首都高速や、阪神高速、
新神戸トンネルなど、
有料道路が日本には、

たくさんあって、

しかも、その値上げが
実施されています。


特に、現金払いの
実質値上げが著しいですね。

阪神高速の道路料金も
実質値上げとなりました。


すごいことですよね。


あれを現金で毎回まともに払っていたとしたら、

相当額の負担を強いられることになります。


最近は夕立ちもひどいですし、

夕方だけでなく

朝方もかなり雨が降ることが多いです。


そうすると、
雨の中、
現金での支払いをおこなわなければならず、

小銭のやりとりや、

ちっちゃな小銭の紛失、

従業員別々に

会社の交通費の管理をしなければならないなど、

現金での交通費のやりとりには、
非常に面倒で、

デメリットが多く存在する方法となってきました。


そこで、ETCカードというのも、

発行されるようになってきましたが、

これも、一長一短で、
年会費がべらぼうに高かったり、

そもそも、審査に通らなかったり、

リボ払いの仕組みをよく知らないまま、
もうしこんでしまったため、

余分の利子付きで、

結局めちゃくちゃ高い料金を支払っていることになっているのと

同じ、なんていうこともあったりするようです。


みんながみんな、
全ての細かな規定に通じているわけではありません。


面倒くさいことは
なるべく避けたいという人が
大半を占めますね。


そういう状況の中にあっても、

割引が十分効いて、

お得なETCカードを
どうやって、合法的に、
複数枚発行してもらうことができるかについて、

まとめましたので、
これから、

記事を沢山書いて、更新していこうと思います。


高速道路だけでなく、
地方の有料道路、

有料のトンネルを利用する時に、

現金で支払う、というのは、

ほとんど誰にとっても、

メリットがない時代になってきました。


もちろん、現金での支払いに、
強い、こだわりがある方もいらっしゃいます。


その人の感覚にも一理ありますね。


「財布から現金がなくなっていくと、
その分だけお金を使ったということ。

どれだけお金を使ったかがわかりやすく、
使いすぎることがない」


確かにその主張にも一理あります。


ただ、会社を運営していたり、

複数人で、
別々のカードを使用したい、
別々の車を使用して、
どれで何を使ったかを、

一元管理したいというときもあります。


そういったときに、
上手にETCカードを活用できるのです。


でも、一口にETCカードといっても、

ものすごく沢山の種類がありますし、

クレジットカードとのひもづけになっているものが

ほとんどです。


そういう 状況の中にあっても、
ETCカードを上手に活用して、
有料道路を賢く利用する方法をまとめましたので、
今後の記事にどうかご期待くださいね。

AD