おにぎりです。

5月に150名の回答をいただいた、A社の妻アンケート。

レポートがようやく完成しました。ご報告させていただきます。ご協力いただいたみなさま本当にありがとうございました!

eightラボでは女性のキャリアに特化して、メンバーがテーマを持って研究しております。ラボとしては、他機関では得難いニッチな調査をして、社会に働きかけていきたいと考えております。今回もかなりニッチな調査では有ますが、今後三河地域に企業さまに良い提案ができるなぁと思っております。しっかり役立てていきたいです。

*こちら、2016年にも実施し、A社の人事へも提出させていただきましたが今回ももちろん提供させていただく予定です。

 



以下、レポートより転載。参考にしてください。

=======================

[1]調査概要

実施方法|主にインターネット、SNSで依頼しアンケートフォームに回答

回答者 |150名

調査期間|2018年5月9日~5月22日

実施者 |株式会社eight 愛知県豊田市西町2丁目33番地1 TEL 0565-41-8871 


豊田市近郊に現住所のあるA社に勤務する夫を持つ育児中の女性に回答を依頼した。SNSを通じての回答依頼であるため、回答者にインターネット利用者という偏りはあるが、昨今のインターネット利用率を考慮しても十 分な回答結果を得られたと考える。以下、結果について要約し、データを抜粋して掲載。最後のまとめでは提案もさせてもらっている。今回の調査結果が少しでも女性活躍推進の参考になれば幸いである。

[2]回答者について

①回答者属性

豊田市近郊の30代~40代が多くを占め、子育て中の女性が回答  

()内数字は前回調査数値

回答者の72(74)%が豊田市在住で、他は近隣の市町村に在住(図1)。出身地が豊田市の妻は27%、その他愛知県含む東海地方、関東甲信越出身者と続き、市外県外出身者が大半を占める(図2)。 年代は30代が70(69)%、40代が22(12)%、 20代が7(14)%(前回と比較し40代回答者増、20代回答者減:図3)。子の人数は2人が55(38)%最も多く、続いて 1人が27(48)%(前回と比較し子ども二人世帯回答者が増、一人世帯回答者減)(図4) 末子の年齢を見れば、7割強が未就学児のいる家庭であり(図5)、9割以上が核家族世帯となっている(図6))ことが分かる。

今回の調査も、出身地を離れてA社勤務の夫と結婚し、核家族の中で子育てをしている女性たちが回答者の多数を占めていることを強調しておきたい。

②妻の就業状況とキャリア感

「働いていない」妻は20-30代、末子の年齢が未就園児の場合がほとんどで、「働きたい」という意欲が強い。「働いている」妻は経済的理由よりも、やりがいや社会貢献が理由で就業している。

何らかの形で仕事をしている人が63%と前回調査と比較して12%増加(図7)。ワーキングマザーの回答者が多いのも今回調査の特徴となった。

妻の年代別就業状況では、20代のうち6割が「働いていない」と回答。30代から40-50代と年代が上がるにつれて「働いている」人が7割以上となり、さらに働き方が多様化していることがわかる(図8)。

就業状況別に「働く意欲」について聞いたところ、条件次第という回答も含めて「働きたい、働き続けたい」という回答が全ての就業状況で過半数を超えた(図9)。働いていない人の中で「働きたくない」と答えた人がわずか9%であったことからも、妻の働く意欲と実際に大きなギャップがあることもわかった。

「働いていない」妻の7割に未就園児の末子がいることがわかった(図10)。先のデータと照らし合わせると、働く意欲はあっても末子が幼いために働いていない状況がありそうだ。一方で正規社員においても未就学児をもつ女性が多くの割合を占めている。個人事業主やパート・アルバイトの就業形態を見れば、末子の年齢は様々。正規社員で続けることの難しさを感じ取れるデータとなった。

「働いている」妻の働く理由について聞いてみると、「お小遣い稼ぎ」「生活費」などの経済的理由よりも、仕事の面白さや好き、社会貢献などの自己実現を理由とする回答が上回った(図11)。

