【リニューアルに向けて...】

テーマ:


皆様、ご無沙汰しております。
縁合同会社安孫子です。

実はメインホームページ(当ホームページ)、
サブホームページブログ
も含めてリニューアルを行っている最中です。

先程サブホームページのブログにアップしましたが、
ジャンル別に見易く分けようと思い現在構想中のブログと、
既に運用を始めたブログがあります。

縁(えにし)地域まめ情報

随時お知らせ致しますので、
今後とも宜しくお願い致します!

詳しくは http://enishire.com/73680/?p=5&fwType=amb

【現在手掛けている事】

テーマ:


今日から新学期の学校も多かったようですが、
新年度がスタートし始めましたね。
皆様は何か新たに始めた事がありますか?

先程サブホームページのブログにアップ致しましたが、
現在当ホームページを含めて改良を検討し、
概略作成に入っております。

弊社の個性が出るようなホームページにしていこうと考えております。
どうぞ宜しくお願い致します。
改良毎に随時お知らせ致します。


詳しくは http://enishire.com/73680/?p=5&fwType=amb

【35条書面と37条書面】

テーマ:


学びは...。
個人的に感じた事は弊社サブホームページのブログhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.aspに投稿しましたが、
昨日振り返りの時間があり、再度学ぶ事の重要性を感じました。

そのうちの1つが「35条書面」と「37条書面」についてです。
おそらく耳慣れない言葉だと思います。



35条書面・37条書面は「宅建業法」に出てくる言葉の1つです。
35条書面とは、重要事項説明の説明事項
37条書面とは、契約書「契約当事者同士の約束事が書かれている書面」
の事です。

違いの詳細は下記の通りになります。


書面交付時期:35条書面は契約成立前に対して、37条書面は契約成立後
交付先: 35条書面は買主様・借主様、37条書面は 契約の両当事者
宅建士の記名押印:35条書面・37条書面とも必要
宅建士の説明:35条書面は必要、37条書面は不要

実は宅地建物取引士が忘れがちになってしまうのが、
上記で示した赤字の部分(37条書面の記名・押印)です。
通常の契約の場合、
契約書が37条書面と兼ねているケースが多いのですが、
37条書面と契約書が兼ねていないケースがあります。

そのうちの1つが「公正証書」による契約です。
公正証書は公正役場で作成するものであり、
宅地建物取引士の記名・押印する欄はどこにもありません。
その点を注意しなければならないのです。
公正証書での契約の場合、
37条書面を別に発行する必要があります。

宅地建物取引士も普段通常に行っている業務こそ、
より一層注意を払う事が大切ですね。

昨日学んだ事については、
別の機会に投稿を致します。

詳しくは http://enishire.com/73680/?p=5&fwType=amb

【資本】

テーマ:


新生活スタート!
お元気でいらっしゃいますか?

今朝、【資本】とは、という事をサブホームページのブログhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.aspに掲載致しました。
お金だけではない資本について感じた事を述べています。



楽しい食事をする事もそのうちの1つかもしれませんね。
今日も皆様にとって充実した1日になりますように。

詳しくは http://enishire.com/73680/?p=5&fwType=amb

【考えている事...】

テーマ:


桜舞う今日この頃...。
色々と...。

今日から新年度をスタートされた方もいらっしゃると思います。
おめでとうございます。
先程その事につきましてはサブホームページのブログhttps://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.aspにもアップ致しました。

皆様に伝わりやすいホームページにしてまいりたいと考えております。
これからも宜しくお願い致します。

詳しくは http://enishire.com/73680/?p=5&fwType=amb