法務博士 (専門職)

テーマ:
法務博士(専門職)(ほうむはくし せんもんしょく、Juris Doctor)は、法科大学院を修了した者に授与される日本の専門職学位である。概要日本の「法務博士(専門職)」の学位は、アメリカ合衆国のロー・スクールが授与するジュリス・ドクター(Juris Doctor、J.D.)の学位が起源である[要出典]。「法務博士(専門職)」の学位は、学校教育法や学位規則などに規定されている専門職学位であり、「博士」の語を含むものの、学校教育法に規定される「博士の学位」ではない。そのため、「博士 (法学)」とは異なり、「博士の学位」に必要な学位請求論文の提出および教授会による審査を通過する必要はない。日本日本の「法務博士(専門職)」の学位は、専門職大学院である法科大学院の課程を修了した者に授与される専門職学位である。法務博士(専門職)の学位を授与されると、新司法試験の受験資格が得られる。法務博士は新司法試験に合格すると、最高裁判所司法研修所にて1年間の司法修習を行い、弁護士となる資格と判事補(裁判官)および検事(検察官)の受任資格を得る。新司法試験の受験資格以外に、普通の大学院法学修士同様、税法に関する研究指導に基づく学位論文(当該専門職学位課程の学位請求のために提出することとされている論文)を作成し、その写しを国税審議会に提出・承認されると、税理士試験の税法科目が一部免除されるので、その意味でも法務博士の学位は価値あるものと言われている。(実際に、いわゆる三振法務博士で、税理士試験に合格した人がいる。)アメリカ合衆国などアメリカ合衆国では、大学(短期大学を除く)を卒業した後に、ロースクール(標準修業年限: 3年)を修了するとJuris Doctor(日本語訳: 法務博士)が与えられる。また、Juris Doctorとは別に、標準就業年限一年間のLL.M.(Master of Laws, 法学修士)がある。ほとんどの学生はJ.D.取得後に就職をするが、引き続きLL.M.コースに進学する学生もまれにいる。しかし、多くのLL.M.受講生は、一旦実務を経験した後に(または実務のかたわら夜学などで)、高度に専門的な法学教育を受けるためにロースクールに戻る。特に、税法・国際法・金融法などの分野にこの傾向が顕著である。それ以外には、外国で法学の学位を取得した学生が、米国法を学ぶためにLL.M.

衆院選違憲判決で住民側が上告=広島(時事通信)
水俣病 関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)
自転車で加害者に… 各種保険の「特約」で安心(産経新聞)
スーパーで異臭騒ぎ=客と従業員13人軽症-大分(時事通信)
民家全焼、父と10歳女児、祖母の3人死亡 神戸(産経新聞)