you Xiaoさん

テーマ:

Second Lifeを遊ぶって本当に奥が深いと思うのですが
その奥の深さを堪能されらっしゃる方は、どれくらいいるでしょうか?


in Worldの有名雑誌「SLID LINER」のスプリクト製作を手がける程の技術を持ちながらも
自身のブログ「SL Picks」 では世界中のショップから最先端のファッションを紹介するなど
幅広くSLをエンジョイしているyou Xiaoさんにお話をお伺いしました。



------------------------------------------------------------------

emo8889 Xeno: まずSLに入ったキッカケを教えてください。


you Xiao: Mirage って知ってはりますか?EQなのかなUOなのかな、MMORPGのギルドのサイトなんですが
あそこのフラッシュが大好きで、BBSも読んでたのです。
で、その時期にMMOのレビューをする企画があって
誰かがSLのレポートをしてほしいって書いてたのです。
そこで、色々作れてスクリプトもかけて、おまけに「空が飛べる」とw
それで、翌日の仕事が休みだったのでアカウントとりました。
それがきっかけですね。


emo8889 Xeno: それで現在までどのような活動を?


you Xiao: 最初の一ヶ月くらいはダンスパッドでお金を稼ぎつつ、買い物とか探検してました。
主に空を飛びつつ、スカイボックスをみつけたりしてましたね
その時期は6~7人くらいの同期がいてAsukaさんとかMidoriさんとかWewiさんとか。
多分、asukaさんだと思うんだけど、newbieランド借りようって言い出して
何人かでグループを作って土地を借りました。


asukaさん達はその頃からいろんなものを作ってたんだけど
私は全く作らず、常に出歩いてました。
で、newbieランドの期限が切れる頃にkawaiiを借りて
ダラダラすごして、今に到るって感じです。



「成り行きまかせで過ごしてますw」

emo8889 Xeno: その間、創作や参加した活動などありますでしょうか?


you Xiao: 最初に作ったものは、タライに浸かったスイカくらいで
自発的に何かをつくろうという気はなかったんだけど
たまたまLINZOOさんがクラフターズカップを企画された時期でもあったので
まあ、スクリプトでもやろうかなぁと参加したり
はっきりいって、自分で何かを作って売ったことはありません。


ただ、たまたま相談を受けたりして、スクリプトだけは組んでました。
そして、またもやLINZOOさんですが雑誌を出されるということで、
そのスクリプトを担当することになりました。
どっちかというと受動的というか、成り行きまかせで過ごしてますね。


emo8889 Xeno: 雑誌?


you Xiao: SLID LINERです。




当初、SLID LINERっていうグループを作りました。


emo8889 Xeno: あっ、あの有名な!


you Xiao: 今では有名ですねぇ。
最初は単なる情報交換のグループだったんです。
あちこちに遊びにいくので、販促品をみつけたりセールの情報なども発見が早かったので
それを共有しようとして、それが進んで雑誌になったのかな。
ちょっと路線は変わりましたが、いい雑誌だと思います。


emo8889 Xeno: ではあの雑誌の仕組みを作られたのはyouさんだったのですね。


you Xiao: そうですねー。
既存の雑誌はあったんですけどなんだか不便だなっていうのはありました。
LMがついてるわけでもないし。
LINZOOさんから、こんなことができたらいいなぁっていう希望が出ていたので
それと、あとはページの先読みとかをプラスして組みました。
その時にリトマスさんにも話を聞いてもらって方向性を確認したりして、
作ってるときはおもしろかったですよ。


emo8889 Xeno: それだけの技術はどこで培われたんですか?


you Xiao: RLで、そういう仕事をしてるので、スクリプトとかはスキですから
LSLのWIKIを印刷して、ひとまずは全関数に目を通して
あとは、フリーのスクリプトを読みまくったり、フォーラムを読んだりしてました
最初は定石というか、これをやるとSIM的にマズイとか
これをこう書くのがいい書き方というのがわからず、けっこう腰がひけてましたw


emo8889 Xeno: しかし今は凄い知識を身につけたわけですね。
ちなみに先ほどのお話にでてたクラフターズカップとは?


you Xiao: 主旨を誤解してるとまずいんですが、私の解釈で説明すると
Newbieのステップアップの為のものづくりコンテストです
最初のテーマは頭装備だったかな?それから靴とかAVとかその回ごとにテーマが違ってました。
その前身に複葉機コンテストっていうのがありましたよ。
これもLINZOOさん企画です。


emo8889 Xeno: youさんが優勝した時のテーマは?


