講師歴27年!波瀾万笑魔女社長の人財育成コンサルティング

講師歴27年!波瀾万笑魔女社長の人財育成コンサルティング

■講演・研修講師■書道講師■会社経営27年
■ビジネスマナー講師養成講座
■和室マナー講師養成講座
■人財育成コンサルタント

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:

全国人財育成講演、ご依頼募集中!

テーマは

【波瀾万笑魔女社長が語る!

世の中捨てたもんじゃあない!!】他

詳細は↓↓こちらから↓↓
http://www.enpower.jp/kigyoukouen.htm

講演チラシ表講演チラシ裏


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:
■ラジオFM877生番組レギュラーパーソナリティ担当中!


タイトル【魔女優菜のやいやい言(ゆ)うわよ!】

放送・・・毎週月曜日 15時~16時

FM877








企業支援・人財育成コンサルティングの会社


2021年、人財育成コンサルティング事業

会社設立27年目になります。

幸せって掴むものではなく気づくもの。

 

 

こづかれ、攻められ、打ち負かされ

苦しめられているときに

人は人生の醍醐味を知るようになる

 

多くの人はなるべくなら困難な問題や障害を

避けて通りたいと願っている。

困難な問題や障害がなければ気分は楽だし、

苦労を背負い込むこともない。

でもそれだけだと達成感や充実感がない。

感動を感じられないというもの。

 

海外旅行にたとえると、、、

目的地に到着するまでは面倒なことの連続だ。

手荷物検査 パスポート提示 その後長時間の狭い飛行機搭乗。

結構一苦労する。

 

でもタラップを降り、異国の景色を目の当たりにすれば

気分がすがすがしくなり疲れなど吹っ飛んでしまう。

苦労してここまでやってきた甲斐があったと思う。

 

人生もまったく同じ。

数多くの試練に見舞われ、失敗を繰返していけば

能力は開発され、人間性も鍛えられる。

すなわち魂までもが成長できる。

 

困難に打ち勝つための口癖パターン

困難があるから面白い

 

                  マーフィーの法則より


 

波瀾万丈優菜には一番うなずける教訓。

苦難と失敗の数はけっこう人に負けない自信がある。

あまり自慢できることではないけれど

結婚 離婚 子育て 会社経営 詐欺 倒産危機 裏切りと忙しい。

また内容も濃い。

ただ、経験していないと気づけないことを

たくさん積み上げることができた。

これが言うなら、人生の醍醐味だと思う。

 

なぜそういえるかというと、答えはひとつ。

人生振り返って後悔はひとつもない。

そして、今の自分を最高に好きといえるから。

 

もちろんもう二度と経験するのはこりごりなことはいっぱいあるけれど

ドン底から切羽つまって、這い上がるときに感じた色々なことが

自身にとって最高の宝だと思える。

 

宝石赤人のせいにしなくなった

裏切られたときは、それはそれは憎しみの炎が全身をつつむ。

でも、問題は自身の中にある。

他人のせいにせず、原因を自分の中に探せるようになった。

結果、全ての解決が自身にあると気づいた。

 

宝石赤人のことでイライラしなくなった

全てを自身に問いかけるクセがついてから

他人のことでイライラすることがなくなった。

他人は他人の考えがあるのだからそれにとやかく

思うのは時間がもったいないだけと感じられるようになった

 

宝石赤自身の夢が明確になった

苦しんだからこそ、将来あるべき姿が透明に見えた。

いつも当たり前に全てが簡単に手に入っていたら

夢というものは存在しないと気づいた。

 

宝石赤当たり前のことに感謝できるようになった

健康であること 生きていること 生活できること 仕事できること

人の支えがあること 空気がこの世に存在すること

あらゆることがありがたいと思える自分になった。

毎日、世界中で人は亡くなっている。

餓死 事故 病気 殺人、、、

自分にも降りかかる可能性がある中、無事生きている今がある。

これ以上の幸せがどこにあるだろうか。

 

宝石赤より深く人のことが理解できるようになった

人を立体的に理解できるようになった。

また、その人にどんな気付きのヒントを与えれば元気がでるのか

わかるようになった。

 

宝石赤人を受け入れる器が大きくなった

全く相違する価値観の持っている人をも受け入れる心ができた。

その結果、元気の源 パワーを人に与えられるようになった。

 

宝石赤直観力が鋭くなった

自分の方向性のみだけでなく、人のことでも予知やオーラを

見ることができるようになった

 

