大人向け英会話初心者の勉強法

大人向け英会話初心者の勉強法

脳の特性に沿った英語のリスニングやスピーキングの練習方法や記憶のメカニズムに基づいた英単語の覚え方、TOEIC試験のスコアアップに役立つ情報など、初心者や中級レベルの大人が独学で英会話を習得する上達法や勉強法のコツを紹介しています。

NEW !
テーマ:

本日も講座にご参加頂いた方からの

以下悩みに対して回答させて頂きます。

 

前置詞toとforの違い

 


「私の悩みは...
完全に自分流の好きな事しか
やらない方式きで今に至るので、

アメリカ人の友達と
メールで長文を打つときに、
toやforを入れるのか
入れないのかや、入れる場所で
いつも間違えています。」



まず、toとforの使い分けですが、

前置詞をイメージでとらえると
使い分けがしやすくなります。


toは方向を表します。


例えば、

I go to school.

と言うと、

私が学校の“方向”へ行く
ということを表します。


また、

I gave a book to him.

と言うと、

本が彼の“方向”へ与えられて
移動していくことを表します。


次に、forは対象や目的を表します。


例えば、

I cooked dinner for him.
「私は彼のために夕食を作った。」

と言うと、

彼という“対象”に夕食を作って
あげたことを表します。


I gave a book to him.と
I cooked dinner for him.
という2つの例文を見ると、

方向と対象は似ていると感じますが、

toは直接的で、forは間接的という
違いがあります。


例えば、

I gave a book to him.は、

彼が目の前にいて
私が本を彼に直接手渡している
イメージになります。


そして、

I cooked dinner for him.は、

彼が目の前いなくても夕食を作って
あげることはできます。


toとforを入れないのか、
入れるのかですが、

I gave a book to him.は、

S:I V:gave O:a book
の第3文型で、to himは誰に
あげたのかと動詞のgaveを
修飾している副詞です。


I cooked dinner for him.も、

S:I V:cooked O:dinner
の第3文型で、for himは誰に
作ってあげたのかと動詞のcookedを
修飾している副詞です。


これに対し、

I gave a book to him.は、

a bookとhimの順番を入れ替えて

I gave him a book.

と言うこともでき、この文は

S:I V:gave O:him 
O:a bookの第4文型になります。


I cooked dinner for him.も、

dinnerとhimの順番を入れ替えて

I cooked him dinner.

と言うこともでき、この文は

S:I V:cooked O:him 
O:dinnerの第4文型になります。


toとforを入れる場所や、
この並び順については
覚えるしかありません。

 

 

音読すると学習効果が
5倍から10倍になるので、


黙読で覚えようとするより
声に出して言う練習をすると
早く覚えることができます。

 


toとforの使い分けは、
以下のページでも解説しています。

第3文型と第4文型の書き換え

 


以下の無料メルマガで

脳の特性に沿った英会話上達法を
配信していきたいと思います^^
 

毎日5分!英文法で英会話トレーニング

≫無料メルマガの登録&最新号はこちら

 

 

英会話習得法の無料講座

現在、日常英会話を習得する

個別指導を行っていますが、

 

生徒さんと練習している中で

いい事例が出ましたので

シェアしたいと思います。

 

彼女の誕生日をお祝いしますを英語で

 

 

以下の日本語を英語にしてみます。

 

「私達は毎年、東南アジアのリゾートで

彼女の誕生日をお祝いします。」

 

 

この日本語をそのまま英語にすると、

以下のように長くなるので会話中に

瞬時に作って言うのが難しいです。

 

We celebrate her birthday

at a resort of southeast Asia

every year.

 

 

そして、生徒さんは

「東南アジアのリゾートで」の

「~で」のatが出てこず、

 

We celebrate her birthday

 

で詰まってしまいました。

 

 

そこで、私は以下のように

日本語を分けたらどうですか?

と提案しました。

 

「私達は毎年、東南アジアの

リゾートへ行きます。」

 

「そして、彼女の誕生日を

お祝いします。」

 

 

そうしたら、以下のようにスッと

英語にして言うことができました。

 

We go to a resort of southeast Asia every year,

 

and (we) celebrate her birthday.

 

 

日本語で考えた言いたいとことを

そのまま英語にして言えない時は、

 

このように日本語を変えると

同じようなことを簡単に英語にして

言うことができます。

 

 

この練習を1日5分続けると、

英語で言いたいことがどんどん言える

ようになります^^

 

 

以下のメルマガで、

毎週金曜日に日常会話で使う

英文の作り方を解説します。


毎日5分!英文法で英会話トレーニング

≫無料メルマガの登録&最新号はこちら

 

 

英会話習得法の無料講座

本日も講座にご参加頂いた方からの

以下悩みに対して回答させて頂きます。

 

TOEICのリーディング上達法

 


「トイックが400点台
から伸びません。

リーディングのスコアが
なかなか上がらなく、

何かアドバイスありましたら
教えて頂きたいです。」


正直、僕は旧TOEICしか
受けたことがなく、

TOEIC専門の勉強もほとんど
したことがないので

テクニック的なTOEICの
対策は分かりませんが、

脳の特性の面から回答すると
パート5からパート7の問題を解き、

間違えた問題を繰り返し復習する
というのが一番です。


さらに、少し値段は高いですが
練習する問題は公式問題集を使うのが
一番効果的だと思います。


これをTOEICに出る英単語集などの
単語帳で単語を覚えてから問題を解く
練習をするなどは非効率です。


大人の脳は丸覚えができない上に、

脳は複数の情報を関連づけて入力
したほうが覚えやすいので、

単語帳で関連性のない英単語を
丸覚えしようとするより

実際にTOEICのリーディングの
問題を解いたほうが多くの情報を
関連付けてインプットできるので

結果、英単語も早く覚えられます。


そして、新しい情報を記憶するには
平均7日のインプットが必要なので、

間違えた問題を1週間繰り返し
復習すると新しい英単語などが
自然に記憶されていきます。


さらに、音読すると学習効果が
5倍から10倍になるので、

間違えた問題を復習する時に
音読するとさらに効果的です。


しかし、イメージや言葉が
マイナスになっていたり、

リラックスせず方に力を入れて
練習しても効果は低くなるので、

練習する時はプラスのイメージを持ち
リラックスして行って下さい。


何事も脳の特性に沿って練習すれば
必ず上達します☆

 


以下の無料メルマガで

脳の特性に沿った英会話上達法を
配信していきたいと思います^^
 

毎日5分!英文法で英会話トレーニング

≫無料メルマガの登録&最新号はこちら

 

 

英会話習得法の無料講座

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス