こんにちは、看護師の高橋です。
5月も半分が終わりましたが、最近は暑い日と寒い日の差があり体調を崩しやすくなる方も多いのでしょうか?
そこで、今回は5月に多い病気を調べてみました。
5月は4月同様、自律神経の影響と入学や就職、昇進、転勤、引っ越しなどで新しい生活が始まり、疲れていた所にゴールデンウィークがきて、学校や仕事に行きたくなくなるいわゆる5月病が多い月でもあります。そんな5月に多い病気は、ストレスによる病気である機能性胃腸障害や過敏性腸症候群、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などが挙げられます。
 
機能性胃腸障害とは、ストレスなどが原因で胃腸の動きが悪くなり、胃カメラや大腸カメラなどの検査を行っても全く異常が無いにもかかわらず、胃の痛みやもたれ感、焼けるような感じ、膨満感などの症状がみられる病気です。
 
過敏性腸症候群とは、ストレスなどで下痢や便秘、腹痛、お腹の張りなどの症状がみられる病気です。機能性胃腸障害同様、検査を行っても異常は見られません。朝出勤や登校する時、または授業中や仕事中などの特に緊張する時に、腹痛や下痢を頻回に起こすのが特徴です。これら二つの疾患の治療の方法としては、まずは自律神経の調整を安定させるために、暴飲暴食や喫煙、多量のアルコール摂取を控えて規則正しい生活を送るように心掛けます。次にストレスの原因となっているものを把握し、それを取り除くことができるのであれば取り除く。それでも改善しない場合は、消化器内科での薬物療法や、心療内科などでの心理療法や薬物療法が必要と考えられます。
 
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因の一つにストレスがあります。ストレスは胃酸の分泌量を増やし、粘膜の修復を弱らせることによって潰瘍の原因となります。症状としては、多くはみぞおち付近の痛みやムカムカ感であることが多いですが、無症状の方もいます。
ストレスは、環境や人間関係によるもの、栄養不足からくる肉体的なストレスもあります。
ストレスの原因となるもの(ストレッサー)は、「嫌なこと」「悲しいこと」「辛いこと」だけではありません。ストレッサ―になり得るのは、マイナス感情よりむしろ「変化」という刺激です。通常の状態に変化を及ぼす刺激こそが、ストレッサーの正体。だから、「嬉しい」ことや「楽しい」ことも、すべてストレッサーになります。
環境が変化する時は、自然とストレスが溜まりやすくなります。異動や転勤の後、非常にわくわくする環境変化であっても、「うつ」を発症するようなケースは珍しくありません。
だそうです。
 
5月は色々ストレスが多い月ですが、無理せず程よく発散して、頑張りましょう!!