TAFE NSW から留学生への奨学金が出ました!

 

TAFE NSWとは?

TAFE NSWは、州立の職業訓練専門学校です。

CRICOS Provider Name: TAFE NSW Technical and Further Education Commission

CRICOS Provider Code: 00591E | RTO 90003 | HEP PRV12049

語学学校、専門学校コースから、大学の学士(Bachelor)にあたるコースまで、幅広く開講しています。

130年の歴史がある学校でもあります!

ローカルの生徒さんが多いので、オーストラリアの人と一緒に勉強するチャンスでもあります。

 

 

奨学金の内容は?

 

TAFE NSWでは、留学生のプロフェッショナルな目的達成の資格取得のために、また、特別なスキルを身に着けることを支援するために、奨学金を準備してくれました!

 

学費の15%の奨学金

学士(Bachelor)コースで、各セメスターの授業料から15%の奨学金

コースの期間ずっと適応になりますので、3年、4年のコースでもずっと15%の奨学金がもらえることになります!

 

または、

 

奨学金$2,000

各セメスターお支払いの際に、$500の奨学金がもらえます。

 

 

奨学金の条件は?

奨学金をもらうには、以下の条件に合う必要があります。

・新規の留学生のお申込みであること。

TAFE NSWの専門コース、学士のコースにすでにお申込みの方、これからお申込みの方が対象で、

2022年7月開始の1年以上のコースをお申込みの方。

または、現在TAFE NSWで勉強されていて、コースを修了してこれからさらにお申込みの方。

TAFE NSWですでにコースを開始している方、パッケージコースとしてお申込みの方は対象外です。

 

 

・学士コースの15%奨学金は、トータルの期間のコースを就学する方のみ対象。

新規の留学生で、2022年7月開始のコースを就学する方。

学士コースのみ、またはパスウエイパッケージの方で、70%以上の成績を修めている方。

TAFE NSWですでにコースを開始している方、パッケージの方は対象外です。

 

・TAFE NSWのコース入学のための条件を、ビザ条件も含めて全て満たしている方。

 

・TAFE NSWが承認した場合を除き、2022年7月にコース開始をすること。

コースを続け、しっかり進捗状況を保つこと。

 

 

TAFE NSWでの就学をお考えの方は、エミクまでご相談を☆

Email: emic@visanet.com.au

Tel: 02 9264 1911

02 9098 6921

02 9098 6939

 

Web: http://emic.visanet.com.au/

 

 

その他の最新情報はこちら

ビザに関する情報はこちら

 

オーストラリアで永住権を目指す方法とビザの種類は?

在シドニー日本国領事館より、以下のお知らせがありました。

日本航空(JAL)がシドニー・羽田線を7月1日(金)から週5便で運航と発表

 

 

【ポイント】

●5月18日(水)、日本航空は、シドニー・羽田線を7月1日(金)から週5便に増便して運航する旨発表しました。

●現在、日本への直行便の多くが運休を継続している状況であり、帰国を予定されている方や急な帰国の可能性のある方は、直行便の運航状況に引き続き注意を払うようにしてください。

 

 

【本文】

5月18日(水)、日本航空は、シドニー・羽田線を7月1日(金)から週5便に増便して運航する旨発表しました。

現在、日本への直行便の多くが運休を継続している状況であり、帰国を予定されている方や急な帰国の可能性のある方は、直行便の運航状況に引き続き注意を払うようにしてください。

現時点の各社の運航及び運休状況は以下のとおりです。

 

 

1 全日空(ANA)

(1)シドニー・羽田線

シドニー発の便(NH880)は、7月1日(金)まで週5便(日曜日、月曜日、火曜日、木曜日、金曜日)で運航、7月2日(土)から10月30日(日)まで週7便で運航される予定です。

羽田発の便(NH879)は、6月30日(木)まで週5便(日曜日、月曜日、水曜日、木曜日、土曜日)で運航、7月1日(金)から10月29日(土)まで週7便で運航される予定です。

2020年3月29日(日)に開設が予定されていた新たなシドニー・羽田線(NH889/890)の開設時期は、未定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

(2)パース・成田線

10月29日(土)発の便まで運休される予定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

最新の運航情報は、以下の同社サイトをご確認ください。

○全日空ウェブサイト

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202205/20220517-2.html

なお、全日空は、同社の名前を使用するなりすましメールへの注意を呼びかけており、ご注意ください。

また、運航にあたり、感染拡大を予防するため、以下の取り組みを行っておりますので、ご確認ください。

○全日空ウェブサイト(なりすましメールにご注意ください)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/information006/

○全日空ウェブサイト(感染拡大を予防する取り組み)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice200502/

 

 

2 日本航空(JAL)

(1)シドニー・羽田線

シドニー発の便は、6月30日(木)まで週3便(火曜日、木曜日、土曜日)で運航、7月1日(金)から7月31日(日)まで週5便(日曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日)で運航、8月1日(月)から9月30日(金)まで週5便(日曜日、月曜日、火曜日、木曜日、土曜日)で運航される予定です。

