出店予定

○22日(土)青山WEEKLYアンティークマーケット

○23日(日)大江戸骨董市&赤坂蚤の市

日曜日は2箇所に出店しております。

大江戸骨董市の有楽町から赤坂蚤の市会場の六本木1丁目駅までは地下鉄を使えば15分です!骨董市のはしごはいかがでしょう。

 

 

今夜のホームページ掲載予定品はこちらのリングです。

 

 

 

モルフォ蝶の羽をガラスの中に閉じ込めたシルバーリングです。(STERLING SILVERの刻印。銀の純度925/1000のスターリングシルバー)
南米に生息するブルーモルフォ蝶は、宝石のような羽根の美しさから古くはヴィクトリア女王にも愛されていたとか。
1920年代に入りガラスの中に羽根を閉じ込める技術が確立され、ジュエリーとして広く普及したそうです。
その後、乱獲を防ぐために採取が禁じられましたので、モルフォ蝶のジュエリーは1920-30年代頃のごく短い期間に作られたものということになります。
前回ご紹介しましたモルフォ蝶のリングと同じデザインですが、羽の色合いは全く異なります。
ライラック色とほんのり赤みがかった色味の部分が混じり合い、複雑で吸い込まれそうな雰囲気。
モルフォ蝶のジュエリーではあまり見かけない落ち着いた色合いです。
リングサイズは8号。(日本女性に嬉しいサイズ!)
オーバル型のモチーフの大きさは2.5×1.5cmとなります。
両側に添えられたクローバーも可愛らしいですね。
*画像のアンティークリングケースは付属しません

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○22日(土)青山WEEKLYアンティークマーケット

○23日(日)大江戸骨董市&赤坂蚤の市

 

 

今夜のホームページはこちらの2点を掲載予定です。

メダイは3年ぶりぐらい、シンブルケースの方は何と5年ぶりのご紹介です。

 

 

フランス1800年代後期、ルルドの聖母マリアのお告げの場面が刻まれたメダイです。
裏面の文字は「ルルドの聖母の新しいご出現」というような意味となります。
メダイの周りには水滴のようなぽってりとした7個のガラス球。
光に透かしてみると透明感がありますので、金属の上にガラスを垂らしたのではなく、7個の穴を空けたところに表裏からガラスの滴を垂らしたことが分かります。
ガラスが熱いうちに一粒ずつ丁寧に落としたのでしょう。
もちろん手作業ですので粒の大きさや形は少しずつ異なりますが、とろりとした紫色のガラスには何とも言えない魅力があります。
貴重でありながら可愛らしさも併せ持つ、大変珍しいメダイです。真鍮製、大きさは直径2cmとなります。

 

 

↓裏側の向かって右斜め下のガラス球の表面に欠けがあります。(表側には欠けはありません)

 

 

 

 

 

 

イギリスの1800年代後期頃のシンブルホルダー(指貫用のケース)です。

コロンとした卵の形をしていてチェーンまで付いていますので、まるで小さなハンドバッグのような可愛らしさ。

アンティークのシンブルはコレクターの方もたくさんいらっしゃいますが、シンブルケースはなかなか見つけにくいアイテムです。

当店でも5年ぶりのご紹介となります。お探しの方、ぜひいかがでしょう。

素材は真鍮に内部は銀鍍金が施されているようです。

大きさは4.3×2.7cm×(厚み)2.3cmほど。チェーンは6cm。蝶番に古い時代の補修跡がありますが、蓋は固くきちんと閉まります。

 

 

↓小さな穴は構造上最初から空いていたものです

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○22日(土)青山WEEKLYアンティークマーケット

○23日(日)大江戸骨董市&赤坂蚤の市

 

今夜のホームページはちょっと珍しいお品を掲載予定です。

 

 

イスラエルの都市ナザレの土を納めた小さなクッションです。(裏面の記載はterre de Nazareth)

ナザレはキリストが幼少期から少年期までを過ごしたことから「ナザレのイエス」と呼ばれることでも知られています。

聖母マリアの御絵の周りをイバラの冠が囲んでいますがこれは何か本物の植物を使っているようです。

(キリストの磔刑時のイバラの冠を模したもの)

フランスの1900年代半ば頃、洗礼や初聖体拝領などの記念品だったのものと思われます。

小さなシミが1点あるのみでとても良い状態です。

大きさは5×5cmほど。中に土が入っていますので、しっかりとした重さがあります。

 

 

フランス1900年代半ば頃、聖母マリアの御絵と、表裏にAgnus Deiと書かれた紙片が貼り付けられた石膏板。なかなか見かけない珍しい聖品です。

Agnus Deiとは神の子羊、すなわちイエスキリストを表し、御絵で塞がれた裏側には恐らくロウソクの蝋の一部が納められていると思います。

(ローマ教皇から祝別されたバチカンの大ロウソクの一部)

