●ことの始まりは、ある日、石川県・小松市でビジネスをする女性からの訪問がきっかけでした。
その女性は地元のイベントで体験したデトックスマシン“God-Cleaner・GOLD”を見た瞬間に直感的にこの機器のメーカーの社長に逢いたいと思い大阪・北浜の弊社へやって来たというのです。

そして彼女と逢って色々な話をしていると、何と私が今回のコロナ禍で取り扱うことになったマスク用「インナーパッド」の開発者が彼女の実父だということなのです。
また、帰り際に「家系と経営」をテーマにかつてお付き合いのあった家系図づくりの専門家・与那嶺正勝氏の本を取り出してそれを見せながら彼女に話すと、何と彼女はこの与那嶺氏を知っており、かねて会ったことがあるというのです。
私は、この会社を訪ねてきてかつて与那嶺氏を知っているといった人物は一人もいなかったので、私はびっくりしてしまったのです。

そしてその理由を聞くと、彼女は「3歳の時に水におぼれて死ぬ」といわれ母親はこのことがキッカケで様々な占い師・祈祷師を訪ね子供の災難を避ける手立てをうった結果、何と水疱瘡にかかり、大難を小難に変えて死を回避したというのです。

●この後は、余談話なのですが、実は彼女が出会ったとほぼ同じ時期にデトックスマシン“God-Cleaner・GOLD”に出会い、彼女と同じように直感して和歌山県・田辺市に住むブティック経営をする女性が弊社を訪ねてきてそれから短期間に親しい付き合い・お取引が始まった女性がいるのですが、今回石川・小松市から訪ねてきた彼女と顔つき・話し方がそっくりなのです。

そこで、私はそれとなくОリングしてみると、「二人は前世で双子の姉妹だった」そして「この二人は前世は私の妹だった」とも出るのです。
そしてそのことを和歌山県・田辺市の彼女に電話で伝えると、何とまた彼女も「実は私は2歳で死ぬといわれ、やはり母親が必至でその対策を打ってくれて現在に至る」というのです。
つまり前世で双子の姉妹だった彼女たちは、今世また同じような体験を経ることになるのです。

●話をもとに戻して、石川県・小松市から訪ねてきた彼女との話は延々と3時間にわたり、また近々に改めて大阪に来たいと言い残し、翌1週間後には彼女の両親と妹を連れて4人連れでまたやってきたのでした。
そして彼女たち4人に会って数分経つときに、私の知人の女性が加賀の国の「銭屋五兵衛」の住んでいた跡地に現在住んでいる話をしたところ、4人が一瞬固まってしまったのです。
聞けば、私の目の前にいる彼女の父親は「銭屋五兵衛」から5代目の子孫だというのです。

というのも、以前このブログで約3年ほど前にご紹介(※)した「私が土地の取得に際してアドバイスして入手した土地が実は銭屋五兵衛のかつての本家の跡地だった」ということを口にしたことでこのことが判明したのでした。
    (※)blog「社長の日々の想い」
    2017.11.29〖最近あった凄い話し その1~人の縁は過去生から繋がっている〗
      https://ameblo.jp/enmusubi13/entry-12332255274.html?frm_src=thumb_module

詳しい話を聞くと、彼女たち一家は今年の春に「無念の思いで死を遂げた銭屋五兵衛の先祖供養を徹底して行った」というのです。
そしてその供養が終わったタイミングで、かつての北前船の出発地である大阪・北浜の会社・株式会社マインドフィットネスデトックスマシン“God-Cleaner・GOLD”との縁に出会い今日のこの私との出逢いを直感してどうも彼女はやってきたというのです。

実は、先日の2020年7月24日~25日の 奈良一泊2日旅行の行く先は実は全て繋がっていたということが今回判明しました。

 

私は、岡山生まれで、「県立岡山大安寺高校」の出身なのですが、大阪にやってきて早や35年が経過しました。

 

その間、岡山の大安寺はかつての奈良・大安寺の荘園の地だった関係で、過去何度か奈良の大安寺を訪れては僅かばかりの寄進をしてきました。

 

