東京練馬にある弦楽器工房 江古田ストリングス

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの販売・修理調整、音楽スタジオ併設♪商品のご案内や修理の様子、日々の出来事などを発信中!


テーマ:

こんにちは!江古田ストリングスの熊之助です。

久しぶりすぎて忘れられていそう…。

 

 

1905年製のフレンチバイオリンを仕入れ、只今オーバーホールに取り掛かっています。

 

ラベルにはGEORGES CONTAL PARIS

 

とあります。

 

表板をオープンして、中のつくりを確認したところ、非常に精密に作られています。

量産品ではなく、一人の職人が責任を持って、丁寧に仕上げた作品だと思われます。

 

これから、各部分の痛みなどを綺麗に修復して、お客様にお見せできるようにしたいと思います!

 

気になる方は是非ご連絡を!

試奏のみのご来店も大歓迎です。

 

TEL 03-3994-2333

お問い合わせ・ご予約フォーム

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ヴァイオリン」 の記事

テーマ:


ビオラのウルフトーンで悩まれている方も結構いらっしゃるようです。
探しても売っていなかったので作りました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近バイオリンの毛替えで、ぽつりぽつりと黒毛のご注文をいただきます。
流行っているのでしょうか?
強くはっきりとした音の立ち上がりが得られるそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



製作したテールピースとお客様の持ち込まれたアジャスターを組み立て楽器に取り付けました。
テールピースの下に付けた石はラピスラズリという石だそうで、アジャスターネジとの組み合わせがなかなか良い具合です。
音に関しては、お客さまいわく、張りが強くなることもなく、音の響きが豊かになったとのことでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕上がりはこんな感じになりました。

ペグボックスの向こうから手を回して弦を押さえるわけですが、スムーズな運指をするのは結構大変です。親指の位置等、演奏しやすくするために検討がいるようです。

その後、お客様から話を聞く機会があり感想など教えて貰いました。実際に演奏した時には前記のポジションの押さえかたが、どのようになるか等を聞き、大変参考になりました。今回のエクステンションもまずまずの評価を頂きました。
次に製作する機会があれば頂いた意見を取り入れてさらに良いものを作りたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
普通Cまで指板を延ばしますと、以後ずっと長い弦を使い続けなければいけませんが、今回は指板に細工をして、レギュラーサイズのE線も使えるようにしました。
弦を通す穴には真鍮のパイプを埋め込んで、すり減らないように補強致しました。


雑音やE線のレバーの操作性などの微調整ををしてから色を塗りました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。先日とあるお客様より、Cエクステンション取り付けを依頼され製作いたしました。


まず弦の延長線をはかり位置を決めたら、
細い木を切り出し渦巻きの窪みや毛箱のカーブに合わせて削り合わせます。




次の写真はいきなり黒檀の接着後になっていますが、黒檀接着に当たっては弦の高さがどうなるか決めなくてはなりません。
弦長が延びる分考慮しなくてはならないことが幾つか有ります。


Cの位置を測っているところです。
今回のご注文はCまでと言うことと、弦を押さえるレバーはEのみでよいとの事でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。