南風通信〜絵本屋カフェ南風ブログ〜

南風通信〜絵本屋カフェ南風ブログ〜

札幌の絵本屋カフェ南風の日々の事。営業予定やイベントの告知など。
HP→http://www.minamikazebooks.com/minamikazebooks
ADDRESS→011-885-2967/minamikaze.book@gmail.com

『蜜蜂と遠雷』

唐突ですが、クラシック音楽専用チャンネルTVを毎日楽しんでいるクラシック好きです

 

2017年に直木賞と本屋大賞を同時に受賞した恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』

ピアノコンクールに出場する4人のコンテスタントが向き合う音楽への思いの深さに、心を打たれた作品

嫉妬や妬みなど無縁で、4人はひたすら自分の音楽を追求する

言葉から音楽が響いてくる幸せに満ちた小説への没頭を味わいました

 

数々のピアノ曲が登場するこの小説の中で、

宮沢賢治の詩集「春と修羅」を題材にした曲を演奏する場面があります

「自由に、宇宙を感じて」と指示されたピアニストたちの即興の場所がある曲

ここで、コンテスタント明石は「永訣の朝」の一文

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」(賢治兄さん、雨雪を取ってきて)をイメージして曲を奏でるのです

 

映画『蜜蜂と遠雷』では松坂桃李さんが明石を演じていて、「あめゆじゅとてちてけんじゃ」の美しいピアノの音色が流れます

そのフレーズに心を捕まれ、今やいつも口ずさんでいるわたしがいます

 

映画2回観ました ずーとなみだ なみだ 感動 (泣くを予想して手にははじめからハンカチ)

来週また観に行きたい ハンカチもって

まだ上映しているかしら

 

音楽と本と絵とワインがあればしあわせ音譜本アート赤ワイン 

 

今週日曜日はこぐま座で、絵本について熱く語ります

テーマは、「自然科学に目覚めたい」

長沼町 こぐま座へいらしてください

 

南風