☆Naolog☆

   お立ち寄りいただきありがとうございます。


2015年1月生まれの息子トトとの日常のこと、
好きなもののこと、音楽のことを綴ったBlogです。





$☆Naolog☆









      

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年05月16日(木)

☆トト、歌う☆

テーマ:育児(4歳)
前々回の投稿に書いていた、
トトの出演するコンサート。
無事に終わりました。


本番のステージは撮影NGだったので、
これは終演後お客様お見送りの時の写真です。

今までも何度かコンサートに出演させていただいていましたが、
今回は演出の先生も入り、
トトにとって今までで一番大きなステージでした。

皆様がお金を払って聴きに来る場所。
先輩方の輪を乱してはならないと、
当日のリハーサルで集中力を欠いたトトに
「出なくてもいい」と厳しいことも言いました。
それでも。
出たい。やりたい。と。
本番、トト史上最高に頑張る姿を見られました。

先輩方の美しいハーモニーやソロ、
ゲストの第一線で活躍されているオペラ歌手の方の歌唱、
教わっている先生のピアノ演奏を間近で聴かせていただき、
トトもすごく刺激を受け勉強になりました。

何よりも人様にお観せする舞台を創り上げるためには、
こんなにも何ヶ月にも及ぶ練習が必要で、
こんなにも皆が真剣に努力して取り組んでいるんだということ、
それを感じられたことが一番大切な経験だったと思います。

出演なさった先輩方はもちろん、
先生方とスタッフの皆様のあたたかさにあふれた素晴らしいステージの端に立たせていただき
心から感謝です。

私の不器用が遺伝してしまったトト。(ごめんね( •́દ•̩̥̀ ))
何をやるにも人より少し時間がかかり、
途中であきらめてしまうことも日常生活で見受けられました。

やればできる、そんな自信を持ってもらいたかった。
出来ないところから出来るようになる喜びを知ってほしかった。
終演後、楽しかった!と目を輝かせるトトが、
そのことを感じられたように思えました。


出番を待つ間は、楽屋のドレッサーの下にすっぽりはまって、
なぜか、まーるくなっていました。
こんなに小さい体で、ほんとよくやりました!


声が響き合うことのこのうえない気持ち良さ。
生の演奏の心地よさ、舞台の上の高揚感。
沢山のお客様の視線と空気感。
舞台を照らし出すライトの眩しさ。
肌で感じられたかな?

私は舞台袖にいたのですが、
一緒に本番の緊張感と興奮を味わいながら、
舞台の上の息子を見ていました。

袖にいる時は本当に緊張するんですけど、
舞台に一歩踏み出すと、パーっと緊張がほぐれていって楽しくてたまらないんですよね。
その感覚を思い出しました。

息子の頑張りに大きな刺激をもらい、
私もまたいつかの機会のために、
声楽の練習しっかりやっていこうと気持ち新たにしました。
しかしやはり4年のブランクは大きい!
自分のヘタさ加減に情けなくなります。
頑張ろう…。


可愛いガールフレンドも聴きにきてくれました。
いつも本当にありがとう♡♡♡
トト大喜び!
両家の祖父母にも聴いてもらえて、
皆喜んでくれました。
よかったね◡̈♥︎





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