オーストラリアの各大学では、様々な教科が勉強できます。

ワークエクスペリエンスが組み込まれてていると、就職活動の際に履歴書に書けるので有利です!

 

 

ワークエクスペリエンスが組み込まれている学科は。。

・ホスピタリティ

・ビジネス

・イベント

・マーケティング

・起業

・スポーツマネジメント

・会計、ファイナンス

・IT

・教育

・チャイルドケア

・看護

・ファッションデザイン

・デジタルメディア

・インテリアデザイン

・ナチュロパシー

・ウエスタン・ハーバル・メディスン

などなど

 

 

※ホスピタリティは、有給でワークエクスペリエンスができます!

また、通常ワークエクスペリエンスは、3年次のセメスターに組み込まれていることが多いです。

 

 

ホスピタリティや看護などは、実践が必要なので、ワークエクスペリエンスが

あるのは想像できますが、ビジネス、IT、マーケティングなどでも経験を積めるのは

その後のお仕事取得の際に大変有効になります!

 

 

現在コロナウイルスの影響で、まだ国境が開いていないですが、

例えば、トーレンス大学の生徒さんの4人にひとりはオンラインでの就学をしていますので、

日本から、オンラインで留学を始めることも出来る時代になっています!

もちろん、国境が開けば、入国して残りの勉強を続けられます。

 

 

現在、各大学が奨学金を出しているので、始めるのにもいい時期かもしれません!

 

 

大学留学について、ワークエクスペリエンスについて、気になるかたはお気軽に♪

エミクまで

Email: emic@visanet.com.au

Tel: 02 9264 1911

Web: http://emic.visanet.com.au/

 

 

その他の最新情報はこちら

ビザに関する情報はこちら

エミクをご利用いただき、無事に学生ビザを取得されたお客様より、ありがたい声をいただきました!

 

 

エミクは、インターネット検索で知りました。

ホームページでは、日本とは違う学校のシステムや種類、経験者のコメントなども掲載されていたので、安心して問い合わせることができました。

エミクで学校を申し込もうと思ったのは、最初に相談させていただいた際、丁寧に対応していただいたことがきっかけです。

 

 

学生ビザ申請の代行サービスについては、コロナウィルスの影響で、学校の日程を変更するなどお手間をかけてしまいましたが、いつも明確、かつ迅速に対応いただきました。

 

最初から最後までとにかく大満足です。一番、感謝しているのは、学校を決める際、こちらのわがままを聞いてくださりながらも、意思をくみ取っていろいろな学校を、詳細を含めて提案いただいたことです。また、ビザ申請の際もそれぞれの書類の書き方を明確に教えていただいたので、まったく困ることなくビザ取得までたどり着きました。

 

 

K.Hさん

ありがとうございます!

Email: emic@visanet.com.au

Tel: 02 9264 1911

02 9098 6921

02 9098 6939

 

Web: http://emic.visanet.com.au/

 

 

その他の最新情報はこちら

ビザに関する情報はこちら

在シドニー日本領事館より、お知らせがありました。

【NSW州】Stadium Australia及びBankwest Stadiumでの大規模スポーツ行事は10月1日(木)から収容可能人数の50%で開催可能

 

 

【ポイント】
●NSW州政府は、Stadium Australia及びBankwest Stadiumで開催されるチケット制かつ着席制の大規模スポーツ行事について、10月1日(木)から収容可能人数の50%(上限4万人)で開催できると発表しました(現行は25%)。
●ただし、観客は着席時以外にはマスクを着用することが期待されます。また、感染者が発生した際の接触追跡を容易にするため、スタジアム内部では区域管理がなされます。更に、場内の多くの区域では1人当たり4平方メートルの規則が適用されます。


【本文】
1 NSW州政府は9月17日(木)、Stadium Australia及びBankwest Stadiumが詳細なコロナ対策計画を提出したことを受けて、両スタジアムで開催されるチケット制かつ着席制の大規模スポーツ行事は、10月1日(木)から収容可能人数の50%(上限4万人)で開催することができると発表しました(現行は25%)。

2 ただし、観客は着席時以外にはマスクを着用することが期待されます(expected)。また、感染者が発生した際の接触追跡を容易にするため、スタジアム内部では区域管理がなされます。更に、場内の多くの区域では1人当たり4平方メートルの規則が適用されます。

3 なお、Sydney Cricket Groundもコロナ対策計画を提出しており、現在NSW州保健省が評価中です。また、NSW州行事作業部会は保健省とともに、MacDonald Jones Stadium、WIN Stadium、Ken Rosewall Arena、Penrith Stadiumの入場者数引き上げに向けて作業中です。


○NSW州政府ホームページ
(Stadium Australia及びBankwest Stadiumでの大規模スポーツ行事は収容可能人数の50%で開催可能)
https://www.nsw.gov.au/media-releases/stadiums-and-economy-to-benefit-from-increased-capacity
(集会・移動制限に関する最新情報)
https://www.nsw.gov.au/covid-19/what-you-can-and-cant-do-under-rules