私事ですが、昨年1月にダイエットを決意したものの、自分の努力だけでは何ともならなそうだったので、4月から大手エステサロンのセルライトコースなるものに30万円ほどかけて4カ月ほど通っていました。


その間、個人的にも入浴後のリンパマッサージやストレッチをしたり、ジムに週1で通ったり、時間を見つけて歩いたり、人との外食も週2回ほどにしたり


その結果、7月~8月中は3kg痩せて、当時の写真を見るとスッキリした自分が写っていました。


その頃は、精神的にもエネルギーが満ち溢れていたように思います。


その後、8月に右手の甲に大きめの怪我をし、週1ほどで行っていたランニングを休止し、続けていた自炊も断念し、治癒を待っていました。


ただ夏以降、西洋占星術で人との出会いに恵まれると書かれていた通り、色んな人との新しい出会いが増え、飲む機会も増えていきました


そうしているうちに10月頃に体重計の電池が切れ、それまでは毎朝体重計に乗って体重と体脂肪を測っていたのに、その習慣が途切れて早4ヵ月…。


最近、顔やアゴに脂肪が付き始めているなぁと思い始め、自分が写った写真を見てやっぱり太っている!と確信し、もう一度やせなくては!と心底思い、昨夜4ヵ月ぶりに100均ローソンで、体重計用のリチウム電池を購入。


今日の朝測ったところ、なんと!


ダイエットを始める頃の体重と体脂肪に戻っていました!
そうです、30万円をムダに使ってしまったのです。


うっすらと体型が戻っていることを実感しつつも、お金がからんでいるので、この結果はショックでした。


ただ、この事実を通じて思ったことは、人は普通は変わらないこと ②「継続は力なり」ということ現状が上向いてきているからといって、奢ったり、その状況に甘んじるのではなく、努力を続けることが大切だということです


人の脳には恒常性機能があり、良い方向に変わりたくても、変わらない自分の生活の方がなんとなく居心地が良いように感じて、結局元に戻ってしまうということが言われています。


私も自分は良い方向に変わっていると実感していましたが、努力を続けている間はきっと良い方向に変わっていたのでしょうが、手の怪我から、少しずつ慢心し、以前の生活習慣に戻っていき、精神的には充実していると思いながら(妄想)、現実の自分を客観的に見ることができていなかったのです。


甘んずると、人は必ず成長が止まります。その結果、時代についていくことができなくなったり、客観的に自分を見つめることができず、他人から見てもイケてない人になってしまうのではないでしょうか。


野球のイチロー選手をはじめ、職人レベルで活躍する人たちの原則はここにある気がします。


あとは、自分に属する事柄は、人に委ねても何も変わらないのですね。エステに30万円近くかけて、それなりに効果が出ていた気がするのですが、その効果の表れは、私が自炊したり運動したり、普段していなかったことをきちんと実行していたからであり、あくまでも補助的な役割だったのだと思います。コストパフォーマンスは大変低いと言えます。


人との関係は、何かがあって一度その縁が薄くなったら、新たに人との縁を作るかしなくなって、エネルギーを使いますよね。なかなか日常のエネルギーをそこに振り分けるのは大変だったりするので、結局変わりたいなら自分で自分を変えるしかない。


ダイエットも仕事も、何事も全て同じことが言えると思います。
逆に、自分が全体レベルにおいて変わらない限り、何か1つのカテゴリが良くなったように見えても、恐らく時間が経てば元通りになってしまう可能性が高いのではないでしょうか。


ヒンズー教の言葉で、ことある毎に思い出すものがあります。


『心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる』


これは本当にその通りだと思うのですが、変わるということ自体が、そもそも続かないのが前提の難しいことなのではないかと思います。


大切にしたいことを続けること、その仕組みをつくることで、心からはじまり最終的に人生が変わる切符を手に入れられるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?


私はまずは1カ月後に1kg痩せられるよう、週1のジム通いと2月に1回ファスティングドリンク断食をして、人との会食の回数も平日は2回(無理して3回)までに控えようと思います。