子イエス・キリストを通して、救いの道を与えたのです。

 

”イエスは彼に言われた。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。
わたしを通してでなければ、
だれひとり父のみもとに来ることはありません。
(ヨハネ14章6節)”

 

この言葉があるほど、

イエス・キリストは、愛を持って私たちに優しく語りかけているのです。

 

イエス・キリストが偽りであるなら、

”真理である”とは言わないのです。

”真理である”と言っているからこそ、

真実であることがわかるのです。

 

創造主の思い、御子をこの世に与えたその思い。

それを知ることによって、私たちは、

生きるべき道はそこにあると示してくれているのです。

 

創造主の思いは全て、

聖書に書かれていることですから、

聖書を読み、求めて、祈る。

そうすることによって、

私たちは、神にあって生きるという

素晴らしいものとなるのです。

 

創造主を知らずに生きて行くこの世は

創造主によって裁かれるという恐ろしい道を

開かれることになるのです。

 

創造主を知って欲しい。

その方を知ることによって、

創造主によって裁かれる裁きから救われるのです。

 

多くの人々が創造主を知り、

救いがあるように、

私はそう思って、心から祈っております。

 

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、
世を愛された。それは御子を信じる者が、
ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネ3章16節)

こんばんは!!

1週間の間、ブログを書こうと思ったら、

書くテーマが思いつかず、

今日、テーマが決まりましたので、

それで、ブログを書くことになりました。

 

クリスチャンにとって、

一番大切なものがあります。

それは”聖書”です。

 

聖書は、ただの本ではありません。

これは、神の御霊によって人々を通して、

書かれている書物であります。

 

”聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と

義の訓練とのために有益です。”

(テモテⅡ3章16節)

 

”主の書物を調べて読め。これらのもののうちどれも失われていない。それぞれ自分の連れ合いを欠くものはいない。それは、主の口がこれを命じ、主の御霊が、これらを集めたからである。”

(イザヤ34章16節)

 

ですので、聖書は、神の言葉として、

クリスチャンにとって必要なものなのです。

 

聖書は、ほかの宗教の本と違うのは何か。

地球の誕生から先の将来のことまですべて書かれているのです。

地球の誕生、人間の誕生など歴史のことだけでなく、

人間と神との関係も書かれているのです。

 

人間と神との関係を鮮明に書かれているのは、

聖書しかありません。

 

私たち人間は、神との関わりがあるのです。

神を知ることによって、

私たちが生きていくべき道を示してくれるのです。

 

この世に生きていて、

罪の中に生きていて、

神と離れている私たち人間。

 

だから、今の私たちは、

神を知らずに歩んでいるのです。

 

私が生まれながらにして、罪がある者として、

神から御怒りを受けるべき者でした。

 

”私たちもみな、かつては不従順の子らの中にあって、自分の肉の欲の中に生き、肉と心の望むままを行ない、ほかの人たちと同じように、生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。”

(エペソ3章3節)

 

しかし、神の御子がこの世に生まれ、

十字架にかけられ、死に渡してよみがえられました。

その御子とは誰なのか。

 

これはイエス・キリストなのです。

その方がこれまで通して教えていたことを、

3年間という短い間に人々に伝えられたのです。


また、十字架とよみがえりという驚くべき行為によって、

その方を信じることによって救いを得るという

福音を与えられました。

その方を通して、世界中に福音が伝えられています。

その福音が、聖書によって伝えられているのです。

 

神によって生きることの大切さ、

私が歩むべき道を教えてくれる書物として、

現在、聖書を通して、学んでいるのです。

 

聖書が本として

簡単に手に入れるようになった現在、

聖書を蔑ろにしている教会が多く存在しているのです。

 

聖書は歴史を語るだけでなく、

近い将来の出来事も語っているのです。

その近い将来とは何か?

 

これから来るべきであろう、

携挙と患難時代そして、千年王国という

うれしい出来事と悲しい出来事があるのです。

 

うれしい出来事というのは、

”携挙”のことであり、携挙は、イエス・キリストを信じ、

その御言葉(聖書)を守った者が天に引き上げるという

出来事なのです。

 

悲しい出来事というのは、

”患難時代”のことであり、イエス・キリストを信じない者が

携挙にならなかった自称クリスチャンが地球に残され、

これまでにない大きな災害に見舞われて、

生き残る者が現在の人口より3分の一が残ります。

これほど、ひどいことがおこるのです。

 

患難時代の終わりに、イエス・キリストが地上に再臨され、

生き残った者の中に、裁きがあり、

信者とユダヤ人とユダヤ人を助けた人々が残り、

それ以外の人々は裁かれ、火の中に投げ込まれます。

 

その裁きから残った者が

携挙された信者とともに千年王国が始まるのです。

 