羽田発の便は、6月30日(木)まで週3便(日曜日、火曜日、木曜日)で運航、7月1日(金)から7月31日(日)まで週5便(日曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日)で運航、8月1日(月)から9月30日(金)まで週5便(日曜日、月曜日、水曜日、金曜日、土曜日)で運航される予定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

(2)メルボルン・成田線

メルボルン発の便は、6月18日(土)まで週2便(火曜日、金曜日)で運航、6月19日(日)から7月31日(日)まで週2便(火曜日、土曜日)で運航される予定です。

成田発の便は、6月18日(土)まで週2便(月曜日、木曜日)で運航、6月19日(日)から7月31日(日)まで週2便(木曜日、日曜日)で運航される予定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

最新の運航情報は、以下の同社サイトをご確認ください。

○日本航空ウェブサイト

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220501_05/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220601_05/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220701_05/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220801_05/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220901_05/

 

 

3 カンタス航空

政府による規制の緩和を前提として、2022年後半より日本との間の国際線が再開する見込みが発表されています。

○カンタス航空ウェブサイト

https://www.qantas.com/au/en/travel-info/travel-updates/coronavirus/qantas-international-network-changes.html

 

 

4 ジェットスター

政府による規制の緩和を前提として、2022年より日本との間の国際線が再開する見込みが発表されています。

○ジェットスターウェブサイト

https://www.jetstar.com/au/en/travel-alerts

 

 

5 ヴァージン・オーストラリア航空

ブリスベン・羽田線について、同社ウェブサイトでは予約ができなくなっています。

在シドニー日本領事館より、以下のお知らせがありました。

全日空(ANA)がシドニー・羽田線を7月2日(土)から週7便で運航と発表

 

 

【ポイント】

●5月17日(火)、全日空は、シドニー・羽田線を7月2日(土)から週7便に増便して運航する旨発表しました。

●現在、日本への直行便の多くが運休を継続している状況であり、帰国を予定されている方や急な帰国の可能性のある方は、直行便の運航状況に引き続き注意を払うようにしてください。

 

 

【本文】

5月17日(火)、全日空は、シドニー・羽田線を7月2日(土)から週7便に増便して運航する旨発表しました。

現在、日本への直行便の多くが運休を継続している状況であり、帰国を予定されている方や急な帰国の可能性のある方は、直行便の運航状況に引き続き注意を払うようにしてください。

現時点の各社の運航及び運休状況は以下のとおりです。

 

1 全日空(ANA)

(1)シドニー・羽田線

シドニー発の便(NH880)は、7月1日(金)まで週5便(日曜日、月曜日、火曜日、木曜日、金曜日)で運航、7月2日(土)から10月30日(日)まで週7便で運航される予定です。

羽田発の便(NH879)は、6月30日(木)まで週5便(日曜日、月曜日、水曜日、木曜日、土曜日)で運航、7月1日(金)から10月29日(土)まで週7便で運航される予定です。

2020年3月29日(日)に開設が予定されていた新たなシドニー・羽田線(NH889/890)の開設時期は、未定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

(2)パース・成田線

10月29日(土)発の便まで運休される予定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

最新の運航情報は、以下の同社サイトをご確認ください。

○全日空ウェブサイト

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202205/20220517-2.html

なお、全日空は、同社の名前を使用するなりすましメールへの注意を呼びかけており、ご注意ください。

また、運航にあたり、感染拡大を予防するため、以下の取り組みを行っておりますので、ご確認ください。

○全日空ウェブサイト(なりすましメールにご注意ください)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/information006/

○全日空ウェブサイト(感染拡大を予防する取り組み)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice200502/

 

 

日本航空(JAL)

(1)シドニー・羽田線

シドニー発の便は、7月31日(日)まで週3便(火曜日、木曜日、土曜日)で運航される予定です。

羽田発の便は、7月31日(日)まで週3便(火曜日、木曜日、日曜日)で運航される予定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

(2)メルボルン・成田線

メルボルン発の便は、6月18日(土)まで週2便(火曜日、金曜日)で運航、6月19日(日)から7月31日(日)まで週2便(火曜日、土曜日)で運航される予定です。

成田発の便は、6月18日(土)まで週2便(月曜日、木曜日)で運航、6月19日(日)から7月31日(日)まで週2便(木曜日、日曜日)で運航される予定です。

また、それ以降の運航予定については発表されておらず、減便や運休の可能性があります。

最新の運航情報は、以下の同社サイトをご確認ください。

○日本航空ウェブサイト

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220501_05/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220601_05/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/inter/220701_05/

 

 

カンタス航空

政府による規制の緩和を前提として、2022年後半より日本との間の国際線が再開する見込みが発表されています。

○カンタス航空ウェブサイト

https://www.qantas.com/au/en/travel-info/travel-updates/coronavirus/qantas-international-network-changes.html

 

 

ジェットスター

政府による規制の緩和を前提として、2022年より日本との間の国際線が再開する見込みが発表されています。

○ジェットスターウェブサイト

https://www.jetstar.com/au/en/travel-alerts

 

 

ヴァージン・オーストラリア航空

ブリスベン・羽田線について、同社ウェブサイトでは予約ができなくなっています。