ほどいた糸は縮れていた
蒸気を当てて伸ばしていく

いつの間にか
編む手の力加減が変わってしまい
他のと違ってしまったの

手編みではよくあることだから
途中で確認しながら編み進めていくんだけど。。

ほどきながら。。

絡んでいた気持ちをほどいていく作業をしているんだなと思った 

自分をどう見せたかったのか
望んだものとは違ってる心の模様
縮んでいた心を見せてくれてるようだった


素直に☘️そう言っているように聴こえてくる

大好きと思う気持ちがある

猫が好き
料理が好き
これは、存分に好きって言う気持ちを満喫できる

人を好きになると
時として幸せだけでいられなくなる
どうしてあんな態度とっちゃったのかしら
あの言葉は何かしら?
嫌われちゃった?

そんなときカードを引くと
BRIGITがあきらめないでと言ってくる
猫や料理ならこの気持ち変わらないけど
人だと求めてしまうからかしらね

自分の気持ちにまっすぐでいようよ
そう言ってくるのです

いつの頃からか、焦燥感…何かをしなければ存在価値がないと思う節が…

関わりによって起こる事を煩わしいと思う気持ち、それを対処していくことに気力が萎えてるなと感じる時があった。

“一人で居る”ことに身を置いてみようと、ふと思った。

誰かに何かに置いていかれるような不安感に包まれる時、その気持ちは本当?と問いかけてみる。
それは消えてしまう時もあれば、残るときもある。
関わりを持っていても、一人になっても、思い方の感じ方の癖は癖なのだ。その本人の愛すべき特有の個性にも通じるところなのだから。
問題と思い込み、問題を問題にしてしまうループにはまっていることに気づくと、不安が残ってもそれを問題視しなくてすむようになっていった。
焦燥感不安感に移行させてしまう、“思い型感じ型”を使ってただけということですわね(^^;

あっ。。えっと。。。
カードを観て話そうとしていたものと、違うことが出てきてしまいました(^^;

まっ、今なのでしょうね♪
カードリーディングはまたいつか✨





友達はいないと言うの。
でも、彼を友達と言う人達や
好む人達はたくさん知っている。

この日
彼の会社の人達が遊びに来てくれたの。

我々と同世代の両親を持つ人達。

私から見たら

子供と言ってもよいような年代の若者をも
友達にしてしまうあななのですけどねぇ





お題 
“育てなくっちゃ❗どのように?”

カードを引いていきながら
あれ?あれ??あれ???と、
思っていたのと違うと感じる私。

今の相手との関係性では
育てるということは
強いて何かをすることでも
させることでもないのだなと
全体のカードを観ながら
気づいていきました