【参照ブログ】

聖書の全体像・神様のご計画 〜創世記~黙示録〜

終末における三つの裁きの座

 

この近い将来の出来事に、

この世に生きている私たちは、

選択するべきことがある。

 

それは、神とともに生きるか。

それとも、悪魔についていくか

 

という選択

 

神とともに生きるという選択をしている

クリスチャンは神を信じて、この世に生きるのではなく、

神の言葉である聖書に従って生きていくべきであります。

 

聖書を蔑ろにして教えている、

聖書を私的解釈して教えている牧師などは裁かれるのです。

 

”それには何よりも次のことを知っていなければいけません。

すなわち、聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない

ということです。”

(ペテロ第二1章20節)

 

”私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。

もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある

災害をその人に加えられる。
また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、

神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、

その人の受ける分を取り除かれる。

(黙示録22章18-19節)

*預言のことば、預言の書→聖書のこと

 

聖書に私的解釈や取り除いてはいけない理由は、

聖書の御言葉は神の言葉であり、

清く正しい神の言葉を捻じ曲げているということになるからです。

 

ですから、聖書は蔑ろにしたりしていはいけません。

 

清く正しい神の言葉で書かれている聖書に、

私たちは読み、神の言葉を理解し、

御言葉に従っていこうではありませんか。

 

なぜなら、預言は決して人間の意志によって

もたらされたのではなく、

聖霊に動かされた人たちが、

神からのことばを語ったのだからです。

(ペテロ第二 1章21節)

 

こんばんは!!

 

礼拝が終わって、

玄関のドアが開けられないトラブルがあり、

疲れていましたので、

昼寝して、夕食を食べて、今に至っています。

 

トラブルがあったおかけで

昨日の思い出せなかったブログの内容を

思い出すことができて神に感謝です。

 

クリスチャンの友達と

Twitterでツイートして交流しているのですが、

よく話題になっているのが、

日本の教会の現況ということ。

 

交流の中で、

私が感じていることは、

世に従っている教会が多いと言うことに感じている。

なので、ブログのテーマは

「世に従うのか、神に従うのか」ということにしました。

 

教会の原点は、どこからでしょうか。

これは、ペンテコステから始まったのです。

そこから、教会の働きが始まったのです。

ペンテコステと聞くと何のことなのか。

聖書を見てみましょう。

”五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。
すると突然、天から、激しい風が吹いてくるような響きが起こり、

彼らのいた家全体に響き渡った。
また、炎のような分かれた舌が現われて、

ひとりひとりの上にとどまった。
すると、みなが聖霊に満たされ、

御霊が話させてくださるとおりに、

他国のことばで話しだした。”

(使徒の働き2章1~4節)

ペンテコステは聖霊が与えられた日と言うことです。

聖霊を与えられて、与えられた人は異言などを語り出した。

見ていた人々は驚き怪しんだ。

そこからペテロが人々にこれは昔から伝えている言葉であると

そう声を張り上げて伝えた。

これが教会の始まりなのです。

 

十二使徒の他に、パウロの活躍などがあり、

こうして世界中に広がっていきました。

 

教会が世界中に広がり、

大きくなって行くにつれて、問題は起こります。

十二使徒がいたその時代にも問題がいくつか起こりました。

その問題が起こる度に、パウロなどが

手紙を通して、人々に伝えていました。

その伝えたかった事は何か?

”神に従う”また”神に倣(なら)う”ということ。

 

” ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。

「人に従うより、神に従うべきです。 ”

(使徒の働き5章29節)

 

ペンテコステが起こったとき、

ペテロは聖書の御言葉(旧約)から

語り出しました。

使徒達は当時、旧約聖書しかなかった時代に、

それを用いて、神の言葉を語り出しました。

 

こうして、迫害を乗り越えて、

教会の対立などの問題がありながらも、

神の御言葉が本(聖書)となって、

世界中に広がりました。

 

しかし、現代になって、

教会に起こっている事は何か?

神の言葉である聖書を用い出さずに教える教会。

教会の規則がこの世に倣っているものとなっている

などと幾つかあります。

 

この世に生きている以上、

神に従うのか、世に従うのか、

選択があるのですが、

イエス・キリストを信じた以上には、

神に従うべきであります。

聖書ではこう書かれています。

 

この世と調子を合わせてはいけませんいや、むしろ、

神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、

神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、

心の一新によって自分を変えなさい。 ”

(ローマ12章2節*新改訳*)

 

”あなたがたはこの世に倣ってはなりません

むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、

何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、

また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。"

(ローマ12章2節*共同訳*)

 

この世の調子→この世に倣う

ということ。

この御言葉があるように、

この世に倣ってはいけないのである。

 

