こんばんは。看護師の中村です。
新型コロナウイルスへの感染対策として、加湿器の売り上げが前年同時期に比べ約2倍に増加しています。(民生用電気機器自主統計)
そこで、今回は加湿器を使用する際の注意事項についてお伝えします

*超音波式加湿器の注意点
加湿器のタンク内の水を何日も交換せずに使用すると、水の中で細菌が増殖。その菌が空気中にまき散らされ、吸い込むことで加湿器肺炎を引き起こす可能性があります。

免疫力が落ちている人がかかる細菌性の肺炎は、放置された水の中で増えたレジオネラ菌などを吸い込むことで発症します。重症化しやすいのが特徴です。

健康な人もかかるアレルギー性肺炎は『過敏性肺炎』と呼ばれます。加湿器の中で増殖したカビなどを繰り返し吸い込むことで肺が過敏に反応し、加湿器をつけるたびに、咳や発熱、悪寒、息切れなどの症状がみられます。

最も重要なのは、タンクの水を毎日交換すること。
1日1回水を替えれば、カビやレジオネラ菌などの繁殖はほぼ防げます。その際、タンクの内側を水でふり洗いして、古い水が残らないようにします。

過敏性肺炎の場合、診察を受けても加湿器が原因とわからず“治りにくい風邪”と診断されてしまう可能性があるようです。超音波式の加湿器の水を交換せずに使っている場合、診察時に加湿器を使っていることを伝えてみてください。

毎日水を交換したり、使用しないときは洗って乾燥させる、簡単のようで以外と面倒くさいですよね。加湿器肺炎を防ぐためにも日々のルーティンの中に手入れする時間をぜひ取り入れてみてください。