そして今回また改めて大安寺を訪問し、ご住職にお目にかかり、会社創業来25年間無事に会社経営が続けられてきたことに感謝し、心ばかりの寄進をさせていただきました。

そうしたところ、ご住職から「大安寺縁起」なる書籍をいただき、後日その中身を読んでみると、その2日間訪問した先がことごとく全て繋がっていたことにビックリしました。

 

〖訪問先〗

・桜井市/談山神社

・奈良/大安寺

・奈良/「興福寺」

・斑鳩市/「法隆寺」


談山神社は私の長男が4才の頃、ここに行きたいといっていきなり指名がありかつて訪ねた神社で(藤原の鎌足を神様としてお祭りしている神社で「十三重の塔」が有名であり、このことがキッカケで全国の藤原一族がそれを機に、その後ドンドン我が社に押し寄せてくるようになったという神社なのです。 →  http://tanzan.or.jp/

 

大安寺は上述の内容で、私ととても前世因縁の深いお寺なのです。

かつて空海「弘法大師」もここに学び、やがては別当にまでなった寺であり、これまた私は空海ともとても深いご縁があるのです。

 

興福寺は最近金堂が落成したということで久々に訪れました、

ここは藤原一族の菩提寺で、隣接する「春日大社」その氏神様であり、春日大社は

毎年正月に初詣にお参りしている神社でもあるのです。

 

④最後に訪れたのが聖徳太子のお寺「法隆寺」で、上述の寺社・仏閣は全てこの聖徳太子に繋がっていたということが今回いただいた「大安寺縁起で判明したのでした。

 

★詳しくは →  http://www.daianji.or.jp/about/history/index.html

 

 

 

 

 

今回のコロナウィルス騒ぎに関していうと、私の学生時代に経験した1次・2次オイルショック以来の世界的なパニック現象のように思います。

 

しかも、当時と比べてITの出現により、世界の情報が瞬時に全世界の一般庶民にまで伝わるという状況の中においては、今回のパニックは人類が経験する初めての現象のように思います。

 

2020.3.19現在において、このパニックの収拾の目処はついていません。

特に今回の顕著な現象は、コロナウィルスが騒がれ始めると同時に、“全ての業界・全ての私の周辺に係わる全ての人々にダイレクトに”何らかの影響が、しかも“時間差なく起こり始めた”という点です。

 

つまり、かつてのSARSやリーマンショック等のように自分、或いは関係者にそれほどには、いきなり影響は時間差なくダイレクトにはやってこなかったのです。

 

★さて、今なすべき事は、

●事業経営者は何はともあれ、まずは手元資金を積み増すことです。

今後数ヶ月先が読めない以上は、とにかく手元の資金(現金)を大至急確保する事です。

 

事業経営をするにあたり、資金がなけれは何もできなくなるからです。

 ・銀行/信用金庫・日本政策金融・商工中金等々

※〔注意〕しかし絶対に手を出してはいけないのは、高金利の借り入れです

      12%~20%近い高金利に手を出すとこれはもう地獄で、元本返済なんてとんでもなく、

      毎月の金利を支払うだけでアップアップするようになりますので絶対に手を出さない

      よう注意下さい!!

 

●そして、コロナウィルス対策としては、まずは可能な限りの日々の対応をしながら、同時に“自らのそして家族の免疫力アップ”を日々図る事です。

 

※免疫力アッブの簡単で毎日続けられる方法は、「毎日今でしたら41℃の湯船にしっかりと15~20分間浸かること」

 

これが最も効果的です。何故ならば、私の所にやって来る体調不良・病気の人は必ずといっていいくらいにこのことを実践していません。

“冷えこそが万病の元”なのです。

 

※これに更に理想を言えば、水素風呂Hydrogen-Bath“Re・lax”を湯船に沈めて活用すると言うこと無し。この方法で私は、真冬でもお風呂から出て扇風機で約5分クールダウンしないと全身から汗が噴き出て仕方がないのです。