旧約聖書の次第でも、このように語っている。

” 私から偽りの道を取り除いてください

。あなたのみおしえのとおりに、私をあわれんでください。 ”

(詩編119篇29節)

にあります。

偽り→世の教え

あなたのみおしえ→神の教え

と言うことです。

昔も今も神の教えを求めています。

 

昔のイスラエル人は、

モーセ契約(613個ある律法)を守った。

その律法の違反したイスラエル人は、

石打ちなどの裁きがあったのです。

しかし、そのモーセ契約(律法)をイエス・キリストの十字架によって

打ち消されました。

律法(613法)からの解放です。

 

今は、新しい教えを与えられています。

新しい教えは、何か。

イエス・キリストが与えられた新しい教えであります。

イエス・キリストは父なる神から教えたものを

教えているのです。

聖書にはこう書かれています。

”わたしが父におり、父がわたしにおられることを、

あなたは信じないのですか。わたしがあなたがたに

言うことばは、

わたしが自分から話しているのではありません。

わたしのうちにおられる父が、

ご自分のわざをしておられるのです。”

(ヨハネ14章10節)

 

私たちはイエス・キリストを倣うべきです。

イエス・キリストを通して、神の従うことの大切さを

教えてくれているのです。

 

教会にあるべき姿は、

キリスト教であると示している以上、

また、イエス・キリストを信者である以上、、

聖書の御言葉に立って行うべきではないでしょうか。

 

聖書をなくして、神の言葉をどうやって知ることができることでしょうか。

もう一度、聖書に、神の御言葉に立ち返りましょう。

 

神を求めて居る人に

聖書を教えてあげるべきです。

神を信じている人には、

聖書を教え合ったり、調べたりしましょう。


” わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、
あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。
あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、
勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」 ”

(ヨハネ16章33節)

 

この世には患難がありますが、

神によってこの世に打ち勝ったのですから、

神にあって希望があります。

これが、携挙という近い将来の起こる出来事です。

携挙→空中再臨と言って、クリスチャンが死んでも、生きていても、

天に引き上げられるのです。

 

ただ、クリスチャンと言っても、イエス・キリストを信じるだけで、

神の言葉に従わない人は携挙から外されるのです。

 

” あなたが、わたしの忍耐について言ったことばを守ったから

わたしも、地上に住む者たちを試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを守ろう。 ”

 

わたし→イエス・キリスト

ことば→聖書(神の御言葉)

ということです。

 

神の言葉である聖書に従うべきです。

最後まで聖書に従った者は7年間という恐ろしい患難時代から

守られる(携挙)のです。

 

イエス・キリストを信じ、救いを得ようではありませんか。

また、神に従ってこの世から解放して、

携挙という恵みを与えていこうではありませんか。

 

ブログで、

簡単にまとめて書きましたので、

聖書を手にして調べてみてください。

(使徒の働き17章11節参照)

 

こんにちは!!

今日は祈祷会があるのですが、

のどの痛みや身体の疲れのため、

ゆっくり家で休んでいます。

 

熱海のバイブルスタディ(以下バイスタ)をやりました。

ツイトモでやりとりしている二人は私が耳が聞こえないことを

知っているので、

学ぶ人たちに私のことを説明して、お互いに助けもらってくれたので、

楽しいバイスタとなりました。

 

バイスタで学んだことは、

聖書には8つの契約があって、

聖書通読して、これが8つの契約があるということを

知らなかった。

それを教会とかで教えてくれなかったので、

教えてくれてたら、聖書通読するときに、

聖書の見方が分かるようになってきた。

そして、聖書に書かれている文の意味が分かるようになってきた。

この8つの契約を知らないと、

聖書の意味が違ってくるし、

聖書の文の意味を”自分”と置き換えたりして、

置換神学になったり、

聖書の文のそのまま自分的に解釈するという

私的解釈になってしまうのです。

 

8つの契約は

①エデン契約

②アダム契約

③ノアの契約

④アブラハム契約

⑤モーセ契約

⑥土地の契約

⑦ダビデ契約

⑧新しい契約

という8つの契約があるのです。

 

これを学ぶと、神の計画が全体的に見えて、

いかに素晴らしいものであるかを知りました。

 

今も続く契約とは、

②アダム契約

③ノアの契約

④アブラハム契約

⑥土地の契約

⑦ダビデ契約

⑧新しい契約。

となる。

 

特に、⑤モーセ契約は律法(613法)を全て実行しなければならない。

私がそれをやったら、一つでも犯してしまいそうです。(;´Д`)

それを全て実行できたのはイエス・キリストだけ。

だからこそ、罪がない方であることが分かる。

 

