こんにちは

【仙台】タロット・西洋占星術
関係再生カウンセリング 

Linterna 仙台 八巻 幸子 のブログ

にご訪問頂き、誠に有難うございます。

 

 

 

 

10月16日(水)~のご予約可能日

は以下のようになっております。

 

10月16日(水)

 

16:00~20:00

 

10月22日(祝)

 

11:00~14:00

 

10月23日(水)

 

15:00~20:00

 

10月26日(土)

 

11:00~14:00

 

10月27日(日)

 

11:00~18:00

 

10月30日(水)

 

11:00~20:00

 

11月3日(日)

 

11:00~18:00

 

11月6日(水)

 

15:00~20:00

 

11月13日(水)

 

11:00~20:00

 

 

その他日時、応相談

ご予約・お問い合わせ

お待ちしております♡

 

※ セッションについては    

   こちら から

 

※ セッションメニューについては 

       こちら から

 

※ お問い合わせ・御予約は

     こちら から

 

こんにちは
【仙台】タロット・西洋占星術
関係再生カウンセリング

Linterna 仙台 
八巻 幸子 の
ブログをご訪問頂き
誠に有難うございます。


残暑ですね、いかがお過ごしでしょうか?

またしても 大雨・台風・水害・・・。

10年前は、どうだったでしょうか?


先日、偶然にも地球温暖化を本格的に特集した番組を見ることができました。千葉県を襲った台風の影響を目の当たりにしてのことでしょうか?

地方在住のわたしは

いつも思ってしまいます。

やっぱり首都圏に大きな被害が及ばないと
国は動かないんだな~と。

そして、情報に溢れた社会では
喉元過ぎれば、熱さを忘れてしまいます。
各地域での大規模な地震被害も

忘れ去られているように思われてなりません。

生きているだけで、次から次へと

溢れるほど届けられる
様々な報道

事件や情報と目まぐるしい毎日

最も大切なことが

後回しにされているように

思ってしまうんですね。

先日、娘がオーストラリアへ短気留学しましたが、オーストラリアという国は自然と動物愛護精神にあふれた、いろんな意味でゆとりに溢れる理想国家なんだそうです。大人でも就寝は21時~22時とのこと。オーガニック大国としても有名ですね。


まずは、わたし達ひとりひとり

自分に・地球に優しさを向けられる

ゆとりを得てからしか

地球温暖化対策は

進んでいかないようにも思います。

また、非難めいた書き出しで、申し訳ありません(苦笑)


今日は、タロットカードの

 

ソードのキング のお話

78枚から構成されるタロットカードは

22枚の大アルカナと呼ばれるカードと

56枚の小アルカナと呼ばれるカードで

構成されています。

小アルカナはトランプの原型となったとも言われていて、A~10までの数札とペイジ(小姓)・ナイト(騎士)・クィーン・キングの4枚のコートカード(宮廷の住人)から成り立ちます。
 

ワンド(棒)・カップ(聖杯)・ソード(剣)・ペンタクル(金貨)の4つのスートに分かれていて、4つのスートは 万物を構成するエレメント(基本的要素)である火・地・風・水に対応し、スートは、それぞれが人間を突き動かす4つの動機を表し、A~10までの数札はそれぞれのスートの特性においての人間の成長を描いています。
 

ソードが描く人間の成長の物語は、様々な知性の働き方や思考や、心の中の出来事を経験する中での思考や価値観の成長過程を描いています。

そして、A~10までの数札で得た経験をした人物達が、ペイジ→ナイト→クィーン→キングの4枚のコートカード(宮廷の住人)とされます。

ソードのキングは、ソードという一連の物語を経験する中で、ペイジ→ナイト→クィーン→キングと成長を重ね、スートの特性(知性・理性・専門的な知識・技術・判断力・ディスカッションや)の能力を極めた者されるため、人物像として外科医師や弁護士、裁判官などの司法、行政や高級官僚。また、専門的な知識・技術を持つ熟練者、百戦錬磨などと表されます。

また、鑑定の場では、クィーンとキングで出てくることの違いとして、クィーンがその出来事に対して、情緒的、女性的、受け身であることに対し、キングは情熱とプライドとを持ち、能動的であることが伺えます。

人物としてソードのキングが出てきた場合、医師や司法・行政に関わる人物とリンクするケースは少ないように思われ、その人のホロスコープ上で風のエレメントが多い(または力を持っている)方やカウンセラーの方にも出てくるカードです。


また、逆位置になった場合

残忍な人物や、犯罪者

反社会的勢力との解釈もあるようですが

知性や思考、コミュニケーション能力を
自分の都合のいいように扱い
独善・独裁的、かつ狭い視野・独自の了簡で物事を
絶対と信じて判断している人物のように思われます。

優しく言うと、逆位置で出てくる理由として

何らかの理由・原因のもとに
知識や判断力を駆使することで
自分を守っている状態で

本来の力を

正しく使えていない

ということではないでしょうか?

