「戦争のつくりかた」(りぼん・ぷろじぇくと/マガジンハウス)という本を読み、

恐ろしくて 震えが止まりませんでした。


ページをめくるたびに

あれ?

えっ うそでしょ?

手が震えました

今 日本で起きていることがそのまま書かれていたからです。


この本は、2004年7月に作られたものですが、

まるで 現在のことを予言しているかのように、

最近ニュースで耳にすることが書かれているのです。


信じられない

嘘だよね

夢であってほしい...


「国のしくみやきまりを少しずつ変えていけば、

戦争しないと決めた国も、戦争できる国になります」(抜粋)


こんなふうに戦争がつくられていくとしたら、

日本は今、戦争ができる国になろうとしている

いや 残念ながら 戦争に向かっています


読み終えた後 

あまりの恐ろしさに震えと涙が止まりませんでした


「急に何言い出す?」

「頭大丈夫?」

どう思われようと構いません。

戦争が起きてからでは遅いのですから。


だから私は声をあげずにはいられない。


戦争を知らない世代ですが、

「戦争ほど残酷なものはない」

「戦争ほど悲惨なものはない」


その叫びを、私は受け継ぎます!


今なら まだ間に合うと信じて



#戦争のつくりかた

#戦争ほど残酷なものはない 

#戦争ほど悲惨なものはない

#声をあげよう 

#立ちあがろう 

#権力の魔性と戦う 

#民衆が賢く

#戦争反対 

#憲法改正反対 

#知ってください 

#緊急事態条項の恐ろしさ

#平和主義