劇団演奏舞台のブログ

劇団演奏舞台のブログ

随時更新中!宜しくお願い致します

森田です。
ようやく春めく季節となってきました。
いつもは、卒業式の頃に桜が咲き、入学式の頃には散っているというイメージでしたが、今年は、寒かったからか4月に入っても、桜が楽しめるという、珍しい年となりました。
いつもと違うと、少し新鮮な気がします。

もうひとつ新鮮な事といえば、舞台公演の事です。
前回の公演にお越し頂きました皆様、誠にありがとうございました
今回は、2ヶ所での公演という普段にはないスタイルでした。
さらに、名前のない演劇祭<紫>に参加させて頂く事により、中板橋新生館スタジオ様での公演という経験もする事が出来ました。

普段慣れた環境ではない事で、様々な発見をする事が出来ました。
その中には、自分自身を知る、という事も含まれます。
そういった事が気づきになり、次に繋がっていくのだなと、改めて感じました。
と同時に、新鮮に思える感覚の大切さも、改めて知った次第です。

さて、次回は、朗読公演です。
皆様ぜひ、よろしくお願いいたします。

 

森田 

 

 

==次回公演情報==

演じるための試演93

朗読会『光と影-spiral-』

2024年4月20日(土)14:00

@演奏舞台アトリエ/九段下GEKIBA

 

 

1ステージ限定公演!2年ぶりに朗読会が帰ってきました!

今回も様々なジャンルの物語を、演奏舞台ならではの「音」と「光」にのせてお届けします。

 YouTubeでおなじみの「眠れない朗読」をぜひ生の劇場でご体感ください!

 

↓↓ご予約はこちらから↓↓

 

おかげさまで公演82『純白観想文』が終演いたしました。

年度末のおいそがしい中、沢山のご来場本当にありがとうございます。

 

来週は同作品にて、名前のない演劇祭(紫)参加 特別公演です。

 

約10年ぶりにアトリエを飛び出し、久々の外部会場での公演ということで、

一同非常に楽しみにしております。

 

広いステージ。

慣れない設備環境。

 

課題は山積みですが、

日数がゆるすかぎりの精一杯の調整をおこない、

いいステージを作り上げたいと思います。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

P.S.

特別公演はまだまだ予約受付中です!

ご都合のつく方はぜひご来場ください!

 

※上演時間は約1時間を予定しております。

 

 

■ 特別公演『純白観想文』

@中板橋新生館スタジオ

・3月20日(水祝)20:00~

・3月23日(土)17:30~

 

(ご予約)

 

 

劇団演奏舞台一同

 

新年あけましておめでとうございます。

本年も劇団演奏舞台をどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今週末、新年一発目のステージ、

ENSOUBUTAI NEW YEAR FESTA 2024『YOMEGO』が開催されます。

 

 

入団して早7年が過ぎ、今回初演出に挑戦する運びとなりました。

いつもこうしてチャレンジの機会を与えていただき、本当にありがたく思っています。

 
演出で最も苦労したのが「伝え方」です。
 
台本の場合、役が発する言葉に対して、相手役のセリフがあります。
 
その役がどうして相手にそれを伝えようとしたのか、
相手役は、受けたセリフをどう受け止めたから、自らの言葉を発するに至ったのか
作者はどう思ってこの会話(コミュニケート)を組み立てたのか
 
…などといったことを、役者の場合は考えながら稽古に励みます。
 
 
一方、現実世界では当然のごとく台本はありません。
同じセリフを述べたとしても、相手の感情、気質、考え方、性格、関係性、テンション、
あらゆる要素が複合され、人それぞれ違った受け止め方をし、違ったセリフを返します。
 
日常世界では当然のようにその「会話」というものをしているのですが、
舞台創りに置いて、
「全体をこう作りたい!」
というイメージがあったとしても、それを
役者一人一人、スタッフ一人一人に細分化し、それぞれの特性を考慮して適切な指示(セリフ)を送る、
というのはなかなかに難しい事。
 
まだ正解は分からず、代表にサポート頂く面も多々多々ありましたが、
演出をやってみないとわからなかった気づきを得られたことだけでも、
(本番もまだ迎えてないのに発する言葉ではないですが)挑戦して良かったなと思います。
 
 
つい長くなってしまいましたが、まだほんの若干お席がございますので、
もし1/20(土)15:00 の予定が空いているよ!という方がいれば是非覗きに来てください笑
 
 
昨年以上にハードな1年になりそうですが、
今年も一所懸命に、一歩ずつ、舞台と過ごしていこうと思います。
 
 
最後に
皆さまにとって、2024年が幸多き一年となりますように。
 
 
すみ