先日、ご縁があって「ノートン(TM)モバイルセキュリティ(iOS版)」新製品説明会の末席に名を連ねることができたのですが、その際幸運にも垣間見ることができたのがこちらの様子でした。

 

「東京セキュリティオペレーションセンター(SOC)」

 

この写真は掲載許可付きで頂いた物なのですが、まあ、私達が見ることができたのも大体このような様子。むろん個々のモニターはそれぞれちゃんしたとお仕事中だったわけですが、何しろ「セキュリティ」を扱っているものですからね、写真に撮ることもできないわけです。

 

それにしてもすごいですよね!

 

私は洋画や海外ドラマが好きでよく見ているのですが、その中に出てくる、いわゆる「司令部」とか「○○対策センター」がまさにコレ! うっわ~、映画の1シーンそのものや~!! と心の中で叫んでおりましたよ。

 

ノートンの「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」といえば世界中のPCやモバイルを「脅威」から守る仕事の中心です(参照)。

 

日々新しく生まれる様々な脅威を検知し対処する、いわばサイバーセキュリティの総本山。東京以外、世界でも僅か5箇所しかないという、滅多なことでは人が足を踏み入れることさえできないエリアなのですよ。

 

そんな部屋ですので、当然私達も入っていません。SOCの様子を背後からうかがえる、いわば「控えの間」に入っただけなんですね。

 

その「控えの間」にだって普通の人は入れないそうなので、そこにいた私達は世界でも数える程しかいない、激レア体験者になったわけです。

 

だってね、そこ、構造がエアロックとほぼ一緒なんですよ。まあ、気密室ではないですが、片側のドアが完全にしまらない限り、もう片方のドアが開けられないんです。要するに情報漏洩を防ぐためですね。

 

そして「控えの間」からSOCをうかがえる窓というのが、これまたテレビや映画でおなじみの、取調室にあるようなマジックミラー仕掛けなんです。こちら側からみると

 

ような、というのは向こう(SOC)からこちら側が見えてるのかどうか分からないからと、コチラから見た時に鏡じゃなくて曇りガラスの窓になってるから。でもこの仕掛けが最新式(?)で、スイッチひとつですーっと曇りが晴れて透明ガラスになるんです。するとその向こうに最先端の設備で働くSOCの方々の背中が見えるという仕組み。めちゃくちゃカッコイイ! ホント、映画の登場人物になったような気分でした。

 

このセンターでは24時間365日体制でセキュリティ検知サービスが行われているそうで、私達のPCやモバイルのウェブ上の安全がこの方々の肩にかかっているのかと思うと頭が下がる……というよりもはや拝みたくなりましたよ!

 

やってる仕事そのものは地味そうなんですけどね……。

 

「ノートンの新製品説明会」に参加しました。

 

黒人ピアニストと白人用心棒の旅路 GG賞5部門候補『グリーンブック』特報(CINRA.NET) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00015165-cinranet-movi @YahooNewsTopics

 

>映画『グリーンブック』の特報が公開された。

3月1日から全国で公開される同作は、1962年のアメリカを舞台に、人種差別が根強く残る南部でのコンサートツアーを計画する黒人の天才ジャズピアニストのドン・シャーリーが、用心棒兼運転手として雇ったイタリア系のトニー・リップと共に、当時の黒人が安全に旅をするために欠かせないガイドブック「グリーンブック」をたよりに旅立つというあらすじ。トニー役をヴィゴ・モーテンセン、シャーリー役をマハーシャラ・アリが演じる。

【動画と画像を見る】

公開された特報では、「フライドチキンは食べたことがない」と言うシャーリーに「黒人なのに?」と話すトニーに対し、「大した偏見をありがとう」と返すシャーリーの姿や、黒人であるという理由でシャーリーがレストランでの食事を拒否されたことにいら立つトニーの様子、シャーリーの演奏にトニーが声援を送る場面などが確認できる。

同作は父であるトニー・リップからシャーリーとの旅の話を聞いた息子ニック・バレロンガがプロデューサーとして映画化した実話。『ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞』で作品賞を受賞したほか、先日発表された『第76回ゴールデン・グローブ
賞』にも5部門でノミネートされている。

 

 

 

 

 

 

『ボヘミアン・ラプソディ』で話題!ベン・ハーディが激変(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000006-flix-movi @YahooNewsTopics

 

ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのドラマー、ロジャー・テイラーを演じ、そのイケメンぶりが話題のベン・ハーディが、15日公開の映画『メアリーの総て』(2017)に出演している。

【動画】ベン・ハーディ インタビュー

 小説「フランケンシュタイン」の作者メアリー・シェリーの半生を、『マレフィセント』のエル・ファニング主演で映画化した同作。詩人のパーシー・シェリー(ダグラス・ブース)と駆け落ちした後、さまざまな悲劇に見舞われたメアリー(エル)が、失意の中で傑作を生み出す。ベンはメアリーの友人となる「吸血鬼」の作者ジョン・ポリドリを演じた。

 『ボヘミアン・ラプソディ』では長いブロンドヘアをなびかせていたベンだが、本作ではダークトーンの髪色でイメチェン。ロジャー・テイラーを演じたときと比べると髪の長さもずいぶん短く、まったく違った印象で、19世紀の時代設定に合わせたゴージャスな衣装を着こなしている。

 

 

 ベンは「この映画が初めての時代映画だった。過去に舞台では近い時代のものの経験があるけど、前回は使用人の役だった。今回の映画ではこんなにゴージャスな衣装を身に着けることができたんだ」とご満悦。

 本作に出演するにあたって「あらためて『フランケンシュタイン』を読んだよ。昔、学校で読んだことがあるけど」といい、「この時代やロマン主義について学ぶのは、18歳の頃に戻ったみたいで面白かった」と明かしている。(編集部・中山雄一朗)

 

映画『メアリーの総て』はシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほか全国順次公開中