図9でも明らかになったように「働いていない」妻のうち8割以上が「働きたい」と答えているが、なぜ働かないのか理由を聞くと「家事・育児を重視したい」という回答が多数を占め、次に「預け先がない」「時間がない」と続いた(図12)

 

③夫について(妻が回答)

夫の年齢も30代-40代が9割近く、日勤帯の担当職、主任職クラスが多数を占める(図13、14、15)。

④夫の働き方について(妻が回答)

2016年調査時と比較して夫の1日の平均労働時間が大きく減少。一方で日勤帯の主任、管理職クラスにおいては12時間以上と回答する割合が高く、主に事技職については責任の重さと労働時間が比例していることがうかがえる。

妻目線から夫の1日の平均労働時間を見てみると、2016年調査の時と労働時間が減っていることがわかる(図16)。特に12時間以上働いている夫は38%から22%と大きく減少。働き方改革が進んだ成果が表れているのかもしれない。

しかし、一方で勤務体系別役職別平均労働時間で詳しく見てみると(図17)、日勤帯の主任、管理職クラスでの長時間労働傾向が顕著であることがわかる。回答者世帯の5割が主任、管理職クラスであることも踏まえると、働き方改革による労働時間削減の次のターゲットとして事技職の主任、管理職クラスへの働きかけを強化する必要がありそうだ。特に未就学児の末子をもつ核家族世帯が多く、妻が「働きたいのに働けない」理由として「家事・育児」の負担が大きいことは前述の通りであるため、夫の労働時間削減が家事育児の時間に寄与する可能性があるのなら、ぜひ力を入れて欲しい。

⑤夫のワークライフバランスと制度利用状況について(妻が回答)

3歳以下の子を持つ夫でも「仕事優先」「時々仕事優先」という回答が多く、働き方に関する制度利用は進んでいない結果に。制度について「全く知らない」「あまり知らない」という回答が約6割と妻の認知度の低さも明らかになった。

 

図18は妻目線で夫のワークライフバランスについて答えてもらい、末子が3歳以下と全体を比較した。「常に仕事優先」という回答では3歳以下の末子のいる回答は全体を下回ったものの、「常に仕事優先」「時々仕事優先」を合わせれば、ほぼ同じ状況である。

こうした状況の中、妻は夫に対してどのような働き方や生き方を望んでいるのだろうか。図19では「妻が夫に望むワークライフバランス」について集計。「自分のやりたいことや健康を大事にして欲しい」「会社の制度や福利厚生を使ってワークライフバランスを実現して欲しい」に対して88%が「そう思う」「ややそう思う」と回答。給与や昇進昇格、家事育児への貢献よりも夫自身のキャリア(仕事を含めた人生)を大切に思っていることがわかった。

しかしながら、その利用して欲しい「制度や福利厚生」について、内容や利用状況についての妻側の認知度が低いという事実も判明。「全く知らない」「あまり知らない」と、約6割が回答(図20)。さらにいえば、「制度や福利厚生」の利用を希望する妻であっても制度の認知度が低いことも分かった(図21)。妻が知ろうとしていないのか、夫が伝えていないのかは分からないが、A社が会社をあげて働き方改革を推し進め、大企業ならではの制度や福利厚生の充実を図っている中で、家族、とりわけ妻の認知度が低いのは残念な部分ではある。

図22は、夫の制度利用状況だが、妻の認知度がそもそも低いからか利用者が少ないという結果になった。その傾向は役職での差は生じてはおらず、それぞれ約6~7割が制度を利用していない状況であった(図23)。もちろん妻側の回答であるため事実と異なることは前提ではあるが、全体的に見て制度が十分に使われていない傾向がある。また、妻が働きたい、働き続けたいと思った時に夫の会社に求めることとして、制度利用促進にもつながる「パートナー(夫)の上司の理解」を3割の妻が求めていることも特筆すべきであろう(図24)。

⑥妻のワークライフバランスについて

育児サポートは夫や親などから得られているが、家事サポートは妻が多くを担っており、就業している妻であってもその傾向は変わらない(25,26, 27,28)

  