そのモーセ契約はイスラエル人に対してであり、

異邦人である日本人には関わりはありません。

現在では、モーセ契約はイエス・キリストの十字架によって

律法が無効となったわけです。

聖書にこう書かれている。

"主が命じられた日以来代々にわたって主がモーセを通して、

あなたがたに命じられたことの一つでも行わないときは”

(民数記15章23節)

この”代々にわたって”→「デドロテヘム」(ヘブル語)

と言って期間限定の言葉である。

期間限定ということばがあるから、いつまでというのがある。

”いつまでなのか”

それが次です。

キリストが律法を終わらせたので、信じる人はみな”義”と認められるのです。”

(ローマ10章4節)

キリストが十字架によって血の契約をおこなったので、

律法が十字架によって無効にされたのです。

なので、イエス・キリストの十字架までが律法(613法)を

打ち消されたのです。

 

ですから、

十分の一の献金の規定ある律法も打ち消されることになる。

だからこそ、

献金については、聖書によると、

”ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、

心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を

愛してくださいます。”

(第一コリント9章7節)

にあります。

ですから、心から喜んで捧げれば小さいものでも大きいものでも

関係はないのです。

ですから、十分の一を捧げなければならないという規定を

守る必要はありません。

 

ある人のメールによると、

”神様が言われたとおりにすべて守らなければならない。”

十戒もモーセの契約も守らなければいけないということを

含めるような言い方があった。

これは旧約聖書を信じている、律法(613法)を守っている

ユダヤ教みたいなことですね。

 

イエス・キリストが十字架によってすべて打ち消された

(終わった)のに、

また現在、律法(613法)を守るのでしょうか。

 

だからこそ、8つの契約を知ることによって、

聖書を読む時に”あなたがた(あなた)”誰に対して言っているのか、

これを考えて聖書を読むべきである。

 

8つの契約について

ある人が簡単にまとめてツイートしたので、

それをPDFファイルにまとめました。

よかったらご覧ください。

【PDF】8つの契約

 

ブログに簡単にまとめて書いていたので、

文の不備などがあるかも知れません。

その通りかどうか、

各自で聖書を調べてみてください。(使徒7章11節参照)

 

この世の状況に従うより、

神に従うべきなら、聖書を開いて、読んでみること。

これが大切な事である。

 

この世に従うのか、神に従うのか、

どちらかを選ぶのはあなたの次第です。

 

こんばんは!!

 

久しぶりにブログを書きます。

 

わたしはヘブル視点での聖書を読んでいます。

なぜ、ヘブル視点で聖書を読むのか。

 

①その時代の背景に習慣などを知り聖書の言葉の意味を知る。

時代の背景を知らないと、聖書の言葉の意味が

現代的に置き換えると言葉の意味が違ったりすることがあるのです。

 

②私的解釈をしない。

聖書は神の霊によって人を通して書かれている。

聖書は神の言葉であって、偽りは一つもありません。

それを自分なりに考えて置き換えることになると、神の言葉が人の言葉となり、聖書が聖書でなくなるのです。

エホバの証人など異端教団があるのは、私的解釈によるのです。

私的解釈して教えたりなどすると、、

黙示録では裁かれると書かれている。

 

③人生の方針(救いを知る)

私たちが生きている上で、神が求めていることを知る。

神を求めていることは聖書の中に全て書かれている。

求めていることを知ることで、人生の方針が分かる。

この世にある情報に惑わされずに、

神の言葉である聖書読み、人生の方針や神の救いを知る。


④聖書を通りであるか調べる

 

これが最も重要なことである。

牧師や宣教師など、説教(メッセージ)をするとき、

聖書とずれることがある。

これは人間なので、間違いとかある。

牧師だからと言っても、

完璧に説教(メッセージ)をするわけでもないので、

その通りであるかどうか、調べる。

 

現代の教会は、

これらをしていないところがいくつかある。

特に、⑷を実行しないクリスチャンが多くいることに

残念に思う。

 

聖書は神の言葉であるから、

聖書なしで、どうやって神の言葉を

知ることができるのでしょうか。

 

この世の情報に惑わされずに、

聖書をきちんと読むことをおすすめします。

 

ヘブル視点で聖書を読む時に

お助けになるブログがあります。

これがサザエさんのブログです。

サザエのお裾分け

 

そのサザエさんが

Twitterで聖書を短くわかりやすく解説してくれています。

サザエ@でもクリ(Twitter)

 

動画で見るには

へーベスト・タイムの「3分で分かる聖書」

3分で分かる聖書

 

私が言いたいことは⬇️

 

最後に

聖書の御言葉はこれです。
ツイトモが作ったものです。⬇️

 

聖書を読み、御言葉を味わって、いきましょう!!

 

ハレルヤ!!

シャローム!!(^^)/