2014年04月26日

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年)

テーマ:14年04月の劇場鑑賞映画
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

【鑑賞日:2014年4月25日】

「アメイジング・スパイダーマン2」の公開も始まったけど、先週から始まっているアメコミ映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」をまだ見ていなかったので、先にこちらを見てしまうことに。近所のシネコン、来週の方が「アメイジング・スパイダーマン2」の上映スクリーンが大きかったというのも、初日に行かなかった理由である。さて、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」だけれども、2011年公開の「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」の続編…というか、壮大な「アベンジャーズ」プロジェクトとの新たな一幕でもあるんだけど。

長い眠りから覚め、アベンジャーズのメンバーとして強大な敵と死闘を繰り広げたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース…現在はシールドのメンバーとして活躍していた。ある日、シールドの船舶が海賊に襲撃され、ナターシャことブラック・ウィドウたちと救出任務にあたる。その際に、ナターシャが一人、ニック・フューリー長官の密命で不可解な行動を…。それからしばらく経ち、ニックが何者かに狙われた!ニックから情報が入ったUSBメモリを託されたスティーヴは、真相究明に乗り出そうとするが…事件の容疑者としてシールドに追われる羽目に!

最初、キャプテン・アメリカを見た時の印象って、なんだかダサイなぁ~って感じだったけど…他のスーパーヒーローよりも、一見泥臭いこの感じが、類似作品と一線を画していて、独特の魅力に繋がっていたんだよね。1作目はまるで戦争映画のようなノリだったんだけど(実際に第二次世界大戦の話だった)…今度はスパイ映画風の仕上がりに。正義の味方だと思っていたシールドという自分の属する組織で、裏切り、陰謀が進行しており…それこそボンドガール的な立ち位置がより濃厚になったスカヨハ扮するブラック・ウィドウと真相究明に挑む。

「アイアンマン2」でも主人公やヒロインを半分くらい食ってたスカヨハのブラック・ウィドウ…間に「アベンジャーズ」を挟み、三度の登場となったが、今まで以上に貫録十分で、今回もキャプテン・アメリカとほぼ互角に活躍しております。「アイアンマン2」のころだと、まだどこかに可愛らしさってのが残っていたけれども…もう、どこからどう見てもふてぶてしい女スパイにしか見えません。いや~、こんなにスカヨハ大活躍の映画だとは思っていなかったので、予想外にハマってしまった。でもって、どこにでも出てくるサミュエルおじきも、今回は半端なく目立ってます。

中盤では…謎の襲撃者相手にガンアクションとカーチェイス。ああなった時点で、その後の展開まで読めてしまったが…いつもは各作品の橋渡し的な役割でしかないニック・フューリーも、いよいよ物語に大きく関わり始めたなぁ~。もちろん、肝心のキャプテンも頑張っており、それこそ泥臭さが増したアナクロ肉弾アクションをこれでもかとお見舞い!宿敵ウィンター・ソルジャーとのドラマに男泣き、そして新たな仲間ファルコンとの掛け合いが痛快。2D字幕版での鑑賞だったが…映像が飛び出さなくても充分に映画として満足のいく内容であった。

ぶっちゃけ…あんだけ人類に危機が迫ってるなら、アイアンマンやソーを助っ人に呼べばいいじゃん、同じ世界観だって言ってるんだからと…大人の事情でかなわないとわかりきっている無理なツッコミも入れたくなるのだが、ここはキャプテンやブラック・ウィドウが身体を張って頑張ってる姿を素直に楽しみましょう。そういえば、「アベンジャーズ」でやたら凛々しく登場したニックの片腕マリア・ヒルも同じ女優さん、コビー・スマルダーズがちゃんと演じていて再登場していて、嬉しかったですね。お約束のオマケ映像もあり、ますます今後の展開が楽しみになる。


監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス スカーレット・ヨハンソン サミュエル・L・ジャクソン ロバート・レッドフォード


【1作目でおさらいしましょう!】
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+DVDセット







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月18日

クローズEXPLODE(2013年)

テーマ:14年04月の劇場鑑賞映画
 
クローズEXPLODE


【鑑賞日:2014年4月17日】

近所のシネコンは春休みモードで、しばらく見たい作品が全然なかったんだけど…ようやく子供向けアニメとか特撮、くだらない邦画が一段落してきたみたい。増税以降、レイトショー料金が1300円に値上がりしてから初の劇場鑑賞だな…先週から始まってる「クローズEXPLODE」を見てきたよん。まぁ、ヤンキー映画だから半ば予想してたんだけど…客のマナー悪っ。後ろに座った小僧が、足を座席に乗せて、何度も蹴飛ばすから上映中、頭ガクガクしっぱなしだし、横の方ではスマホ触ってるヤツいるし…ぜひクローズ軍団にシメてほしいぜって感じだったよ。

