安易な外国人スタッフの採用 | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

安易な外国人スタッフの採用

介護業界は人材獲得が末期的な状況であるため、特定産業分野として外国人を積極的に採用する必要性がある状況です。

この介護業界を20年以上に渡り従事し経営している自分としては寂しい限りです。

私自身が新卒で入社した時に外国人スタッフは僅かでした。

夜勤はブラジル日系人の方も数名いました。

あと、台湾出身でご主人が日本人というスタッフが数名でした。

それでも他の施設に比べると珍しく、同級生と話しても驚かれた記憶があります。

入社して1年ほどした頃に、中国人の留学生が入社してきました。

経営側は、人材不足を補うために、夜勤スタッフを容易に確保するために外国人を採用する、

他施設が行っていないことを率先して行っているような先進的な取り組みと考えていたようです。

20年前のことですから、利用者様の中には大正生まれ、中には明治生まれの方もおり、昭和10年以前の生まれの方が殆どでした。

戦争を経験された方ばかりでしたので、少し抵抗を持つ方も居たのが現実です。

私自身、介護専門学校を卒業したので、それなりに専門分野を2間、学んだという自負がありました。

差別ではなく無資格で、経験もなく、国籍も違う人と同じような待遇で働くことに不満を持っていたのが正直な所です。

当時のように介護施設に若い人材を多く見かける時代ではなくなっています。

不人気という状況だけでなく、労働人口の不足もあります。

自己実現が重視される時代において、献身的な仕事である介護職に魅力を感じれなくなっているというのも現状です。

「利用者様の為に!」というような魔法の言葉!で人が動かなくなってきた事に気づかない介護業界の経営者、管理者が未だに多いことに残念です。

自社の経営の為だけに外国人を積極的に採用しようとする経営者。

経営にとって人材獲得は重要課題でもありますが、今いるスタッフの心情も考えずに先進的な取り組みだ!とばかりに進める経営者。

そうはいっても今の介護職で自己の立場と、同僚の立場を見比べて不満を持つなどの気概のある介護スタッフが少ないのも現状です。

介護職という仕事は、真剣に向き合えば学びが多いものです。

文化の継承を担っている文化の継承を担っているといっても大袈裟でない事もあります。

利用者様と会話をしていると、昔は○○だったよ!ということを話されることが多くあります。

認知症だからな?と疑問に感じることも多々ありますが向き合うことで事実であった埋もれた地域の歴史を知ることも出来ます。

私の経験ですが、まだ現場で訪問介護を行っていた時ですが、認知症の男性のご利用者様がいつも昔、ここにはプロ野球があったと仰るのです。東京都武蔵野市にそういった野球場はなく野球好きの私でも、知りえることではありませんでした。

しかし、あまりにも毎回話されるので調べてみました。

本当だったのです。国鉄スワローズの武蔵野グリーンパーク球場というのがあり、実際に16試合行われていたのです。

こういった地域の歴史を利用者様から教えて頂き、私は職員や後輩に伝えていくことで地域の歴史、文化が伝承されます。

 

人材不足だからこそ、綺麗事抜きの介護の仕事の良さを考えてみたいと思います。ありがとうございます。

 

 


チロリアン好きです。