おはようございます。

苫小牧在住の恵美子です。

 

台風21号の被害および9月6日の胆振東部地震で被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

 

昨日、縁あって安平町・遠浅小学校にボランティアに参加させていただきました。

 

本当はボランティアセンターが開設される前日の話し

 

「避難所生活の方々は身体も痛いだろうし、緊張やストレスで疲れているのでは」と思いさとう式リンパケアで少しでも身体を癒すことが出来ればと思った事がきっかけでした。

 

そして遠浅の武田さんとのやりとりをして

日曜日にお伺いする予定になっていました。

 

余震もある事から、主人も一緒に行く事になり

家に娘をひとり置いてはいけないので、

(娘は車の中で勉強することに)

日曜の朝 家族3人で早来へ向かいました。

 

武田さんとお会いし、ボランティアセンターが開設されたとの事で、早来こども園で手続きをしようとしたところ

園長先生より「助かった!人手が足りません!」とのお話しを受け、急きょ主人と娘を呼び3人でボランティアに参加することになったのです。

 

主人は解体作業

私と娘は早来小学校での救援物資の把握【個数】と整頓をお手伝いしました。

※乱雑に置かれた救援物資

 

早来は断水しており、一番困る女子トイレは

小は流さずにそのままに

大は洗面器1杯で流し

使用済みのペーパーはゴミ袋に入れていました。

 

人も多いし雨模様だった天気で湿気も多い

やはり匂いで具合が悪くなりそうでした。

水があるだけでも本当に幸せな事と実感です

 

お昼は札幌のたこ焼き屋さんが無料で配っていたり

炊き出しで豚汁やモツ煮込みなどが出ていました。

 

仕事を終えこども園に戻ると

かなりの数のボランティアさんが来ており

こころの声(多すぎだろー)

なんだか人でぐちゃぐちゃしてました(笑)

 

あと、ベテランボランティアさんらしき人がいつ見ても

誰かと立ち話をしていて、「???」と思ったのは

小さな声で...

 

主人の解体作業が終わるまで

預けられている子供たちと遊んで

ほんわか幸せな気分で過ごしました。

 

災害があろうと

子供達は無邪気に笑い

太鼓をたたき、歌い、笑い

心があたたかーい気持ちになりました。

 

早来の街中は建物が倒壊し道路も陥没していました

 

1日も早く元の生活に戻れるよう心からお祈り

申し上げます。

 

今回はたまたま参加させて頂きましたが

今後は自分ができる事をさせて頂こうと思います。

 

さとう式リンパケアのご要望等があれば

ご連絡をお願い致します。

 

LINE@ですぐに連絡が付きます。

友だち追加

 

苫小牧の皆さまも余震があり寝る時も不安で

睡眠不足ではありませんか?

女性限定ではありますが

 

=よもぎ蒸し座浴=

 

通常価格

3,000円のところ

1,000円にて

ご利用頂けます。

 

身体を芯から温めて

リラックス、リフレッシュ、ストレス解消、肩こり、安眠効果、疲労回復、デトックス、しませんか♪

 

9月10日~9月14日まで

毎日 18:00~21:00の間でご利用できます。

 

ご予約・お問い合わせはLINE@で

 

友だち追加

 

メールでのご予約・お問い合わせは

tomaselfish★gmail.com

★を@に変えて下さいね。

 

この災害を明るく前向きに乗り切りましょう!

私たちは大丈夫OKハート