you Xiao: バイクがテーマの時です。




ただ、優勝しちゃったんですけど、ちょっとズルした感じはありますねw
私が作っていたバイクは、元々はハロウィンに向けてつくってた空飛ぶホウキだったんですよ。
それが作っては飽きて、気が向いては作ってって感じで
10月の終わりくらいからずっとやってたから他の人とは製作期間が違いますからー。
たまたまバイクがテーマだったのでそこで、
いい線いったら方向性が間違ってないてチェックできるから。
そのくらいの気持ちでの参加でしたw


emo8889 Xeno: なるほど。


you Xiao: でも実際にみんなが作ってるのを見てると
完成度が高いというかイメージしたものを形にする力が凄いというか
リアル路線でいかないとマズイんじゃないかと、焦ったりもしました。


emo8889 Xeno: 全体的にレベルが高いんですねー。
ところで今後は何か活動予定とかありますか?


you Xiao: 一応、自分で作ったものを売ってみようかなとは思ってます。
でも、それが主軸にはならないような気もします。
これまでMMOはけっこうやってるんですが狩りがヘタという致命的な弱点がありまして
基本的には景色のいいところで、みんなとダラダラしてなんか作れればいいなぁという。
これまでのMMOとは全然違う過ごし方をしたいなぁと思ってます。
とりあえず、服を買って過ごしますw


「服を買っていくと、たまたまいい感じになってるだけ」


emo8889 Xeno: その服ですが初めてお会いしたときからアバターがむちゃくちゃ綺麗で
服もすごいオシャレでリアルなんですけど
そのセンスはどうやって磨いたんですか?


you Xiao: んーセンスはどっちかというとないほうなのですが
やたらと看板を見ているせいか綺麗だなーと感心するものに触れることは多いです。
それに憧れて服を買っていくと、たまたまいい感じになってるだけなんじゃないでしょうか?
やっぱり私の中の人も、どうせつきあうなら、自分好みがいいでしょうしw




emo8889 Xeno: ブランドとか凄く詳しいし、情報はどこで仕入れるんですか?


you Xiao: SecondStyle はご存知ですか?SLのファッション雑誌です。
ああいう感じのファッションblogは凄くてその情報はかなり役に立っています。
あとはPicksも気に入った服やアイテムがあると、その製作者のPicksを見るんです。
そうすると、その人の趣味の場所がセットされてるんで、
それをたぐっていくと、さらにいいものが!みたいな。
あとはやっぱりフラフラするのがスキなので
目的のお店の周りを歩いてみたり線路をずーーっと飛んでみたり
そんなことをしてると、いい感じのところにぶつかりますね。


emo8889 Xeno: そんな中、youさんなりのオシャレのコダワリってありますか?


you Xiao: んーそうですね。
いいと思ったら、RLでは絶対着ない服でも着てみるし、
んと、常識にこだわらないというのが、こだわりといえばコダワリです
路線としては、普通に着れるものをテーマにきているときもあれば
エロすぎて...とかそういうのも着ます。あまり見せませんけどw
せっかく、SLなので。


emo8889 Xeno: 目がキラキラ光ったり小技もきいてます。


you Xiao: うんうん、そういうのもありですね。
キラーンと光らせておきながらグラサンで隠してみるとかw
そういえばラッキーなことに、まわりにはセンスのいい人が多くて。
メガネはtaifrogさんがチャクチャクと作ってらしたり、
髪はZero StyleのReiさんのしかつけなくなったりしてますね。


emo8889 Xeno: 自然とセンスのある人が集まってくるんですねー。
ところで今お話している場所がZero Styleという名前のSIMですが、ここは??


you Xiao: あ、もう言っちゃってもいいのかな?
Zero StyleのReiさんとは付き合いも長いので、
一緒にSIMを買うことにしましてここがそうです。


emo8889 Xeno: なるほどー。


you Xiao: 最初はSIMを買う気はなかったんですが
kawaii(前にすんでた場所)で十分だと思ってましたし、
特に自分のブランドも持ってなかったので
住むためだけにSIMを買うってあほなんちゃうかなーって思ったんですけど
やっぱり気持ちのいい場所で過ごしたいっていうのが大きかったので
買ってしまいました。


emo8889 Xeno: よその土地を借りてレンタルじゃダメ?


you Xiao: 最初のkawaiiは最終的には10kの土地を確保してたんですが
まわりにSIMが新しくできたりゾーニング的に不自由もありましたんで
それにあそびにくる友達が、場所が気をつかって出せないアイテムとかもあったので
好き勝手できる場所がいいかなぁと思って。
まあ、Lindenが倒れたら、パーなんですが、
RLでも、趣味にお金をつぎこむのはアリなんで
そんなつもりで買った感じですね。


emo8889 Xeno: ということはZero Style SIMで土地の貸し出しはしない?