新年度を迎えた鈴蘭高校…空席になった“頂点”を目指し、不良たちが激しい戦いを繰り広げていた。頂点に一番近いとされているのは、最大派閥のリーダー強羅徹。一方、校内最少のチームを率いている小岐須健一は、喧嘩が原因で前の学校から転校してきた鏑木旋風雄を自分の仲間に加えようと画策していたが、当の旋風雄は、頂点争いにまったく興味がないという。しかし、新入生の加賀美遼平とは初対面でちょっとしたいざこざがあり…お互いに意識している様子だ。そして、鈴蘭の外では、しばらく訳あって町を出ていた片桐拳が戻ってきて…。

キャスト一新ばかりに注目がいってたけど、監督も三池崇史から豊田利晃に交代…ああ、ヤクでパクられた前科がある監督ねと、つい昔のスキャンダルを穿り返したくなる。要らんこと言うなって?いやいや、パクられたのは自業自得でしょ(笑)そんなわけで…最初は、劇場で見る必要はないかなって思ってたんだよね、別に原作コミックが好きで、過去の「クローズZERO」2作品を見たわけじゃないし…あくまで三池映画として楽しみにしてたわけで。でも、拳さん役のやべきょうすけは同じ役で続投してるみたいだし、だったら見に行ってもいいなって思ってね。

結果から言うと…雰囲気はだいぶ変わったんだけれども、意外と三池版「クローズ」を踏襲してるところもありまして、映画「クローズ」というオイラが勝手に抱いているイメージからは大きく逸脱してないかなって感じです。音楽の使い方なんかもそうなんだけど、他には柴崎憲治さんの相変らず派手で過剰な効果音とかね、心地よく耳に入ってきます。前述のやべきょう以外に…高橋努演じる牧瀬なんかも再登場(あとリンダマンなんかも出てきましたね)。シリーズを繋ぐ橋渡し的な役割も担っており、相変らずのお笑い担当ぶりもなんだか懐かしく、微笑ましい。

欲を言うと…何かがありそうな予感だった、拳と牧瀬のドラマが意外と中途半端だったので、もう少し掘り下げてほしかったなと。2人が世話になってる職場、中古車屋の先代社長の娘(この人が現在の社長ってことか?)を巡っての三角関係とかね、絶対に面白くなると思うんだけど…やべきょう演じる拳さんの一方的なアプローチばかりが目立つ。一瞬だけ、牧瀬がちょっと前に出るところがあったけどね…過去のシリーズで色々と男のドラマを見せてきた拳さんだけに、何かもうひと見せ場欲しかった。たとえば、牧瀬におんなを譲り、潔く身を引くとかね。

肝心の若手俳優たちの共演とアクションだけど…高校生に見えないというお約束なツッコミはあるものの、前キャストよりは新鮮さを感じるのは確か。その反面…演技と迫力・貫禄は劣るかなって印象も受けましたね。話題の朝ドラ俳優、東出昌大なんかは、動きはそんなに悪くないんだけど…今までの山田孝之や高岡蒼甫あたりと比べると重さが感じられないというか…ぶっちゃけ、あの鈴蘭でてっぺんを目指せるような、強さがちょっと伝わってこない。大衆演芸出身の早乙女太一も現代劇だと普通の人だなと…ちょっと顔の感じとか岸谷五朗に似てない?

誰も知らない(ってもう知ってるよ!)柳楽くんは…顔芸は素晴らしかったけどね、演技をすると、やっぱりいつもの柳楽くんだったかな?あっ、でも…一時の激太りの頃(例の“事故”から復帰した後)よりはかっこよくなりましたね。三池版「クローズ」も1作目はなんか振り切れてないところがあって、男の戦いに、しゃしゃり出る黒木メイサとか、安っぽい難病エピソードとか邪魔で…そういう余分なものを削ぎ落としてパート2で傑作になりえたって感じだった。本作もぜひ、マイナス要素を見直して「クローズEXPLODE Ⅱ」を実現していただきたいなと…。


監督:豊田利晃
出演:東出昌大 早乙女太一 勝地涼 岩田剛典 ELLY  やべきょうすけ 高橋努  永山絢斗 柳楽優弥


【こちらでおさらいしましょう!】
Blu-ray クローズZERO スペシャル・プライス
Blu-ray クローズZEROII スペシャル・プライス







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。