夫の家事参画について現状と希望を10段階で質問。現状では参画度は2~3が多く5以下がボリュームゾーンに。4以上を希望する妻の思いとズレが生じている(図25)。一方で育児については現状の参画度は2~8までバラツキがあり、妻の希望も5もしくは8に偏りつつも4~10までバラツキがあった(図26)。いずれにしても夫へ家事育児への参画を今よりも多く望んでいることがわかる。

  9割以上が核家族であり7割以上が未就学児童の末子がいる家庭で、夫の家事育児のサポートが弱いとなれば他に頼り先があると心強い。夫以外のサポートの有無について尋ねたところ、家事は約6割、育児は約3割が夫以外のサポートがないと答えている(図27)。さらに就業していてもその割合はほとんど変わらない(図28)。妻が「働きたい、働き続けたい」と思っても、働くことが難しいのは家事育児の負担が大きいことがよくわかる。A社の社員の世帯年収は高いというのが世間でも言われている事実だが、有償サポートの利用率が低い。有償サポート利用の有無は、経済的な理由ではなく、心理的な理由(妻がやるべき仕事というような)によるものが大きそうだ。

 家事育児について方針や役割分担を夫と話し合うかについて(図29)は、特に家事について「全く話をしない」「あまり話をしない」と答えた妻が約5割となった他、家事育児共に「常に話をする」夫婦は非常に少ないことがわかった。共働き夫婦の場合「時々話をする」割合が高くなり、それは家事、育児共に同じ傾向が見られた(図30)。

⑦フリーコメント(非公開)

ご要望ございましたら、PDFデータをメールなどでお送りいたします。

お気軽にお問い合わせください。

 

⑧総括と提案

 今回の調査を通して最終的に気づいたことは、夫婦間、夫とその上司でコミュニケーションがあまりなされていないのではないか、ということです。夫は妻の「働きたい、働き続けたい」という働く意欲を知っているのでしょうか。妻は夫の会社の制度をなぜ知ろうとしないでしょうか。夫は自分の上司に、未就園児の末子がいて、妻には頼れる先が自分しかいないことを伝えたことはあるのでしょうか。

 制度利用が進まない理由として、会社側の制度や仕組み、あるいは組織風土の影響はもちろん依然として大きな課題ですが、夫婦間そして上司と部下の間で対話をする機会が少ないことが、実は大きな問題かもしれません。個人レベルで言えば、社員が自ら家庭の状況を上司に伝え、会社の状況や制度の有無を妻に伝える努力をするだけで様々な課題が解決に向かうでしょう。また、妻側は「家事と育児を主に担うのは妻であり母親である私の役割」「夫は忙しいから頼れない」という思い込みの枠を一度外して、「働きたい、働き続けたいから、もっと家事育児に参画して欲しい」という要望と、「健康と自分のやりたいことを大切に、会社の制度を利用してワークライフバランスを実現してほしい」という思いを夫へ率直に伝えるだけでも変化が起こるのではないでしょうか。ぜひ「働きたい、働き続けたい」を、自分と家族のためにもしなやかに実現して欲しいです。そのために、勇気を出して対話を進めていってください。

 最後にA社様へは、末子が未就園児の社員に対しては特に、上司や本人の意向をある程度無視して、制度利用促進のための働きかけや風土づくりに一層力を入れていただくことをご提案し、まとめとさせて頂きます

 

連日40度越えの報道がされる岐阜鵜飼で開催された

イクボス養成講座(岐阜県女性の活躍支援センター主催)に行ってきました!

 

 

 

イクボスって何?

「部下や同僚等の育児や介護・ワークライフバランス等に配慮・理解のある上司」のことです。

 

お目当ては

慶應義塾大学大学院の前野隆司先生の「幸福経営学」についての講演

 

 

 

 

前野教授の「幸福学」の研究内容については

eight おにきのキャリア講座でもたびたび引用されるのでとても興味がありました。

 

ご本人の口から語られる「幸福学」は

なるほど~と思うものばかり

*幸せな社員はそうでない社員より創造性が3倍高い!

*幸せな社員はそうでない社員より1.3倍パフォーマンスが高い!

