精霊流し | 株式会社エイトクリエイションのブログ

株式会社エイトクリエイションのブログ

福岡の不動産会社で、
売買・仲介・賃貸・賃貸管理と
不動産全般を取り扱っております。
よろしくお願いします!(^^)!

 

 

みなさまこんにちはUMAくん

 

お盆休みはゆっくり出来ましたか?

ご旅行に行かれた方もいらっしゃるかと思いますグラサンハート

私は、長崎に帰省しておりました~!!

 

 

毎年長期の休みには必ず帰っているのですが

今回は地元をすごく感じられる帰省となりました乙女のトキメキ

 

 

長崎のお盆の定番行事として「精霊流し(しょうろうながし)」が8月15日に行われます流れ星

精霊流しとは、初盆の故人の御霊を「精霊船(しょうろうぶね)」

と呼ばれる船に乗せて極楽浄土へ送り出す行事ですくるくるおすましペガサスおすましペガサス

 

 

長崎市の精霊船は、家紋が入った提灯で飾られるのが一般的のようですが、
私の地元、島原市の精霊船は、ちょっと違います!!

 

 

↑長崎市

 

 

 

 

↑島原市

 

 

灯ろうと言われる、独特の灯ろうを飾りつけ、

地域や、町内、などから船が出されるため

一船の大きさが長崎市の倍以上にもなるのです!サーフィンサーフィン

 

(余談ですが、高校生の時にこの提灯を作るアルバイトをしていました~目笑)

さらに、実際に海に流さない長崎市とは異なり、

精霊船を有明海に流すという昔ながらの伝統が保たれています星星

 

 

南無阿弥陀仏が訛った、「なまいど」という掛け声で練り歩き、

要所で練り回しをしながら流し場まで運んでいきます!

 

ちなみに練り回しは福岡でいう、山笠の追い山のようなものですくもり乙女のトキメキ

 

 

 

そして、精霊流しの特徴である、爆竹!!!!

町を練り歩く間も、止まっている時も、練り回しの時も

常に爆竹が鳴っています。

ほんとに超大量の爆竹を鳴らして歩きます。

基本的に爆竹は箱単位で火をつけるので、想像を絶するうるささですw

 

 

 

練り回しの時には、箱単位の爆竹を一気に何箱も火をつけるので

爆竹とは思えないほどの音と、火事かのような火と煙がでます!!

どれくらい大量に爆竹を鳴らせられるかで

その船ごとの気合いと力具合が分かるそうなので

(と、精霊船を担いでいた友人が言っていましたw)

みな、全力で爆竹鳴らします。w

 

 

 

 

 

 

 

10年ぶりくらいにちゃんと最後まで見に行きました~グラサンハートグラサンハートグラサンハート

 

子供のころは何も思わなかった精霊流しですが

大人になって改めてみると

伝統とか、火傷したり倒れたりしながら練り回しを行う姿、

関わる人たちの気合や熱気に、

なんでしょうね。すごく感動いたしました手ラブラブ

 

 

 

皆様にも一度は是非見てほしいなーと、ほんとにほんとに思います!!

 

ごくごく当たり前にあるから

気にも留めていなかったものが

大人になったり、環境が変わって

良さに気づくことってありますよねラブラブ100点

 

 

島原の良さを再確認できて、とても良い帰省となりました乙女のトキメキ

 

 

 

それではくるくる