「自分の人生を自分の意志で歩いて行く」 キャリアカウンセラーのオフィス・ワン!

「自分の人生を自分の意志で歩いて行く」 キャリアカウンセラーのオフィス・ワン!

自分のことを好きになり、自分を大切にしながら、自分の意志で人生を歩いて行く。キャリアコンサルタント福島瑛子はそのお手伝いをいたします。

絵本を使う
キャリアコンサルタントの
福島瑛子です。
 
 
今日ご紹介するのは
『ぱんだたいそうシリーズ』の

 

 

いりやまさとし さんの作品です。

 

 

 

『あかいてぶくろ』
講談社

片方だけになった赤い手袋は
もう片方を探して歩き回ります。
 

だけど会うことができません。
 
ところが

探すことに疲れた手袋の糸が
一目ほどけることに
二人の楽しい思い出が
よみがえります。
 

糸が全てほどけてしまうと
今度は小さな子供の手袋となって
新しい物語が始まります。

---------------------
作者の いりやまさとし さんの
奥さんが病気で亡くなった悲しみが
強く感じられて

(まだ2年前のことですから)
子供向けではないかなという感想ですが、
 

大事な人に会えなくなっても
その人と過ごした時間は宝物
として残っているし

なにより
そんな人と会えたことが
きっと幸せなことなんだと
そういっているようです。
 

新しい物語というのは
夫婦の物語が
子どもたちによって
新しくつむがれていくという
ことなのでしょうか。
 

あるいは
二人で作った絵本のお話が
たくさんの子どもたちに
広がっていくということなのでしょうか。

 
悲しみを悲しみとして
表現しているこの絵本は
悲しみを吐き出していいんだよと
そんなことも伝えているようです。

 

 

思いやりあふれる世界をつくるのは豊かな想像力

 

自分自身の人生を生きるお手伝い

 キャリアコンサルタントのオフィス・ワン!

 

 ホームページは こちらをクリックしてください。

 ↓ ↓ ↓ 

https://www.offwan.com/