*幸せな人は健康で長生き!

 

などなど

 

 

魅力的~~~!!

 

 

じゃあ どうやったら幸せを感じられるの??

幸せを感じるには4つの因子があり。

それを満たしている人が幸福度が高いんですよ。

そして、それは経営にも非常に役に立ち

社員も社会も幸せになっていくんです。

 

というお話でした。

 

私は

4つの因子

まあまあ持ってるみたいです!

そう 幸せを感じてます!

 

幸せの4因子(前野教授の研究より)

花やってみよう因子

花ありがとう因子

花なんとかなる因子

花ありのままに因子

 

前向きに力強くトライして感謝の気持ちを忘れずに過ごすと幸福度が上がるみたいです。

まずはカタチからでも!

 

「少し上を向いて大股で歩いてみる。」

 

そんなことからでも幸せな気持ちになるみたいですよウインク

 

 

 

講演会の中では

社員が幸せを感じている企業の事例をたくさん紹介いただきました。

私の常識ではびっくりするような取り組みをされている企業がたくさんありました。

それぞれ本当に個性的なので自分が経営者だったら

真似したくなっちゃいますが

表面的にマネしてもそれは社員の幸せにはきっとつながらないですね。

 

 

前野教授の研究はネットや書籍などたくさんあります。

是非是非 調べてみてくださいね。

 

 

さて このイクボス養成講座は

eightデビュー講座卒業生であり 現在も13期Cコース受講中のオフィス リブラ代表 上松恵子さんが岐阜県のイクボス拡大促進事業のプロポーザルにチャレンジされ、協力企業の方たちと企画提案し、受注した事業の一環の講座です。

いつも「女性を応援したい!」という気持ちを持ち続けているけいちゃんこと上松さん。

一歩ずつそして確実に仲間を増やして活動しています!

女性を応援するには上司も巻き込まなくては!と頑張るけいちゃん。

 

’大好きな岐阜県のために仕事ができ、 自分の一歩が誰かの一歩につながっているかもしれない・・・そんな期待をしながら、 働けることは、とっても幸せだなぁとしみじみ感じています。’(by けいちゃん)

 

けいちゃん

応援してます腕。腕。!!! 

 

 

 

 

前野教授とけいちゃん

 

 

 

 

 

 

当日、けいちゃんは100名を超える聴衆の中、癒される声で司会をされてました。

2部のパネルディスカッションや質疑応答など岐阜弁が聞こえ

岐阜出身のちばにとっても、とても居心地のいいイベントでした。

ありがとうございましたウインク

 

 

 

■■■現在募集中の講座・イベント■■■

王冠【限定88名】個別塾体験3000円キャンペーン

クリック詳しくはこちら

王冠ママながら個別塾体験 随時 クリック 詳しくはこちら

王冠2019年1月開講!ママながら起業塾14期生 デビュー講座受講生募集中!

クリック詳しくはこちら

 

■■■起業プロジェクト始動■■■

王冠「とよたで女性の起業できます.PROJECT」スタート

■成功者から聞く!魅せ方使い方 「ハンドメイド作品をアプリで売ってみよう」講座

クリック詳しくはこちら

■やってみよう!「クラウドファンディング」講座

クリック詳しくはこちら
■各講座のご案内はこちら

 


 

 

NEW募集中の講座・イベント

facebook Facebook

web WEBサイト

足あとアクセス

ノートパソコンお問い合わせ

 

LINE @やってます

友だち追加

ID: @ibp3954

 

株式会社 eight
豊田市西町2丁目33‐1 .3階

電話0565-41-8871 facebookFacebook

 

こんにちは。キャリアコンサルタントのにやまたまみです。

←eightに入社した頃の私です(撮影はママライフデザイン研究所様)

【限定88人】個別塾体験3000円キャンペーンのご案内~新キャリアコンサルタントデビュー記念

「起業してみたいけど私でもできるかな」「今は働いていないけどちょっと先のことを考えると不安だな」「今の仕事のことで悩んでいる」などのご相談をいただいています。

この機会にどうぞお申し込みください。

託児付きですので、小さなお子様がいらっしゃる方でもご利用いただけます!

