クロアチアの初の決勝進出で大いに盛り上がっている「サッカー 2018 FIFA ロシア ワールドカップ」

フランスVSクロアチアの決勝戦は明日15日(日)に迫っています。

 

 

フランスはワイン大国として世界中で知られていますが、クロアチアもワイン産地としても古い歴史と伝統を持った国です。

 

ブドウ栽培とワイン造りの長い歴史を持つクロアチア。本土のみならず、アドリア海に浮かぶ島々でもワインの生産が盛んです。クロアチアワインの歴史は古く、紀元前に古代ギリシャ人によってワイン造りが伝えられたとされています。

 

クロアチアのワインは世界品種より、イタリア、スペインのワイン造りと同様、土着品種のブドウを使ったものが多いようです。

 

 

◎ワイン産地

有名な産地が、ダルマチア地方。ダルマチアとは、アドリア海の沿岸地域一帯を指します。入り組んだ海岸線と数百のダルマチア諸島から成り、漁業が盛んな地域としても知られています。

 

アドリア海沿いにブドウ畑が広がる

 

 

◎ブドウ品種

プラヴァツ・マリ(Plavac Mali) 赤ワイン

クロアチアに育つ数あるぶどうの品種の中でも、世界中のワイン愛好家たちが「最高の赤ワイン」と絶賛するのがプラヴァツ・マリ(Plavac Mali)。なんと、プラヴァツ・マリはアメリカ・カリフォルニアを代表するワインとして知られる「ジンファンデル」の祖先だとも言われています。

 

ダルマチア地方は晩春から夏にかけての乾燥し、ワインの高品質につながる理想的な気候。特にペリエシャツ半島、フヴァル島、ブラチュ島、コナヴレなどで広くプラヴァツ・マリは生産されています。

 

 

今日オススメのワインは「ディンガチュ」

 

「ディンガチュ」は、クロアチアでは色の濃さから赤ワインではなく黒ワインと呼ばれる前述の「プラヴァツ・マリ」を使った最高峰のワイン。

 

ディンガチ Dingac クロアチア産・赤ワイン・辛口・フルボディ

 

味わいは、チャーミングな果実味とシャープな酸、なめらかなタンニン分にハーブ系。 エレガントな苦みが長いアフターともに残ります。

クロアチアのワイン生産地の中央・南部ダルマチア地域を代表する高級赤ワインです。

 

 

一方ワインのフランス代表格といえば「ボルドー」「ブルゴーニュ」。

世界中で最高峰の評価を得ています。

 

決勝戦は明日。世界が注目しています。

クロアチアのワインも大ブレークの予感が。

詳細は小社営業部までお尋ねください。

 

 

 

 

7月10日(火) 東京・天王洲の「T-LOTUS M」にてD.O.リアス・バイシャス原産地呼称統制委員会主催の商談会・セミナーが開催されました。

今回はスペインガルシア地方のD.O.リアス・バイシャスのワインだけを集め、26の輸入元社が出展。

 

 

会場の「T-LOTUS M」はまさに「海上」に浮かんでいます

 

 

 

 

リアス・バイシャスは、スペイン北西部・大西洋沿いのエリア。晴れの日には強い日差しで、年間降雨量は1600~1800ミリ。(日本と同じくらいの降水量)

海沿いは海岸線が複雑に入り込むリアス式海岸。霧が発生しやすく、夏でも最高気温は30度を超えず、冬も氷点下にはならない。

サブリージョンとして、海岸沿いのバル・ド・サルネス、ソウトマヨール、リベイラ・ド・ウジャ、内陸地のコンダード・ド・テア、オ・ロサルの計5つ。

 

ワインの9割は白ワイン。アルバリーニョを100%使用して造られる辛口の白ワインは、香りやミネラルが豊富で、確かな酸味と口当たりの良さもあり、バランスの取れた高級品として知られています。

 

また、リアス式海岸の複雑で豊かな地形で作られるワインは「海のワイン」とも呼ばれ、シーフードはもちろんのこと、日本食とも相性の良いワインとし
てソムリエからも評価が高く、日本での人気も急上昇!

 

===========================================================================

 

そんな「海のワイン」を今日は紹介します。

 

「フロール デ ヴェラーノ Flor de Verano」(輸入元社:アズマコーポレーション)

 

 

 

アルバリーニョ100%。淡いイエローで、白い花や果実の香りが豊か。果実の味わいと豊かな酸味や心地よい、苦味が特徴的。

 

「パゾ・サン・マウロ Paza San Mauro」(輸入元社:国分グループ本社株式会社)

 

 

アルバリーニョ100%。テロワールと繊細さを持った品種の個性がよく表れているワインです。色は輝きのある麦わら色。シトラス、マスカットといったフレッシュな果実に、ジャスミンなどのフローラルな香りを感じることができます。レモンのような繊細な酸としっかりとしたミネラル感が全体を引き締め、余韻も長く続きます。バランスがよくエレガントな白ワインです。

 

「ビオンタ Vionta」(輸入元社:サントリーワインインターナショナル株式会社)

 

お刺身にもよく合うとのことです

 

アルバリーニョ100%。輝きのあるゴールド。アロマはトロピカルフルーツ。青リンゴ、バナナ、メロンの香り。果実の酸味にミネラル、クリーミーさも感じられ余韻が長い。アフターにほろ苦さも感じられます。

 

スペインは魚介類が豊富にとれ、お米料理(パエリア)も有名。

日本の料理と相性が良いに決まっています。

 

この夏ぜひ「海のワイン」をお試しください。

詳細は小社営業部までご連絡ください。

 

好きなお酒

テーマ:

みなさんこんにちは。

 

7月になり、夏本番といわんばかりに連日猛暑が続いていますが、みなさん元気にお過ごしでしょうか。

 

本日は、私の好きなお酒を紹介したいと思います。

 

「サザンカンフォート」

 

 

「SOCO」と呼ばれているフルーツフレーバーリキュールですが、割ものによって様々な飲み方ができるのです!

 

ロック・・・キャラメルやチョコレートのフレーバー

コーラ・・・焦がした樽やバニラのフレーバー

クランベリージュース・・・ピーチや熟したオレンジのフレーバー

トニック・・・レモンライムやチェリーのフレーバー

ジンジャーエール・・・シナモンやハーブのフレーバー

 

気分によって飲み分けられるのが楽しいですね。

 

みんなで盛り上がる時には・・・

「SOCOショット」がオススメ!!!!ライムで割ります。

 

 

 

ちなみに、私が一番好きな割り方は、カルピス割です。是非お試しください。

 

K.N