英語ニュースで文法と語彙を学ぶ

英語ニュースを読んで、文法を理解して語彙を増やします。
「なんとなくわかったつもり」で終わらせてはもったいない。
著作権の問題で引用は制限されていますので、リンクで原文を辿って下さい。


テーマ:

東京丸の内 丸善書店。話題本や定番の学習本の棚にも、二冊セットで置かれていました。
一冊目の銀の本は第6刷までいきました。
ほかの書店も見たけど、二冊目の金の本は分類が難しいみたいで単語本売り場とか文法本売り場とかに置かれてる。(「英語耳」と同じ棚に並んでる!)

内容としては銀の本の方が面白い。生徒さんから質問されることの半分は、答えがこの本の中に書かれてる。だから生徒さんにこの本を買われてしまっては、授業の中での質問が減ってしまうので、ちょっとだけ困る。でも買ってくれた生徒さんからは「すごーくわかる」と言ってもらえる。

よく知らない人からは、

「イラストも自分で描いているんですか」と言われることもあり、
「イラストだけじゃなく解説文も書いているんですか」と言われることもある。

中には「イラストだけ描いている」と思っている人もいる。英語を専門で学んだ人にしかこういうのは書けないと思っている人もいるみたいだ。

ほんとうは、イラストと文章の両方書くからこそ面白いものが書ける。しかも理工系の理屈の頭を使ってイメージを語っている。

 

毎日生徒さんと直に接して、正直な疑問を投げられる環境だからこそ読者の疑問を解く答えが書ける。

日本でサラリーマンをしながらほぼ独習で学んだからこそ独習での理解方法がわかる。自分が根性で理解したことを、読者が根性なしで理解できるように説明している。

そしてなにより、ベテランの清水先生がいるから書ける。

 

そういう本です。

 

アマゾンのレビュー(嬉しい):
前作より説明も挿絵もパワーアップした感じで娯楽性が上がったというか、こんな感じに最初から勉強できていたらさぞ楽しかっただろうな、と思いました。
何度か絵や説明を見ながら爆笑。
もちろん今回も内容は鋭い所を突いていますので、そこはシッカリ頭に入れねばと思います。日本語思考でウッカリ言いそうな間違いや誤解を招く文例も沢山。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

入学金半額や体験レッスンキャッシュバックのキャンペーン中だそうです。

10月31日まで。この機会をご利用ください。

 

厚木カルチャーセンター

1) ビジネス英語

2) やり直し英語

 

相模大野カルチャーセンター

3) 英語読書

 

内容紹介

 

1) ビジネス英語

  • 一般のスクールの「ビジネス英語」とは違って、内容的にも経済的にも気軽に参加いただけます。
  • プレゼンテーションやスピーチの練習; 自分の話したいことを話す練習。もちろん聴くだけでも可です。
  • その週のニュース記事で文法と語彙を学びます(1~3記事)
  • その他テーマを決めて解説; 単語の解説(語源をつかった覚え方)や個別の文法解説(分詞構文、関係代名詞、仮定法・・・)をします。
  • 外資系の会社に長く勤めた経験からのお話もします。

2)やり直し英語

  • はじめて約5か月、参加者全員に継続いただいています。
  • 一般の「英会話」と異なり、「挨拶の練習」ではなく、簡単なことを言えるようにします。そのために英語の仕組みをきちんと最初から積み上げます。
  • 必要な文法の説明はしますが、難しい説明の仕方はしません。イラストを使ったりして実感としてわかるように説明しています。「いまさらきけない」質問をたくさんいただき、毎回「そうだったんだ」と言っていただけます。
  • 現在は中学1年の後半レベル。基本の仕組み(パターン)と基本動詞がわかってきたので簡単な文章が組み立てられるようになっています。まだ追いつけます。

3)英語読書

  • 比較的簡単なものを読み進めます。小説であれば「味読」をします。英語を学ぶのはもちろん、英語を通してそこから何かを学びます。
  • 題材はご希望により選びます。現在は「英語でハッとする聖書の話」。「西洋絵画鑑賞のときにその意味を知りたい」の気持ちから選んでいただきました。

お申込みお問い合わせは、各カルチャーセンターまで:

厚木

相模大野

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

学校では何年もかけて、

「型通り」になることを学んで

結局、それにおいては、機械にはかなわないと知る。

 

その「型通り」の向こう側に行く道があるとすれば

発想であり、創造であり、

今まで知らない文化であり見方であり、

さらに、

それらに至るための近道があるなら、

そのひとつは、もうひとつの言語であると思う。

 

それは何かの制約や支配から、

自分自身を自由にするものであり、

第二言語の学習とは、その可能性を追い求めるものである。

 

すずきひろし

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。