お早めにお申し込みください。

 

前回の記事はこちら

 

半分、青い。

 

朝ドラご覧になっていますか?

 

主人公は片耳が失聴しているが、雨の日でも「半分晴れている(青い)」と言って、彼女独特の感受性を表現しながらいつも前向きに頑張る女性です。

 

私は、ちょうど主人公と同じ世代。

主人公すずめは、自分の夢を実現するため上京し漫画家の道を目指すも挫折、

その後は、結婚、出産、離婚、シングルマザー、再婚の道を歩むのでしょうか。。?

「恋愛を逃してしまった主人公」を描いているようですが

バブル期に社会人だった私たちは、確かに

「結婚適齢期」がぐっと遅くなった世代ではないかと思います。

 

この世代の学童期は第二次ベビーブーム世代で大量の子供がいたので、学校教育は

管理教育するのが効率的だったのだと思います。

それに反発して、「積み木くずし」「不良少女と呼ばれて」「ビーバップハイスクール」などのテレビドラマの影響も受け、俗に言う不良が大量発生したのもこの世代なのかもしれません。

 

私は、どちらかというと金太郎飴のような特に目立ちもせず、かといって隅っこにいるわけでもなく、常に中間に位置してなんとな~く適当に過ごしてきた部類です。

 

でも周囲と比較し、自分の立ち位置を常に確認しながら生きてきたような気がします。

親の影響も大きいとは思いますが。

 

話がそれてしまいましたが、

 

この主人公が親の反対を押しきり上京する決断する場面は

 

自分の幸せや価値観は他人と比較できない、

比較しても無意味なものだ

 

と教えてくれるのでした。

 

ついつい人は、他人と比較しては他人を羨んだりしてしまいがちですが

しかし、私は主人公のように自分の夢をしっかり持ち、自分らしい幸せな人生を歩みたいと思っています。

 

さて、前回の記事で、私は出産を機に退職し専業主婦への道を選ぶところまでお話しました。

私の世代が社会人になった頃は、入社して3年ぐらいで結婚退社!

6年もいればベテラン。それ以上だと行かず後家みたいな目で見られたものです。

退職しても専業主婦の道を歩むのが王道だったと思います。

この頃は、経済も安定していたので、そういった状況からも専業主婦が増産された一因であるのではないかとも思います。

 

専業主婦は、高度経済成長期に、一般的になった職業と言われています。

男は外でバリバリ働き、お金を稼ぐ!

そして、家庭内の業務は専業主婦がやる。

ある意味、バブルの産物といえるでしょう。

 

ですが、そんな時代は終わりました。

 

私は、専業主婦になったらこれまでできなかったあれもこれもやりたいことをやる!なんて思っていたんですが

蓋を開けてみれば、私は退職後すぐに出産したので、憧れの生活ではなく

育児生活と主婦生活がやって来たのです。

 

まずは、慣れない育児をしながら、主婦(家事全般)をすることはとても大変でした。

よく考えてみれば、私は家事が好きではなかったのです!

料理→嫌い

掃除→嫌い

片付け→苦手

裁縫→苦手

洗濯→機械がやってくれるから問題なし

アイロン→ハンカチ程度なら。

やだ、私ったら40年近く独身だったのに、嫁入り修行が全くできておりませんでした。

家事手伝い、嫁入り修行なんて言葉も死語ですね。

 

とにかく、家事のほとんどが嫌い、苦手なものばかりだったのです!

 

そして、育児に加え苦手な家事を毎日続けることは

会社員時代に比べたらかなりの苦行でした。

 

私の想像していた専業主婦業はもっと楽しいイメージだったのに、、、

大昔は働く女性の姿は当たり前でした。

専業主婦はこれから不安定な経済の中では消えていくのかもしれません。

 

一見憧れの専業主婦ですが、実際その環境に置かれると「これが専業主婦か…なんか違う」と思うことも多いと思います。

それに、働いていないということから、家庭での立場が夫優位になってしまう、という場合もあります。

 

専業主婦を決して否定しているのではないのですよ。

ただ、憧れではなく現実の結婚生活をイメージしなくてはいけなかったのに

私にはそれが足りていなかったです。

 

でも、会社を辞めてよかったと思うこともたくさんあります!