ソードは 風 で知性と思考

言葉によるコミュニケーションを表します。
 

ソードは身体に傷を負わせますが

使い方次第で言葉や策力もまた

見えない刃となり心を傷つけてしまい

そちらのほうが深手を負わせることが

多々あります。

 

客観的な分析で

公正に物事を見極める

知性を持つ、厳格な人物


それが本来のソードのキングの姿です。

 

 

 

※ セッションについては    

   こちら から

 

※ セッションメニューについては 

       こちら から

 

※ お問い合わせ・御予約は

     こちら から

 

 

 

このお話の前編は こちら から

 

 

「 相手の立場になって考えましょう 」



それは常識というよりは

 

モラルの部分

大量のお酒を飲んで

 

荒れ狂う祖父と父と

そんな環境で

苦悩しながら家事・育児

 

仕事をしていた母に対して

幼いわたしが

 

「 相手の立場になって

考えて発言した時に 」

祖父、父、母が

 

涙を流して喜んだり

 

素直な心の内を吐露して

ほんのひと時でも

 

ラクになってくれたんですね

それは、魔法だったのかもしれません

「 相手の立場になって考えて

発言した時に起きる、奇跡 」

そして、幼いわたしは

「 まず、相手の立場になって考えよう 」

と自分で決めたんですね。

 

安全に生きる術でもあったんだと思います。


わたしの気持ちとか、考えは

 

置き去りのうえに、封印されていたことは

言うまでもないのですが。


そして、その生きる術を

 

ず~~~っと

 

無意識に使って生きてきましたが



対人関係で、ネックになるのも

 

いつもここでした。



「どうして

相手の立場になって

ものを考えないんだろう?

この人は

自分さえよければいいの?

 

ひどいよ、相手の人、可哀想だよ・・・」




自尊心が崩壊して

 

わたしが鬱病になった時の原因が

 

これでした

そう

「 どうして

 

相手の立場になって

 

ものを考えないんだろう?

この人は、自分さえよければいいの?

 

ひどいよ、相手の人、可哀想だよ・・・」




…これは、わたしからの

「 自分を大切にしてよ!!! 」

のメッセージだったんです。




「 相手の立場になってものを考える 」

それは、いわゆるまっとうで

 

賛否が起きないくらい当然な

 

考え方で(とわたしは思っていた)

そこに疑問を感じたことが

 

まったくありませんでしたが



「 それが、行き過ぎていて

自分を痛めているモト

 

だということに気付きなさい

 

 

そして
 
同じことを
 
わたしがわたし自身に対して
 
やってますよ

 

それに気付いて!! 」




ということだったんです。

 

だから、わたしの周りには

「 かなりの自分さえ良ければいい人 」
「 自分だけが頑張っている人 」
「 自分だけが可哀想な人 」
「 自分の話ばかり聞いてほしい人 」

が多かったわけなのです。

 

わたしの中にある

 

それを体現してくれていたんですね

 

わたしに気づかせる為に。



誰かの刷り込みによるものは

 

本来の自分とはもともと異質なので

 

疑問が沸き起こるので

 

気が付きやすいものです。

あの人に言われた

 

あの人にこうされた とか


でも

自分で決めたことというものは

自分自身の最も深い部分に存在していて

気付きにくいものなのかもしれません。




この部分が

 

西洋占星術での

 

月 の部分なんでしょうね。


月はその人の幼少期や

 

素のその人を象徴します。

月の年齢域は0~7歳

潜在意識は7歳で閉じる

 

と言われています。


わたし自身

 

あまり自分の月星座が魚座

 

だということに

しっくりきていなかったのですが

無意識的に

誰でも愛そうとし

 

受け入れようとする優しさを

持っているから

「 相手の立場になって 」

という形の「 自己犠牲 」


をしていたことがわかりました。


やっと届いた声。


女性にとって月は心の基盤であり

植物の状態に例えると

心の土壌や根っこと言われています。

自分の根っこがどのような状態であるか

理解することで、メンテナンスの仕方も変わってきますね。

まずは

 

御自愛・SelfLove

 

ということですね。

そうすることで、自分自身が心地よく

枝葉を広げ

 

花を咲かせることができるのでは

 

ないでしょうか?


あなたの月星座は 何座ですか?



 

 

 

※ セッションについては    

   こちら から

 

※ セッションメニューについては 

       こちら から

 

※ お問い合わせ・御予約は

     こちら から