このグローバルな時代、ビジネスや学校の試験、

 

旅行先でのコミュニケーションなど、様々な場面で英語力を問われてきます。


しかし、どうしても勉強する時間が取れない、モチベーションが上がらない、長続きしない……。


そんなお悩み、ありませんか?


実は英語を""ゲームをするだけ""で学べちゃう、画期的なアプリがあるのです。


その名も……「英語物語」!



英語物語は、英夫と英子の2人の兄妹が突然異世界に取り残されて、

 

元の世界に戻してもらうために日本全国を巡る物語です。


日本各地のゆるキャラに会って、手がかりを掴んでまた次の町へ…という展開ですが、

 

登場ゆるキャラ数が多く、ツッコミどころが満載!


ゆるキャラを倒すと、一定確率で仲間になって戦ってくれるので、育成やコレクションも楽しいです。


また、ストーリーは日英併記で、読み上げ機能がついています。

 

これで、リスニングもバッチリですね。


日本の全国各地の名所や名物にも詳しくなれて一石二鳥です。

 



また、道中は4択クイズ形式の問題に正解することで攻撃ができ、進むことができるのですが、

 

問題のバリエーションがとにかく豊富!


慣用表現から文法、英検単語やTOEIC単語、

 

発音記号問題まで網羅されています。


未学習範囲がある学生やTOEIC受験など、

 

学習目的に合わせて問題レベルを設定でき、出題範囲もカスタム出来ます。


また、きちんと一問一問に解説があり、

 

間違えた単語を登録できる単語帳機能や復習機能も充実。


学習サポートに関しては全く文句なしのアプリなんです。

 



学習目的で始めた人が、ゲームでの対戦やゆるキャラの収集、

 

育成ににハマって定期テストやTOEICで点数の伸ばした、という口コミも多数寄せられています。


楽しく英語を勉強したい皆さん、ぜひ「英語物語」で遊んでみませんか?

 

 


 

「英語話せるようになりたいな?」・・・と思っているだけ。
「今年こそ、英語の勉強を毎日するぞ!」・・・で、三日坊主。
「はぁ、海外いいな?」・・・とインスタグラムを眺める日々。

そんな方、多くないですか?

実は、あなたがいつも見ているインスタグラム、
かなり英語の勉強ができちゃうんです!


試しに 英語 でアカウント検索してみてください!
するとずらーっと英語を教えるアカウントの方々が!


教えてくれる人も、学習方法も多種多様。
自分が「この人好きだな?」と思う人を「先生」に選べるわけです!



インスタグラムでの勉強のオススメポイントは、

・動画で投稿している方が多いので、発音の練習も簡単

・家族や友達との日常会話が多く、フランクな英語を勉強できる

・「先生」は海外在住者も多く、すてきな海外生活も垣間見れる

・1日1投稿など少しずつコツコツ続けられる

などなど、楽しみながら勉強できます。

海外有名人をフォローして、IGTVを観るというのも
ネイティブイングリッシュが聞けてオススメですよ?

インスタグラムで楽しく、気軽に、英語を話せるようになりましょう!

 

 


 

英会話に励む人が増えているようです。

 

でも、最近は翻訳機も進化してきていて、

 

正直、外国語をわざわざ勉強する必要があるのかな?

 

なーんて、、、ぼけー

 

 

いやいや、それをいってはオシマイなんですけどね。

 

 

Google翻訳だって、どんどん賢くなってきていますよね。

 

今回は、ひょんなことで知ったポケトークという翻訳機のことです。

 

 

 

 

なんでも、いろんな外国語に対応していて、

 

持ち運べて、いつでもサクッと自然な翻訳をしてくれるというもの。

 

 

なんて便利なんでしょう音譜

 

 

 

日本国内で、外国人と触れ合う機会が多い人も、

 

海外旅行に出かけたときでも

 

さっと使える便利な翻訳機です。

 

 

 

すごいですね。

 

こういうアイテムが出てくると、

 

本当に英会話って勉強する必要あんのかな?

 

って思ってしまいますよね。

 

(あ、でもやっぱり英会話は学習した方がいいとは思っています)

 

 

ポケットサイズでどこにでも持ち運べる翻訳機。

 

かなりスグレモノっぽいですよクラッカー

 

 

 

>>サクッと外国語に翻訳!ポケトークがすごい!!

 

 

 

 

 

英語が話せるとカッコ良いし、

 

映画も、字幕なしで見れるかも知れないし、

 

歌の歌詞も日本語訳がなくても意味がわかるし、

 

もうすぐオリンピックで、外人さんが沢山来るし、

 

上手くいったら外人の背が高くて優しい彼ができちゃうかも知れないし…

 

 

色んな妄想が頭を駆け巡り、

 

携帯で毎日、英会話を勉強中。

 

1日たったの20分!

 

 

やらないよりは少しでもやる方がマシ、

 

と信じて。

 

 

 

ピアノや絵を書くのと同じで、きっとセンスの問題もあるでしょうねぇー


とりあえず、もとから知ってる自己紹介は、スムーズになったかな!

