住育アドバイザー陽子の ~日々前進~♪

2014年住育アドバイザーの資格を取得。
らくらく収納術で、毎日の暮らしをハッピーに★をモットーに、住育の住まいでの暮らしをつづります。


テーマ:
こんにちは晴れ

ご覧いただき、ありがとうございます🙇。

先日、近くの小さな川へ
ホタルを見に行って来ました。
数年前より数が大分減ってきている
ようですが、
なんとか、あの黄色い優しい
灯りが、ポワン…ポワンと
光るのを見つけて
小さな幸せを感じてきました
🍀😆🍀。


数ヵ月前、母が旅立ちました。

母は‘生ききる’姿を私に見せて
くれました。

母は、脳出血で
身体を自由に動かすことが
出来なくなった事と、
声を出す事が出来なくなってしまいました。
自分の意思を伝える術である、
言葉を発する事が
出来なくなってしまったのです。

私にとって有り難かったのは、
母は、頭で理解する事は出来たので、
イエスとノーで
会話のような事は出来ました。

反面、
母にとっては自分の状況が
理解出来ているので、
どんなにか辛かった年月だった
だろうかと思います。

ベッド上での生活が基本でしたが、
残っている機能を維持していく
ためには、
リハビリをし、
出来るだけ車イスに乗り、
自分の口から食べる事をする。
声を出せるようになるための
リハビリもしました。

腕を上げたり歩いたり、
イスに座ったり、
健康な私達には
何も考えずに出来る事ですが、
運動機能を回復させるための
リハビリをしている人にとっては、
鉛を持ったり引きずったり、
抱えているような、
本当に本当に大変で辛い事だそうです。

そんなリハビリも嫌な顔もせず、
私や家族、
介護でお世話になっている方達、
主治医の先生、看護師さん、
リハビリの先生…、
皆に笑顔を見せてくれました。

皆、母の笑顔が好きでした。

体調の良い時ばかりではないので、
きっとリハビリなんて
したくなかった時もあったと
思います。
声を出して言葉にして
「今日はリハビリ嫌だ!したくない!」
と言いたかった時もあったと思います。
そして、愚痴や不満、
感情をぶつけたい事が
あったのではないでしょうか…。

母自身、状況を考えると
笑顔で過ごす事は辛かったと
思います。

でも母は、
最後の最後まで、
私達に優しさ暖かさを
与えてくれました。
私が辛い事があって泣いていると、
一緒に涙を流してくれました。
私が、元気が回復してきて、
「頑張らないといけないね。
エイエイオー!」と拳をを上げると、
母は、一生懸命に一生懸命に、
自由に動かせなくなってしまった腕を、
振るわせながら精一杯…、
ゆっくりゆっくりと…、
私と一緒に…、
「エイ、エイ、オーッ!」と
上げてくれました。

母の笑顔には、
何度も何度も励ましてもらいました。
勇気をもらいました。

ありがとう、本当にありがとう。
貴方の娘で良かった。

心から、…心から、

ありがとう、お母さん…。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。