 

それは、会社生活の中では触れることのなかった情報や価値観や人間関係です。

外から見る企業と内から見るその様子は驚くほど違いました。

 

一年、二年の育児休業を取ったとしても、もしかして得られないものだったかもしれないとも思っています。

 

私にとって専業主婦・育児に専念していた期間はとてもとても貴重な時間でした。

 

人は予測できない出来事が起こるものです。

でもその偶然の出会い、経験を無駄にせず、むしろそれを活かして自分のモノサシや価値観をつくっていくのではないかと思います。

 

自分の人生は、自身が納得できる選択をしていくことが大切です。

 

他人と比較してどうとかではなく、自分のモノサシや価値観をもって

自分で決めて、自分で納得できたらそれでよい人生なのだと私は思います。

 

■■■現在募集中の講座・イベント■■■

王冠6月スタート【限定88名】個別塾体験3000円キャンペーン

クリック詳しくはこちら

王冠ママながら個別塾体験 随時 クリック 詳しくはこちら

王冠2019年1月開講!ママながら起業塾14期生 デビュー講座受講生募集中!

クリック詳しくはこちら

 

■■■起業プロジェクト始動■■■

王冠「とよたで女性の起業できます.PROJECT」スタート

 クリック詳しくはこちら
■各講座のご案内はこちら

 


 

 

NEW募集中の講座・イベント

facebook Facebook

web WEBサイト

足あとアクセス

ノートパソコンお問い合わせ

 

LINE @やってます

友だち追加

ID: @ibp3954

 

株式会社 eight
豊田市西町2丁目33‐1 .3階

電話0565-41-8871 facebookFacebook

 

「とよたで女性の起業できますPROJECT」

やってみよう!「クラウドファンディング」講座
 

起業して数年

少し軌道に乗ってきた

店舗お店を持ってみたいな

もう少し規模を広げたいなウインク

 

でもそれにはお金がかかるけどどうしよう。。

 

そんな次のステップを意識し始めた人に向けた講座です。

 

いま注目の資金調達方法である「クラウドファンディング」についての知識をお伝えします。

クラウドファンディングに成功した先輩起業女性からリアルな体験談を聞けますよ。

講師の㈱eightも実はクラウドファンディングに挑戦し、

たくさんの温かいご支援を頂きました。

 

経験者だからお伝えできることもたくさん。

講座ではその辺りのこともお話しできそうです。

 

自分の事業にあてはめてイメージしてみましょう

きっとやりたい事が広がりますよ音符

 

 

<内容(予定)>

・サービスの種類

・どんなものが利用できる?

・仕組みと利用するポイント

・準備段階で必要なことって何だろう

 
【講師】
株式会社eight 代表 鬼木利恵 
先輩起業女性 
 

とよたで女性の起業できますPROJECT お申込み・お問合せ

<講座名>やってみよう!「クラウドファンディング」講座
<日 時>9月18日(火)10時~12時 
<お申込み先>https://8eight8.jp/for-mother/kigyou-pj/ (全講座共通)
<場 所>とよた男女共同参画センター(キラッ☆とよた)     
豊田市産業文化センター 2F
<託 児>託児有り(有料500円・要予約)締切・・・講座開催1週間前
*6か月以上未就学のお子さま対象(6カ月未満のお子さまは同室にて受講いただけます)
   *託児委託:㈱eight
<参加費>1,000円
<お問合せ>㈱eight project@8eight8.jp   tel (0565)41-8871

【主催】■豊田市役所 ■豊田商工会議所■豊田信用金庫
【運営委託会社】㈱eight

 

 

「とよたで女性の起業できますPROJECT」
豊田市役所・豊田商工会議所・豊田信用金庫
豊田市3機関がタッグを組んで 女性の起業を応援するプロジェクトです。
豊田で女性の起業と言えば
「eight」。
PROJECTでは、そのeightの代表である国家資格キャリアコンサルタント鬼木利恵を中心に頼りになる講師が講座を担当します。
6月のオリエンテーションを皮切りに2019年3月まで
「起業ってわたしにもできるのかな?」なモヤモヤさんから
「もっと活躍の場を広げたい!」モットさんまで々な講座をご用意しています。
豊田市在住・在勤の方はもちろん 豊田で仕事を始めたい方も参加できます。

 

■■■現在募集中の講座・イベント■■■

王冠6月開講!ママながら起業塾13期生 デビュー講座選択プログラム受講生募集中!

クリック詳しくはこちら

王冠ママながら個別塾体験 随時 クリック 詳しくはこちら

王冠女性限定個別塾体験3000円キャンペーン  2018年6月より 先着88名様

 クリック詳しくはこちら

 

■■■起業プロジェクト始動■■■

王冠「とよたで女性の起業できます.PROJECT」スタート

■6月26日(火)10時~12時 プロジェクトオリエンテーションクリック詳しくはこちら
■各講座のご案内はこちら

 


 

NEW募集中の講座・イベント

facebook Facebook

web WEBサイト

足あとアクセス

ノートパソコンお問い合わせ

 

LINE @やってます

友だち追加

ID: @ibp3954

 

株式会社 eight
豊田市
西町2丁目33-1.3階
電話0565-41-8871 facebookFacebook

王冠【限定88人】個別塾体験3000円キャンペーン開催!

新キャリアコンサルタントデビュー記念(2018年6月から)

クリック詳しくはこちら

【コンサルティング時間】60分

【利用料金】通常料金 10,000円(税抜き) 

 *2018年6月スタート 先着88名様サービス価格 3,000円(税抜き)
 *キャリアコンサルタントの指名はできません。指名希望の場合は通常料金をいただきます。

 *サービス価格期間中は何度でもご利用いただけます。
 *過去に個別塾を受けた方でもご利用いただけます。

 

王冠ママながら個別塾 随時 クリック 詳しくはこちら

 

 

王冠とよたで女性の起業できますプロジェクト2018

起業なんてまだまだのモヤモヤさんから

一歩踏み出して歩んでるコレカラさん、モットさんまで

 

①7月6日(金) 仕事における「自分の好きや得意を知ろう」講座   終了しました

②7月13日(金) 軸を見つける「自分サイズの起業スタイルを考えよう」講座  終了しました
③7月24日(火) #起業女子応援プログラム「ビジネスでInstagramを活用しよう」講座    終了しました

 

④8月24日(金) 成功者から聞く!魅せ方使い方「ハンドメイド作品をアプリで売ってみよう」講座

 

⑤9月4日  (火) iction!コラボ 「起業にまつわるお金のあれこれ基本のキ」講座 (満席のため受付終了)

 

⑥9月18日(火) やってみよう!「クラウドファンディング」講座

 

◎全講座共通◎

【時 間】10時~12時
【場 所】とよた男女共同参画センター(キラッ☆とよた)

      豊田市小坂本町1-25(豊田産業文化センター2階)

【参加費】①②500円 ③④⑤⑥1000円

【託 児】有料500円(③④⑤⑥は一人につき)、事前申し込み要(1週間前まで)

 

クリック お申込みはこちら

クリック 各講座の詳しいご案内はこちら

 

 

 

王冠ママながら起業塾14期生 デビュー講座

受講生募集中!(2019年1月より開講)

\自分サイズ×らしさ×諦めない ママの起業を応援し伴走するスペシャル講座/

クリック詳しくはこちら

 

【日時】

 ・共通プログラム 2019年1月10日、1月24日、2月7日(木) 10時〜12時

 ・個別セッション(進路指導) 2月14日(木)or 15日(金) 約1時間

 ・ Aコース 2019年3月5日、4月16日、5月7日(火)
   Bコース 2019年3月7日、4月18日、5月9日(木)
     Cコース 2019年3月12日、4月23日、5月14日(火)

【受講料】80,000円(税別)  

【定員】6名

 

*迷ってる方はまずは個別塾体験の受講をお勧めしています

クリック個別塾体験のご案内