当初は全体が紫色に彩色されていたようですが、表面の色はほとんど剥がれてきています。

大きさは4.5×3cm、厚みは1cmとなります。

 

 

 

十字架とお花が手書きされた楕円の石(日本の碁石のような感じですが、石膏?であるかもしれません)と、セルロイドの薄い板に描かれた羊たちの絵のセット。(直接描かれています)

フランスの1900年代初頭頃のお品です。

石にはSouvenir de Lourdes Carmel(ルルドの記念 カルメル(修道会))の文字。

聖水で有名な聖地ルルドへの巡礼記念のお品だったようです。

セルロイド板の絵の方は、本来は小さなフレームが付いていたのかもしれません。

石の大きさは2.2×1.7cm、絵の方は4.5×3.8cmとなります。

 

 

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定
○17日(月・祝)18日(火)湘南蚤の市(藤沢市・湘南T-SITE) 

今月からいつも通り二日間の開催です。

当日販売予定の一部はインスタグラムでご紹介中!

 

 

今夜のホームページはこちらのアンティークシルバーブローチを掲載予定です。

 

イギリスアンティークの馬蹄×キツネのシルバーブローチです。

裏側の刻印は左にメーカーズマーク、右側にはイギリスのスターリングシルバー(銀の純度925/1000)を表すライオンの刻印、チェスターの銀の鑑定所のマーク(逆三角形の中に束ねた麦が3つ)、1901年製造の「A」の刻印となります。

(同じアルファベットでも、書体や枠の形にょって年代が細かく分かれます)

今から117年前のアンティークジュエリーですが、摩耗が少なくとても良い状態です。

大きな馬蹄と小さな馬蹄、その中のキツネ。狩猟が盛んなヨーロッパならではのモチーフですね。

大きさは2.5×2.5cmとなります。

 

 

 

 

イギリスアンティークのシルバーブローチです。

裏側の刻印は、左側にマーカーズマーク。右側にはイギリスのスターリングシルバー(銀の純度925/1000)を表すライオンの刻印、1896年製造の「m」、バーミンガムの銀の鑑定所の「錨」の刻印が入っています。

(同じアルファベットでも、書体や枠の形にょって年代が細かく分かれます)

今から122年前の大変古い時代のジュエリーですがとても良いコンディション。

赤みを帯びたオレンジ色に見える部分にはローズゴールド(9金だと思います)の鍍金が施されています。

お花と小鳥(ツバメ?ハト?)の手彫りモチーフとリボンのデザイン。時代は違っても可愛らしいものを求める気持ちは現代と一緒なのですね。

大きさは3.8×2cmとなります。

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○15日(土)天王洲ハーバーマーケット(天王洲キャナルサイド)
○17日(月・祝)18日(火)湘南蚤の市(藤沢市・湘南T-SITE) 

当日販売予定の一部はインスタグラムでご紹介中!

 

 

今夜のホームページはこちらのロザリオを掲載予定です。

 

柔らかな色合いのマザーオブパールビーズのロザリオ。フランスの1900年代初頭頃のお品です。

クロスとメダイにはフランスの銀製品を表す「蟹」のホールマーク有り。チェーンもシルバー製です。

 

美しい聖母子のメダイにはフランスのメダイ彫刻家Karoの刻印が、左側には鋳造所のマークであるAPのモノグラム入り。

裏面の鈴蘭の花もとても細やかで素晴らしいメダイです。

ビーズの数は59個全て揃っています。

クロス・・3.5×2.3cm

クロスの上からセンターメダイの上まで・・10.5cm

輪の長さ・・59cm

ビーズの大きさ・・0.6~0.7cm(主の祈りのビーズが若干大きめです)

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○15日(土)天王洲ハーバーマーケット(天王洲キャナルサイド)
○17日(月・祝)18日(火)湘南蚤の市(藤沢市・湘南T-SITE) 

当日販売予定の一部はインスタグラムでご紹介中!

 

今夜のホームページはこちらの2点を掲載予定です。

 

 

フランスアンティークの小さな祭壇(礼拝堂)です。

扉を開くと「小舟に乗った二人の聖マリア」のメダイが現れます。

St MARIE JACOBE(聖マリア・ヤコベ)とSt MARIE SALOME (聖マリア・サロメ)、従者St.Sare(聖サラ)、

それに舟の櫓を漕ぐ天使が刻まれています。 (不鮮明ですが、右下に彫刻家のものと思われるサイン入り)

マリア・ヤコベは、イエスキリストの母である聖母マリアの妹、マリア・サロメは聖ヨハネの母です。

この2人にマグダラのマリアを加えた3人のマリアは、キリストが磔にかかった後、舟でフランス南部に逃れてきたと伝えられています。 

後にマグダラのマリアはサントボームに移り、残った2人のマリアはこの地で生涯を過ごしました。 

1838年に、この言い伝えをもとにこの町は「サント・マリー・ド・ラメール(海からのマリア達・・の意味)」という名に改名され今に至っています。

また、従者として2人のマリアとともにこの地に来たというSt.Sare(聖サラ)は、エジプトまたはインド系の褐色の肌を持っていたとされ、ロマ(ジプシー)の守護聖人として知られています。 