you Xiao: んー、それはまだ未定なんですが、私もReiさんも
そういう管理には疎いので知らない人に貸すということは絶対にないと思います。
ただSIMの方向性が決まってきたら可能性としては、
友達に貸したりすることはあるかもしれません。
まあ私達の作りたいSIMのイメージを解ってくれる人ってのが前提ですけどw


emo8889 Xeno: それにしても贅沢ですねー。


you Xiao: ゼイタクといえばたしかにSIMも、服買いまくりも
けっこうお金使ってるんですけどそれで、気分転換できたり、
楽しい気持ちになれれば 元はとれてる気もしますよw


emo8889 Xeno: 凄い前向きな発想だ。


you Xiao: エー。
程度の差はあっても、みんなそうなんじゃないですかのうw


「SLは無いところからアイデア次第でいくらでも実現可能」


emo8889 Xeno: しかしそこまで出来るほどSLって楽しいですか?


you Xiao: 楽しいです。
やっぱり仕組として自由度が高いっていうのは大きくて
そのおかげでchatだけではわからない、人の趣味とかそういうのが見えてきますから。


emo8889 Xeno: 他にSLに魅力を感じた部分などはありますか?


you Xiao: 無から有を作る感じなんかなぁ。
実際には無じゃないんですけど、
無いところからアイデア次第でいくらでも実現可能なところとか
そのアイデアを一緒にワイワイ考えられる人と過ごせるところとか
結局は、そのあたりが魅力なんですかのう。


emo8889 Xeno: 近々日本版クライアントがでますが
もっと日本で流行りそうですか?


you Xiao: んー、流行らないような気はしますね。


emo8889 Xeno: え?


you Xiao: やっぱり、はじめにくいんじゃないでしょうか
ほら「なんでもできるは、なんにもできない」というか。
・・・ちょっと違うかw
なんか何でもやって良いですよーって言われると
かえって困っちゃうところってあるでしょ?
だから、始めても辞めていく人は多いだろうし。


それに実際には「なんでもやっていい」わけじゃないですよね。
人の迷惑になっちゃダメとかBigSix とかあっても
それを知ってる人は少なかったり、
だから、なんだか暗黙のルールがあるように
感じちゃうところはあるんじゃないでしょうか。


emo8889 Xeno: 流行る為の道のりは険しそうですねー。


you Xiao: そうですねー、
もしかしたら、今でてきてるHomeとかの方がはやるかもしれませんねw


emo8889 Xeno: youさん的にSLは「こうなったらいいのにー」とかご意見ありますか?


you Xiao: んー、まだまだフルに使いこなせてない感じはするので、
無難に機能の充実と、安定度が増してほしいと言っておきます。
それと長生きしてほしいw
ハード面では、こんなところですがソフト面では、
これは私らの人間関係ですんで、うまい交流方法をみつけていきたいです。
ちょっと質問とはずれるかもしれませんが、この「people of ...」は、いい企画だと思ってます


emo8889 Xeno: ありがとうございます。


you Xiao: 隣の人がナニをしてるのかそういうのが、見えてくるので
もしかするとこれがきっかけで、流行るかもしれませんよ、SLはw


emo8889 Xeno: まさかw
SLID LINERやクラフターズカップのバイク、そしてその綺麗なアバターで
可能性を見つけてくれる未プレイヤーがいれば嬉しいですね。
では今SLをやろうとしてる人、始めたばかりの人にアドバイスをお願いします。


you Xiao: 自分の目で見て回って、直接人と話してみてほしいです
思わぬ人と楽しいことができたり、感動する景色や、
工夫をこらしたアイテムに会える可能性はいっぱいあります。
そうやって経験したことは、RLにもかえっていくんじゃないかなぁと思います。
一緒に楽しみましょうーってな感じでw


emo8889 Xeno: そういえば用語集やってると聞いたのですが?


you Xiao: あ、そうだ、用語集やってるんで、
知りたい言葉とか書いてもらえれば助かりますw(宣伝
http://sl.gamedb.info/wiki/

SL用語の基礎知識ってやつね。
もうナニがわからない言葉かわからなくなってますw


emo8889 Xeno: それもyouさんが立ち上げたんですか?


you Xiao: そですーけっこう単語書いて、サポートしてくれる人もいるんで
けっこう見てもらえてるみたいです。


------------------------------------------------------------------
youさんとお会いすると自分のアバターも見直したくなるほど数々のこだわりとセンスで驚きです。
アバターも世界に目を向けると、こんな凄くなるのかーと思い知らされました。




またプライベートSIMの綺麗な景色と静かな雰囲気の中でゆっくりとお話することができ、
そこにいるだけでリラックス出来る空間を確保されていて
非常にSLの世界を深く楽しく余裕をもってエンジョイされてらっしゃいます。




そしてスプリクト技術も素晴らしいものを持ってますので
みなさんもyouさんのビジュアルと技術が融合された商品の販売を楽しみにしていてください!