2月14日バレンタインチョコバレンタインにちなんでチョコレートパーティー音符を二日間にかけて行いました!

今年はチョコレートフォンデュをやりましたキラキラ

初めての利用者さんが多く、見ただけで笑みが溢れ爆  笑やる前からウキウキルンルン

今回の材料は、バナナ、さつま芋、バームクーヘンの3つでやりました。

材料を切り、チョコに付けるだけのお手軽で簡単でしたが皆さん喜んでやられてました。

写真を見るだけで楽しさが伝わりますね照れ

意外に一番さつま芋が好評でした気づき

皆さんもさつま芋チョコお試しあれ笑

 

 

先週は【いろいろなゲームを楽しもう♪】週間という事で、珍しいゲームを3種類楽しみました爆  笑

 

【ディスゲッター】

かわいい動物が書いてある的に、フライングディスクを投げ、的を落としていくゲームです。

ディスクがなかなか思う所に飛ばず、みなさん苦戦していました笑い泣き

 

【バッゴー】

離れて設置したプラスティックボードを目掛けてビーンバックを投げる的入れゲームです。発祥はアメリカだそうです。

ボードには丸い穴が1か所しかないので難しいように見えますが、意外とポンポン入れる事ができ、みなさん嬉しそうでしたウインク

 

【ボッチャ】

目標のボールに向かってボールを転がし、相手より近くにボールを置いた人の勝ちというゲームです。なんとパラリンピックの正式種目だそうです。

最初は勝っていても最後の一投で大逆転する事もあり、みなさん盛り上がっていましたチュー

 

普段できない珍しいゲームをしながら、みんなでワイワイと交流を深める事ができました音譜

 

先日、インクルーシブフットボールフェスタ2023!!に参加させて頂きました。

インクルーシブとは「包括的、全てを包みこむ」という意味であり、その言葉の通り健常者も障がい者も関係なく、全てを包みこんでサッカーを楽しもう!という素晴らしいイベントでした。

サッカー関係者、茨城県支援学校職員、一障害を持った方々が集まり、様々な人たちと交流しサッカーを楽しみながら「アンプティ」「デフ」「ブラインド」の3種類を体験してきました。

 

【アンプティサッカー】

上肢や下肢に切断や障がいがある方のサッカーです。

下肢に障がいがある方はフィールドプレイヤー、上肢に障がいのある方はゴールキーパーで、クラッチという杖を使って移動をしながら片足でボールを操ります。クラッチでボールを触ってしまうと反則になるそうです。

この日は日本代表選手が指導してくださり、初心者の方はクラッチの扱いに慣れるまでなかなか難しそうでしたが、その方はとてもスムーズに移動し華麗な足さばきを見せてくれました。

 

 

【デフサッカー】

聴覚に障がいがあるサッカーです。

この日はイヤーマフをつけて試合をしました。

ルールは普通のサッカーと同じですが、声でのコミュニケーションが取りづらかったり、周囲の音が聴こえづらいので、周囲の状況確認や連携にいつも以上に集中力を使うようでした。

 

 

 

【ブラインドサッカー】

視覚に障がいがある方のサッカーです。ボールの中に鈴が入っており、ボールが転がると音が鳴り場所を教えてくれるようです。

この日はアイマスクをした状態でボールを探したりドリブルをしたりしました。真っ暗闇の中で歩くだけでも大変そうでしたが、指導員の方が手を叩いたりボールの音を鳴らして正しい方向へと導いてくれました。

 

 

えくぼのご利用者様にとって初めての体験ばかりでしたが、一生懸命にボールを追いかけ、楽しんでいる姿が見られました。

サポートしてくれた指導員の方々、支援学校の先生方、貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

また是非参加させてください♪♪