9月4日尊敬する波野久里子さんとの2人のリーディングが、三越劇場で。

意外な結末の切ないミステリー。

 

アフタートークは何が飛び出すか?

 

潔癖症の久里子さんと、グジャグジャ大好きな多動性の私のトークの結末は?

 

お楽しみに!

50年前、高校生だった私が衝撃を受けたこの作品をついに演出することにした。
あの時の日本、今の日本。
あの時の若者達の夢は今どこに消えたのか?
アルチュールランボーの詩、酔いどれ船の1行目、
清水邦夫は破壊された詩人の革命の夢と演劇との夢を
どう繋げようとしたのだろう?

新型コロナ対策といたしまして、タイムスケジュールを一部変更させていただきました。ご了承ください。

母ちゃんが元気な頃に縫って送ってくれた浴衣。

着て踊ってます!

山車の上は揺れるので、何度もひっくり返りそうになりましたよ。


皆さん手を振って下さり嬉しかった。