NPO法人 日本学校演劇教育会

NPO法人 日本学校演劇教育会

NPO法人 日本学校演劇教育会の活動内容を紹介します。

入会ご希望の方は下記からご連絡ください。
会員申込書をお送りいたします。

mail engeki.kyoiku@gmail.com



ご依頼・お問い合わせはこちらの問い合わせフォームが便利です。



※会員募集のご案内はこちら

2024年度 会員総会


6月15日(土)午後

会場/日本工学院


13:00~会員総会

14:30~第37回研究会

「演劇の教育的意義について」

講師/照屋洋 氏(こども教育宝仙大学教授、元東京都中学校教員)


どなたでもご参加いただけます。

参加費/500円(会員は無料、当日入会者を含)

※入会金 1,000円、年会費 2,000円


演劇には、子どもたちが成長する上でさまざまな効果があることが指摘されています。しかし、日本の学校教育で演劇に触れる機会は、(音楽や美術のような)教科・科目としてではなく、学芸会や文化祭、部活動といった特別活動であることがほとんどです。「演劇を教科に」という運動は以前からありましたが、未だに実現していません。

 演劇が教育現場で広く取り上げられるようになるには、以下の二つが必要であると私は考えています。

・日本で演劇が教科目にならなかった歴史的経緯をつまびらかにすること

・教員養成に資する「演劇教育学」研究室が大学に置かれるようになること

演劇教育が職業として日本の社会で成立するようになれば、演劇を学ぼうと志す若い人の背中を押すことにつながります。その礎をつくる一端を(地域の教育に演劇を通して貢献しつつ)担ってゆくことが私の希望です。

どうにか、会員総会に提案する議案書がまとまりました。

会員の皆様には近日中に配信いたします。今しばらくお待ちください。




会員総会は6月15日(土)蒲田で開催です。

会員の皆様におかれましてはなにとぞ出席のほどよろしくお願いいたします。議案書と出欠に関する手続きは今月中に改めて発信したします。



これからの事業の持ち方について、前年度の総括を踏まえて、2024年度事業計画の方向性が見えてきました。4月から新年度がスタートしていますが、会員総会や理事会のサイクルの都合上、中々3月までに決めていくことはできていません。これも課題の一つ。




第36回研究会

おとなの講評委員会

ー春季全国高校演劇、講評の試みー


中部日本地域から始まった生徒講評も、

今では全国大会だけでなく、大分各地に

広がってきました。


今回は3月22日から開催される、春季

全国高校演劇研究大会、その上演を題材

に講評について学びます。

本会の理事も複数いわきに出掛けます。

気軽な意見交換の場になれば幸いです。


春季全国高校演劇研究大会

上演校と演目の一覧はこちら。

https://koenkyo.main.jp/



研究会・開催日

3月30日(土)14:00〜17:00

Zoomミーティングルーム


参加申込みはこちらのフォームからお願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S10875010