ご夫婦との契約 | enishiのブログ

enishiのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2018.05.29

先日放送されたNHKの番組をご覧になり、話しを聞いてみたいとご夫婦にて来社。

 

えにしの会について、会の概要、具体的な支援内容、料金体制の説明を行いました。

 

子供はいなく、ご親族とも疎遠。ご夫婦に万が一の事が起こったときに身元引受人、身元保証人となって対応してもらいたい。とのご希望が強く、前向きに検討します。

とのお話でした。

 

2018.07.07再来社。

特に問題なければ契約をご希望。

 

その時の質問です。

 

・料金表に記載している全ての支援の契約が必要なのでしょうか?

・現在、持ちマンションに住んでいますが、将来は施設に入居予定。

その際売却も含め対応してもらいますか? 

・会の経営状況を教えてもらえませんか?

 

お二人仲良く。おしどり夫婦。

葬儀は、葬儀会社と契約済み。納骨もお付き合いのあるお寺さんと契約していますとの

お話でしたので葬儀、納骨の契約は行わずに入会と身元保証支援、死後事務支援

(万一支援)の内容にてご契約。

 

将来、老人ホームへの施設に入居する際は、売却の支援も可能です。とお伝えしました。

また、会の経営状況につきましては、前期の決算書をみながら説明を行い、納得されました。

住民票などの個人情報を提出後、契約書に署名、ご捺印頂き締結。

 

また延命に関する指示書のご説明を行った所、お二人とも終末期に関して充分に理解され、意思表明書も作成しており、ご自分の最後をしっかりと見据えていました。

 

通常えにしの会に入会後、会員の意志を尊重する為、延命に関する指示書をご記入頂いて

おります。お二人につきましては、意志表明書をもとに意志を尊重させて頂きます。

 

今回もそうですが、身元保証人、身元引受人としての役割の重要性を実感した契約となりました。

 

えにしの会 東京事業所 相談員より

 

enishiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります