2017年12月15日

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年)

テーマ:17年12月の劇場鑑賞映画
スター・ウォーズ/最後のジェダイ

【鑑賞日:2017年12月15日】

待ちに待った「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の公開初日…朝イチの上映回ではあったものの、コアなファンは昨晩の前夜祭、深夜0時スタートの最速上映などに参加してるでしょうし、オイラが見に行った近所のシネプレックスではそんなに混雑はしていない。全国一斉公開だった前作「フォースの覚醒」時に比べると、お祭り度は低めかな?まぁ、他の作品の平日初日にくらべると、人が多いことは確かだけど。数量限定パンフも売ってたけど、前作のように半券と引き換えに1人1冊みたいな制限も特にないし…プレミア度も低そうなので、購入を見送った。

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…スノークが最高指導者を務めるファースト・オーダーに、唯一対抗しているのがレイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスだったが、劣勢を極め、脱出を余儀なくされる。飛行大隊の隊長ポー・ダメロンが敵の目を引き付けてる間に…反撃の準備も進めていたのだが…。一方、レイアに託され、最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーが暮らす惑星オクトーへと向かったレイ。ようやく本人に出会うことができ…レジスタンスの危機を伝えるのだが、ルークは戦うことに興味がないと、レイが手渡したライトセーバーも投げ捨ててしまう!

一応、上記のあらすじもほんのさわりの部分だけなので…大きなネタバレになってないと思います。基本、ネタバレしないように感想メインで文章を書くつもりですけど…察しがいい人だと、細かい情報からも色々と想像できちゃうと思いますので、他人が書いた文章なんか読まないで、とりあえずは映画館で「最後のジェダイ」を見てくることをお薦めします…みなさん、それから大いに、作品のすばらしさを分かち合おうじゃないですか(笑)とりあえず、前作でほとんど出番がなかったルークの活躍は増えます…クレジットはマーク・ハミルの名前が一番上だし!

「フォースの覚醒」でチョロっと顔だししただけで、嬉しさがこみ上げたファンが多い反面、中には“太った”とか“老けた”とか容姿に関する酷評も相次いで見られた。確かに、前作では準主役級だったハン・ソロのハリソン・フォードや、レイア姫の故キャリー・フィッシャーに比べるとルークの劣化は激しかったかなと。今回もそういう印象にあまり変わりはないんだけれども…R2-D2と再会を果たす場面で、“R2”って呼びかける感じとかね…“あっ、ルークだ”って、オイラは実感できて、ちゃんと昔の面影があるじゃんと…ひとりでニヤケてしまったんですけど。

後半…ライトセイバーを手に持ち、ある人物と対峙するクライマックスなんかでは、主役の貫禄みたいなものも味わえます。旧作キャストといえば…前回から続投のレイア姫、キャリー・フィッシャーですが…みなさんもご存じの通り、撮影中にまさかの急死!作中でも…現実とダブらせてしまうような展開もあったりして、てっきり“フィッシャーの急死”を受けて、考え付いたストーリー展開なのかななんて思ったりしたんですけど…その後も“驚かされる”二点、三転がありまして…もともとああいう展開だったのかなぁなんて。続編ではどういう扱いになるのか?

たぶん新キャラ…レイと離れ離れになってしまった代わりに、フィンに一緒に行動する新しい相方ができるんだけど、それがどう見ても天童よしみソックリのブサイクな女でして大笑い。“天童よしみ 最後のジェダイ”でググってみたら…映画ライターのくれい響さんがさっそくネットで同じような感想を挙げてまして…やっぱりみんな思ってることは同じだなと。ただ、くれい響きさんはブス専なのか、この天童よしみ似キャラを好意的に受け止めてまして…“ジャー・ジャー・ビンクス並みに邪魔なブス”だと思っていたオイラとは反対意見のようです(笑)

今回の作品のイメージカラーは“赤”であり、チラシやポスターなんかでも赤色が印象深く使われている。それは本編でも同じでして…いたるところで“赤”が強調されてるんだけれども、特にオイラが気になっていたのが、特報だか予告でも使われていた、赤い煙を巻き散らしながら飛行するメカのシーンだったんだけど…あれってメカ自体が噴射してるんじゃなくて、いわゆる土煙みたいなものだったのね。惑星の性質で、ああいう状況が生まれるという解釈でいいみたいです。どこで出てくるのかなってずっと待ってたら、わりと最後の方に近いシーンでしたね。

先述の“天童よしみソックリ女”の件でくれい響さんの短評を読ませてもらったら…“「ローグ・ワン」にかなわず”なんても書かれてまして、オイラもそれは思った。レイアの絡みや、ルークとカイロ・レンに何があったのかなんていう謎の部分など、作品自体は退屈じゃなかったんだけど…ここに繋がるのかという爽快感や、まさかスター・ウォーズで泣くとは思わなかったよねという哀愁は、自分も「ローグ・ワン」の方に軍配かなと。ポー操縦のXウィングが加速すると、一緒になってBB-8の頭が後ろに持っていかれる描写が秀逸で、あそこはオイラ的にお気に入り。


監督:ライアン・ジョンソン
出演:マーク・ハミル キャリー・フィッシャー アダム・ドライヴァー デイジー・リドリー オスカー・アイザック


【サントラCDはこちら】
スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月08日

オリエント急行殺人事件(2017年)

テーマ:17年12月の劇場鑑賞映画
オリエント急行殺人事件

【鑑賞日:2017年12月8日】

シネプレックスの会員デーだったので、本日公開の「オリエント急行殺人事件」を見てきた…言わずと知れた名探偵ポワロが活躍するアガサ・クリスティーの名著の再映画化。原作をちゃんと読んだことはないんだけど、シドニー・ルメットが当時の豪華スターを起用して撮った1974年版の映画は何度か見てます。このブログの記録では2009年の4月にNHKのBSで放送された時にも鑑賞していて…その時のエアチェックディスクでおさらい鑑賞しようと思ったのだが、見つからなかったので諦めた。あの頃はまだBDレコーダーを持ってなくて、DVDだったかも?

エルサレムで事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロは、イスタンブールで休暇を楽しむつもりだったが、急遽、イギリスに帰国することに。旧知の仲である鉄道会社の重役ブークの計らいもありオリエント急行に乗車できることになったポワロ。そして、出発したオリエント急行の車内で富豪のラチェットから“何者かから脅迫を受けているので、警護してほしい”と頼まれる。しかし、あまり乗り気でないポワロはその依頼を一蹴、まったく取り合う気はなかった。その後、列車は雪崩事故に巻き込まれ立ち往生。さらに車内で殺人事件が発生しており…。

おさらい鑑賞ができなかったので、74年版の詳細はうろ覚えなところも多く、今回の2017年版との細かい比較はあまり出来ないんだけれども…さすがに“あのオチ”くらいは記憶の片隅にありまして、あのあたりがどう“料理されているのか?”というのは一番興味ありましたね。74年版の方も…途中に挿入される機関車の描写なんかがダイナミックでかっこ良かった印象があるんだけれども、今回の作品ではより“世界の車窓から”感もアップしたなと…。74年版に負けない豪華出演者に加え、シネコンのスクリーンに広がる美麗風景の数々が作品に華を添えていた。

今回のポアロ役はイギリスの名優ケネス・ブラナーで、監督も兼任。元々はシェイクスピア俳優として有名な人で、シェイクスピア関連の作品で数多く主演や監督を務めてきた。90年代に撮った「から騒ぎ」や「ハムレット」なんかでは、本作のように豪華スターをズラリと起用し、古典作品を華やかに描き切った。最近では「マイティ・ソー」や「エージェント:ライアン」のような娯楽志向の作品でも演出力を発揮しており… 古典ミステリーであり、スター映画である本作にもってこいの人選。役者としても頭脳明晰でユーモアも兼ね備えたポアロという役にピッタリだった。

冒頭、肩慣らしのような“軽い事件”を描いた後…いよいよ作品の主舞台となる“オリエント急行”への乗車が始まる。ワンカットで流れるようなカメラワークにより、次々とスターが映し出されていくような場面もあり…ああ、“この人たちが容疑者になるんだな”と、思わず顔がニヤける。妖艶な熟女ミシェル・ファイファー、昔のギャング映画にでも出てきそうなやたら不遜な態度のジョニー・デップ、相変わらず堂々とした佇まいのジュディ・デンチ…ボンドフリーク的には思わず“Mだ!”って叫びたくなる。役柄的には地味目だがペネロペ・クルスも相変わらずの美貌。

こんな濃いメンツに交じっても…存在が光っていたのは若手のデイジー・リドリー…さすがスター・ウォーズ女優!来週には「最後のジェダイ」の公開が控えてるけど、ライトセイバーも振り回す活発なレイちゃんとはまったく違う“レディ”を見ごとに演じていた。いくら古典でも、一応はミステリーだから、作品の感想って…役者を誉めるくらいしかないよね。ブログのアクセス数を増やすためだけに、劇場新作のネタバレとかを自慢げに書くのもオイラは嫌いだし。ストーリーやオチがある程度わかってても、役者同士の演技合戦が楽しく、飽きずに見れました。

ポワロと容疑者が一対一で会話をするような場面も多く…そういうところは演劇っぽさもあり、だからこそシェイクスピア作品で腕を鳴らしたケネス・ブラナーの演出がマッチしたんだろうなって思います。そんなにクリスティの原作とか詳しくないオイラなんかでも、事件が解決した後の…一番最後のセリフには大笑いしてしまいましたね。あのセリフで言っていた事件をぜひ、スクリーンでまた見たいです(つまり続編希望)。劇場はやっぱり74年版をスクリーンで見てるんじゃないだろうかって感じの年配のお客さんが多めでした…平日の朝でしたがまぁまぁの混雑。


監督:ケネス・ブラナー
出演:ケネス・ブラナー ジョニー・デップ ウィレム・デフォー ペネロペ・クルス ミシェル・ファイファー


【こちらで比べよう!1974年版DVDはこちら】
DVD オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月01日

探偵はBARにいる3(2017年)

テーマ:17年12月の劇場鑑賞映画
探偵はBARにいる3

【鑑賞日:2017年12月1日】

シネプレックスの1000円ポッキリ会員デーだったので劇場へ…たぶん興行的には「鋼の錬金術師」に勝ちを譲るだろけど、オイラは自分の見たい方を選びました…ってことで「探偵はBARにいる3」です。夕方の上映回だと、舞台挨拶のライブビューイング付きだったけど、16時半はさすがに中途半端だったので、朝イチの初回上映で見てきちゃいました。東直己原作の「探偵はバーにいる」シリーズを大泉洋で映像化した人気シリーズの第3弾…1作目は近所で上映してなかったのでレンタルDVDで、2作目は劇場数が増えたので劇場でオイラも見ている。

ススキノの街で、トラブル解決を請け負う“探偵”…ある日、“探偵”の運転手を務める北海道大学の助手・高田が連れてきた後輩に頼まれ、失踪した女子大生・麗子の行方を捜すことに。部屋を捜索した結果、失踪前の麗子がモデル事務所でアルバイトをしていたことを突き止め、その事務所に乗りこんでいくのだが、担当者や美人オーナーのマリにあしらわれてしまう。その時、マリに微かな既視感を覚える“探偵”。その後も麗子の行方を捜そうとするのだが、ヤクザに襲われ、腕に自信がある高田もろとも叩きのめされてしまう!なぜ麗子は失踪したのか?

いい意味で、マイペース、ワンパターン…お馴染みの脇役キャラもしっかり登場。監督が前2作の橋本一から、吉田照幸っていうNHKのバラエティや朝ドラを撮ってた人に変わってるんだけれども、そんなに作風の変化はなかったかなっていう印象。中盤に出てくる、クラブ内での探偵と高田のアクションシーンなんかは、変なスローモーションにせず、普通に見せて欲しかったなって気がしないでもないが、まぁ、前作から4年も経ってると…そろそろ役者たちの動きに衰えが出てるのかも。若手俳優相手のタイマンなんかだと、龍平はちゃんと動いてたけどね。

今回のメインヒロイン…北川景子の“魔性の女”っぷりがなかなか良かった。甘い言葉を囁き、大泉洋扮する探偵をとんでもないトラブルに巻き込んでいく一連のやり取りなどは…ちょっと「シティーハンター」の冴羽さんと冴子の関係にも似ていたよね。大泉との艶っぽいシーンもあれば、そのシーンをスマホで撮った時の“とぼけた表情”がなかなか可愛く…かと思えば、切った張ったで啖呵を切り、拳銃までぶっ放す姿が凛々しい。そんなヒロインと探偵が初めて出会った時の回想シーンなんかでは、まったく違った表情を見せていて、そこもけっこうグっとくる。

一方…見てるだけで、相変わらず“イラッ”とさせるのが女優面してる前田敦子…ほとんど“地”じゃないかってくらいの、下品な馬鹿女キャラ。事件の発端になった失踪女子大生の役なので、出てきたと思ったら、直ぐにいなくなってくれるんだけれども…途中で再登場するとギャーギャーと騒ぎ立ててうるさいったりゃありゃしない。他の役者が安定感あるだけに…余計にコイツの演技を見ていると腹立たしい。それ以外は、特に文句をつけるところもなく…ゲラゲラと笑いながら楽しめる約2時間。エンドロール後もお楽しみがあるのでちゃんと最後まで見ようね!


監督:吉田照幸
出演:大泉洋 松田龍平 北川景子 前田敦子 鈴木砂羽 リリー・フランキー 田口トモロヲ マギー 安藤玉恵


【ノベライズ小説はこちら】
探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。