◼︎お仕事メールは心配り


 

 

 

私たちの事務所には
いろんなお問い合わせや、
ご予約などの連絡が入ります。


電話でもメールでもどうぞ!
と書いていても、その
ほぼ100%に近い割合で
メール連絡です。


便利になりましたよね。


時間を気にせず送れるし
相手の多忙具合にも
気を遣わずにすみます。


でも簡単になった分
内容までチョー簡単な方も。


特に手軽に使えるLINEでの

やり取りは、なかなか笑えることも多々。



「○○を教えて下さい」


「参加します」


これだけを送られてくる方も

いらっしゃいます。


しかもご本名なしで……。

 

 

LINE公式アカウントの場合

ちゃんと名前を記載していただかないと

どこのどなたからなのか

わかりません。

 

 

カンタンなご質問程度ならいいですが

講座やセミナーのお申込みなどは

「お名前をお知らせください」っていう

いらぬひと手間が必要です。

 

 

 


確かに用件は伝わります。


何をお尋ねなのか
何をお求めなのか



推測を重ねるしかなくても……
どうにかわかります。


でも、一緒に仕事をしようとか
何かあったら仕事を頼もう
とは、残念ながら思えません。


私たちの事務所に
接触して来られる方の多くは
起業女性。



すでにお仕事をされているか
これから本格的に
デビューしようとされているかです。


もったいないなあと
つい思ってしまいます。


電話ならまだしも
メールの場合は



顔が見えない
声が聞こえない
ましてやお顔もわからず
お人柄すらつかめない…



初対面のさらに
一歩手前の接触です。


せめて、以下のような点に
気を配られて、
連絡を取られた方が
いいですね。






★最低限、どこの誰かは名乗ろう



★業種くらいは伝えよう



★せめて「こんにちは」から
書き始めよう

 

 

★用件は詳しく伝えよう

(例えば、どの講座へのお問合せか

いつのセミナーへのお申込みかなど、

明記されたほうが、やり取りがスムーズです。)



★最後に「よろしくお願いします」の

一言を添えておこう

 


★文末にも名前を明記しよう



などなど、思いつくまま
書き連ねましたが…。



どんなささいな事案でも
そのすべてがこれからの
お仕事に直結している
行動であることを

常に意識しましょうね。


信頼できる人なのか
一緒に仕事をしたい人なのか


メール一本でも
あなたの度量を
見られています。



出会ったらわかる…では
遅いときだってありますから。



せっかくの技量も器も
最初のコンタクトから
きちんと届けられるよう
ちょっと意識してみませんか?


あ、もうひとつ。


メールを受け取った場合。

 


返信の準備に時間がかかる時は
せめて



「受取りました。
お返事は少しお待ちを!」



ってくらいの返事だけでも
相手先に返してあげて下さいね。

 

「届いたのかな?」って

相手を不安にさせていては

お仕事につながりませんよ。

 

 

初対面の人にお仕事メールを

送るのは緊張する人もいますよね。

日頃から「書くことに」慣れていると

気持ちもラクになるものです。

ブログで「文章を書く」「発信する」

の練習もやっちゃいましょう!

いつからでも入塾OKです!

*画像クリックで詳細案内へ

 

 

■あなたの希望に合わせて「文章講座」いろいろ■ 

■まずは無料メルマガ講座から♪

30秒でわかる! 伝わる文章のコツ「文章カフェ」

毎週月曜 朝8時配信

★現在414名の方が愛読中♪

友だち追加

 

「文章カフェ」をブログで読みたい方にはこちら

 バックナンバーを随時更新中

心くばりで伝わる!400字からのひらがな文章術

 

ブログ塾から起業サポート、補助金申請まで…

各種サポート講座のご案内*メニュー一覧

 

*いずれも青字をクリックしてね

 

■気軽に電話・メールでお問合せを■ 

あなたの強みを言葉に変えて        

成功へ導くブログづくり&

集客文章カウンセリング

はじめましての皆様へ

エルソル広告相談所公式サイト

 

お問合せはお気軽に♪ 

電話でもメールでもどうぞ!

Tel.0795-22-3217

メールでのお問い合わせはこちら

 

★問合せフォームからいただくメルアドのお願い★

ヤフーメールやgメールなどフリーメールでお問合せを下さる皆さま、

こちらからの返信が迷惑フォルダに届いているケースが増えています。

お問合せから3日が過ぎてもこちらからの返信が届かない場合、

一度迷惑フォルダをチェックしてみてください。