 

 

 

 


 

 

 

おそらく英語学習で最も難しいのがライティングではないでしょうか。

 

ライティングができるようになれば、大したものだと思います。

 

ライティングといってもさまざまな種類がありますが、

 

テンプレート化できるような、ビジネスメールはそれほど難しくありません。

 

そうではなく、普通の日記とか文章、エッセイといったものは、

 

なかなか難しいものです。

 

 

 

最近は、みんなテキストメッセージを使うので、

 

これで、英語でチャットのようにライティングを練習することはできるでしょう。

 

でもあれも、独特の言い回しがあったり、

 

かなり口語に近い表現になるので、

 

正式な文章を書く練習にはならないと思います。

 

 

 

英語のライティング力を鍛えるためには、

 

やはりネイティブについて添削してもらうのが一番です。

 

そうでないと、自分でどんなに英文を書き散らかしても、

 

なかなか上達はしないと思います。

 

 

ただ、英語の本や文章を読むことで、

 

ライティング力を養うことは可能です。

 

だから、まず独学で学習したいという人は、

 

とにかく英語の良質な文章をたくさん読むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン英会話スクールが、山のように増えてますね。

 

どこもかしこもオンラインという感じで、

 

ビジネス系から日常会話、キッズ英会話まで

 

なんでもオンラインで受講できるみたいです。

 

 

 

オンライン英会話というと、一般的なのは、

 

スカイプなどのインターネット通信を利用したものです。

 

テレビ電話みたいなイメージですよね。

 

 

でも、それって効果が気になるところです。

 

 

 

私も過去にオンライン英会話レッスンを受けたことがあり、

 

体験コースなんかもあちこち試したことがあります。

 

無料で体験できるところがほとんどですからね。

 

 

 

それで感じたことは、

 

オンライン英会話で十分だな、ということ。

 

もはや、通学による英会話学習の方が、

 

デメリットが多すぎて意味がないんじゃないかと

 

思うくらいです。

 

 

 

オンライン英会話ならいつでもどこでも

 

講師に空きがある限り受講できますし、

 

それになにより、受講料が安い!

 

 

 

だから、大量にレッスンを受けることができるわけです。

 

これが最大のメリットかな。

 

 

英会話を上達させるためには、

 

なんといってもその練習量です。

 

だから、オンライン英会話はとてもメリットが大きい勉強法だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語を話したい、もっと上手になりたいというとき、

 

英語のボキャブラリーが豊富なだけで

 

だいぶ助けられることがあります。

 

 

ちょっと話に詰まっても、

 

語彙力のある人は、それなりになんとか通じさせてしまうモノ。

 

単語をたくさん知っていればいいというわけではありませんが、

 

単語力がある程度モノをいうのはなんとなくわかりますよね。

 

 

でも、忙しい社会人が英語を学習する場合、

 

少しでも効率よく英単語を覚えたいじゃないですか。

 

 

それで、例えば、英単語を覚えるのに最適な時間帯はいつなんだろうと、

 

考えた時、こんな記事を見つけました。

 

 

≫英単語を覚えるのは朝と夜どっちが効果的?記憶の仕組みから考察してみる

 

 

 

少しでも効率よく覚えて、

 

サクサク英語を上達させたいものです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語でよく言いますよね。

 

「とはいえ」

「とはいったもの」

「そうはいうものの」

 

そのあとは、その前に述べたことと逆接なことがくるわけですが、

 

これを英語でいうとどう表現すればいいのか。。。?

 

 

私が比較的よく聞く表現では、たぶん

 

「Having said that, ・・・」

 

か、一番しっくりくるのかな、と思います。

 

どうでしょうか。

 

もし、もっとピッタリの言い方があるよ!

 

という場合は、コメントください照れ

 

 

 

 

 

なんか、こういうテーマでは、以前も書いたことがあるような気がします。

 

でも、やはり気になることですので、あらためて書いてみようかと思います。

 

英語を身に着けたいと思った時、

 

少なくとも捨てなくてはいけないものが一つあります。

 

それは羞恥心です。

 

 

 

日本人はとかく格好をつけたがるというか、

 

間違いを犯すのを嫌いますね。

 

別に恥ずかしいことではないのにね。

 

 

 

特に、英語を話せるように訓練する過程において、

 

間違いを犯すことは必須でもあります。

 

だから、それを恐れて英語を口にできないのでは、

 

英語が上達するわけはありません。

 

 

 

英語を上達させるためには、

 

まず、間違いを犯すことに対しての

 

覚悟を決めることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mediumというプラットフォームで文章を書くようになって、数か月になります。

 

もともとはアメリカの文章投稿サイトなので、

 

英文での記事が圧倒的に多いんですよね。

 

でも、そんな中にも地味に日本語で書いているライターさんは

 

私だけではありません。

 

 

 

それで、Mediumで日本語の記事を探そうとすると、

 

日本語タグで検索することを、みなさん、まず思いつくと思います。

 

実際、Mediumの中の日本語タグも少なくはないんですが、

 

 

 

でも、結構これが上手く機能しないこともあります。

 

これって、多分Mediumの仕様に問題があるのでしょう。

 

 

それで、日本語で書いている記事なのに、

 

日本語タグを付けているのにもかかわらず、

 

「日本語」で検索しても、ヒットしないことがあるんですね。

 

 

 

 

 

これは本当に困った話です。

 

日本語に特化されたプラットフォームではないので、

 

仕方がないといえばそうなのかもしれませんが。

 

 

 

それで、Mediumで日本語記事を探しやすくするための

 

パブリケーションを作ってみました。

 

日本語でMedium記事を読みたいという人が、

 

サクッと簡単に日本語文章を探せる場所です。

 

 

Mediumの日本語記事を集めたパブリケーションあります。詳細はこちら→