宝石赤新しくステージの高い人間関係が確立された

より自分とって必要な人間関係ができあがっていった。

過去の人間関係と総入れ替えとなったが、理想に近い。

人間関係が築かれている。
 

宝石赤仕事上でも体験で人に感動を与えられるようになった

講演や学校講義、研修などで感動を伝えられるようになった。

自分にとって一番願っていること、感動を伝えるが現実になった。
 

こうした心の気づきができたのは

こづかれ 攻められ 打ち負かされ 苦しめられたお陰であることは

相違のない事実。必然の体験だったにちがいない。

 

あるラジオのCMで心に残った言葉があった。

『仕事で失敗し、サイフを落とし落ち込んで街中を歩いていたとき

ふと空を見上げた。もうすぐ沈む夕日があまりにも美しく感動した。

毎日何気なく通るこの道、今まで気づかなかった。

こんなに美しい夕日を目にした私はすごく癒された。

幸せって掴むものではなく気づくもの。

失敗してつらいからこそ、見上げた空に幸せがあった。

よし 明日からもがんばろう』

 

より幸せになりたいのなら

今ある幸せに気づくことって一番大切なのかも知れない。

そして失敗に恐れず、堂々と人生にチャレンジし

躓いたときは、人生の醍醐味を感じて、より幸せに気づいてほしい。

全てを他人のせいにしている間は

幸せに気づくことはできないと優菜は思う。

 

■人財育成講演・研修ご依頼は下記サイトへ。

 

 

2021年、人財育成コンサルティング事業

会社設立27年目になります。

人生を楽しく愉快に過ごすために

時には童心に帰って思いっきり遊んでみる。

 

 

今 楽しいことを見つける余裕がない人、苦手な人は

子どもの頃を思いだしてみるのもよい。

夢中になったり楽しかった遊び、経験を再現する。

 

たとえば

食事も忘れて熱中したプラモデルという場合は

童心に帰り大人プラモデルにチャレンジしてみるとか。

 

キャンプした思い出が忘れられないという場合は

山や海にキャンプに行ったり、自然に触れ合ったり。

 

祭りで神輿を担いだ楽しい思い出があれば

地域のお祭りに参加するとか。

 

子どもの頃に好きだったことや楽しい思い出を

もう一度、自分自身の手でリニューアルすれば

自分が本当に求めていた快に遭遇できるときがある。

その快があなたを一層豊かにする。

 

                  マーフィーの法則より
 

親しい友人の保育園に行ったときは給食をご馳走になる。

大人になり、給食を食べる機会ってほとんどない。

懐かしく、何とも言えず美味しい。

 

昔、4限目が終わったあと楽しみだった給食。

その頃のが蘇る。

庭園の見える懐石もリフレッシュになるし、感動だけれど

この給食の味は特別。

 

優菜の夢目標のひとつに、ピアノの弾き語りと絵画がある。

幼少の頃、親に無理やり習わされたのがきっかけだったが

楽しい思い出が潜在意識にインプットされているのだろう。

 

たまにピアノを触ったり、デッサンを描くと楽しい気分になる。

今は仕事優先、ダンスもあるのでなかなか継続は厳しいけれど

将来は復活させたいと思っている。
 

どんなことであれ

幼少に楽しかった思い出は心がワクワクするから、不思議。

 

■人財育成講演・研修ご依頼は下記サイトへ。

 

2021年、人財育成コンサルティング事業

会社設立27年目になります。

宇宙に法則があるように、富を得るにも一定の公式がある。

 

 

金運アップはお金を愛することから始まる。

富は良きもの。

これを無視したり否定してはいけない。

 

やりがいを感じる仕事を通して、世の中に貢献しているという

自覚があるなら、誰だって富を獲得する権利がある。

 

宇宙に法則があるように、富を得るにも一定の公式がある。

この公式にかみ合った生き方をしなくてはいけない。

そうすれば必要なときに必要なだけのお金を手にすることができる。

 

金運を良くするための口癖パターン

私は豊かになる

               マーフィーの法則より


優菜の会社は栄枯盛衰を繰返してきた。

その中で頑張った形跡もなくはないが、反省点がいっぱいある。

 

同業種で27年間継続できた点は、頑張った点かもしれないけれど

会社の規模は、常に右肩上がりとはいかない。

これには原因がある。

これまでの経験を教訓にして、今後に活かす必要がある。
 

会社の業績がアップしたときにこそ気を引き締め

未来の計画をしっかり立て、戦略を強化する。
 

衰退する会社のほとんどは

業績が良いときに安住し、いつまでも良いときが続く気分になり

気が緩んだり豪遊したり。

 

会社は必ずアップダウンする。

アップしたときにしっかり計画を立てていれば、ダウンしたときにも

持ちこたえることができる。リスクヘッジは必要。

『会社は止まったら死ぬ。止まるときは社長をやめるとき』という。

安住してはいけないということ。

 

■人財育成講演・研修ご依頼は下記サイトへ。