英語でうまく表現できなかったとき、

でも時間がたつとそれがなんだか思い出せなくなることもありますよね。

 

せっかく、ネイティブに質問できるチャンスがあっても、

何が言いたくて困ってたんだっけ?

と、思い出せないこともあります。

 

 

 

そんなときにおすすめなのが、ノートです。

 

 

 

 

アイデアや日記、本を読んでメモに残しておきたい事柄など。
わたしは、ほぼすべてを一冊のノートで管理しています。
そうすると後で読み返しても「どこかに必ず書いている」ので安心ですし便利です。

趣味、健康など分野ごとに分けてノートを作ると管理が大変です。
だから、1冊のノートにいろいろ書いていくスタイルにしています。

それこそ料理のレシピから健康管理、今思っていることを書きとめた、かと思ったら健康オタクとして健康法をいろいろ書き込んだりしています。


このようにメモをとる習慣があるかないかは人それぞれでしょうけど。

私は、思ったことや悩んだこともノートに書き込んでいます。
頭の中にあるものをノートに書くことで一旦、外に出すようにしています。
すると嬉しい効果があるんですよ。

たった、これだけのことですが。ストレスを減らせるのです。

覚えておかなければいけない事柄、今すぐにでも解決したい問題などストレスになっていることなど。

一旦、自分の頭の中にもくもくとある、これらを紙に書いておくと客観的に見つめられるのです。

客観的に見つめられれば見つめられるほど、ストレスは、減らせるはずです。
主観的な時ほど、五感で感じる度合いは大きくなりますからね。

ノート1冊とペンさえ用意できれば簡単にできますし一度やってみてもいいのではないでしょうか。

また、何かのアイデアが、思い浮かんだ時にもノートに書き込むようにしています。
お風呂に入っている時、歯を磨いている時など、リラックスしている時ほどピンと思い浮かびやすいです。
いつ何時でもメモがとれるよう、防水仕様のメモ帳を準備しておくのもよさそうですね。

 

 

 

 

 

 

 



SNSを使う人はどんどん増えていますよね。

私が住んでいるカナダでも、

インスタなどのSNSは広く普及しています。




そんなか、日本語でよく「インスタ映えする」といったりしますが、

これを英語で表す方法はあるのでしょうか。



そんな疑問から記事を書いてみました。

≫インスタ映えするって英語でどういうの?

 

 

 

 

 

 



 


こんばんは!



長い人生ですから、ときには後悔することってありますよね。

そんな後悔の念を、Shouldを使って表す方法についての記事です。



もちろん、悔やむことのない人生が一番ですが、

そうはなかなかいかないものです。




英語表現の幅を広げるためにも、

ぜひ、一度Shouldを使った後悔表現、復習してみてください!




→Shouldを使って後悔を表す英語表現



 

こんにちは、いらっしゃいませ。

お久しぶりですね。




最近は、英語、どうですか?

私も、ついついテキストを開くのがおっくうになってしまって・・・。

春になると、今年また頑張ってスキルアップしよう!って思うんですけどねー




でも、英語の学習は、日本でも海外でも、テキストじゃなくてもいろいろ方法がありますね。

特に海外に住んでいると、英語の教材は日常的にごろごろしているわけで。

それでも、英語が上達しないのは、やはり、自分が怠け者ということかしら・・・。



英語のテキストに飽きたときには、他の英語ツールで気分転換もいいものです。

プレッシャーなく、楽しみながら身につけたるのが、早道なのかもしれませんね。


テキストだけじゃない!楽しみながら英語力をUPさせる方法


いらっしゃいませ。こんにちは!

ちょっと久しぶりですね~





海外在住日本人としては、年末になると日本が恋しくなったりしますね。

やっぱり、大晦日とか正月とか、日本っていいじゃないですか。


私も、年末年始は日本に一時帰国する予定なんですが、

気になっているのが、「マイナンバー制度」です。


海外生活が長いと、日本国内の社会保障や社会制度に変化があっても

その情報についていけないことがあったりしませんか(笑)。


今回は、マイナンバー制度について、気になっていろいろ調べていたら、

参考になる記事を見つけたので、載せておきます。


海外在住者の皆さんの参考になればと・・・。


>>海外に住む人のマイナンバー