すごく残念だと思う。

 

世の中に、薬局、薬店、ドラッグストアなどで医薬品を販売する人は大勢いるわけですが、

 

 

いまは、薬局でも

葛根湯や、小青竜湯なども箱パッケージに入ったものが販売されているし、

 

風邪がはやる季節には、

葛根湯ください、などと指名買いで薬局に入ってくるお客様たちも多くなってきました。

 

はい、風邪ですか、節々の痛み、関節痛もあるんですね、

葛根湯、ありますよ。

こちらです。

 

と、葛根湯を1箱売る。

 

 

なんだか寂しいよね?

風邪の症状によっては、

別の漢方が良いこともあるし、

保険調剤でのお薬を飲んでいる人には、短絡的に風邪だから葛根湯、とはいえないこともあります。

 

 

薬局で、一般薬として漢方薬も販売しているけど、

よくあんまりわからないまま、

 

そして、保険調剤で漢方を患者さんに出しているけど、

ふ~~ん、ぐらいの感じで投薬。

 

 

結局、生薬の組み合わせの妙や、

保険調剤の薬との飲み合わせ問題など、結局知らないままに

定年で薬局勤務を終える、人多いんじゃないかな?

 

 

 

薬局で漢方薬やハーブを詳しく紹介するのも

一般の人たちが、最初に気軽に健康相談をする窓口である、薬局ならではの、患者さんのセルフメディケーションのお手伝い。

 

そう考えると、

漢方、お薬を紹介するお仕事に関わる人間として、

体験しておくのは、有意義だと思うんですけど、、、。