毎年5月に行われる、2人のマリアの像を海に浸すという祭りの時には、ともに祭られている聖サラを慕って、多くのロマが世界中から集まるそうです。 

 

全体が聖堂、教会のような作り。扉には聖母マリアとイエスキリストが刻まれています。

高さは9cm、横幅6cm、メダイ部分は直径3cmとなります。

 

 

 

 

裏面にCREDO(信仰宣言、信条のような意味)の言葉が刻まれた、フランスアンティークの真鍮製十字架です。

先端に刻まれたユリの紋章(フルール・ド・リス)はカトリックでは聖三位一体を表し、白いユリの花は聖母マリアの象徴でもあります。

クローバーのような形も同様に聖三位一体を表すと言われています。

大きさは4×2.5cm(トップの穴の部分は含まず)となります。

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○15日(土)天王洲ハーバーマーケット(天王洲キャナルサイド)
○17日(月・祝)18日(火)湘南蚤の市(藤沢市・湘南T-SITE) 

当日販売予定の一部はインスタグラムでご紹介中!

 

今夜のホームページはこちらのメダイ2点を掲載予定です。

フランス19世紀の大きなサイズのメダイです。

 

 

 

 

フランス、1800年代中期頃の大きめのメダイです。

片側には聖家族(幼子イエスキリスト、聖母マリア、聖ヨゼフ)と精霊の鳩。

反対側には中央に三つの御心(心臓)が刻まれています。

向かって左側は「悲しみの剣が刺さった聖母マリアの心臓」、中央は「磔の時に槍で突かれた傷が残るキリストの心臓」、右側は「聖父ヨゼフの心臓」。

その上には、両側にマリアとヨゼフの純潔を表す(白い)百合の花、中央はキリストの受難具(イバラの冠、十字架に手足を打ち付けた時の3本の釘)です。

聖家族の面ももちろんですが、御心の側も大変丁寧に作られた素晴らしいメダイ。

真鍮製。大きさは3.5×3cm(上部の穴の部分は含まず)、厚みは0.2cmほどとなります。

 

 

 

 

大きくしっかりとした厚みのあるメダイ、フランスの1800年代中期頃のお品です。

 

イエスキリストの苦しみの御心を意味する側には、聖杯と受難具を手に嘆く天使。

association du coeur agonisant de jesus

イエスの苦しみの御心のアソシエーション(協会)

 

反対側にはベッドに横たわる人物が今まさに天に召されようとする場面が刻まれています。

coeur agonisant de jesus ayez pitié des mourants

イエスの苦しみの御心よ、死にゆくものを憐れみ給え

 

*概ねこのような意味だと思いますが、多少の解釈の違いがあると思いますのでどうぞご了承下さい

 

真鍮製。大きさは4×3.4cm。(上部の穴の部分は含まず)厚みは0.4cm。

これまで扱って参りましたメダイの中では最も大きいサイズの中に入ると思います。

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○15日(土)天王洲ハーバーマーケット(天王洲キャナルサイド)
○17日(月・祝)18日(火)湘南蚤の市(藤沢市・湘南T-SITE) 

当日販売予定の一部はインスタグラムでご紹介中!

 

 

今夜のホームページはこちらの3点を掲載予定です。

 

マザーオブパール&メダイのブレスレットとルルドのモノグラムのネクタイピン!

 

 

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

出店予定

○15日(土)天王洲ハーバーマーケット(天王洲キャナルサイド)
○17日(月・祝)18日(火)湘南蚤の市(藤沢市・湘南T-SITE) 

 

今夜のホームページはブローチ3点を掲載予定です。

 

 

 

 

 

お花のようなデザインのガラスのロケットブローチです。フランスの1900年代初頭頃のお品。

周りは24個のガラスのラインストーンで縁取られています。一つ一つしっかりと爪で留められた丁寧な作り。

こちらのタイプにしては大変珍しく裏蓋をパカっと開くことができますので、写真や押し花などの入れ替えがとても簡単です。(パチンと音を立ててしっかりと閉まります)

金属部分は真鍮製。

全体の大きさは直径3cm、ガラス部分の直径は1.8cmとなります。

 

 

 

 

 

 

 

甲冑を身につけ旗を持つジャンヌダルクのメダイが付けられた、ゴールドプレート(金鍍金)のピンブローチ。
フランスの1900年代初頭頃のお品です。
木の枝のようなバーにはぶどうの蔓が巻きついています。
メダイの右下には「MURAT」の刻印入り。金及び金鍍金のジュエリーや聖品で知られる、1800年代半ば創業のパリの宝飾メーカーの刻印です。
バーの部分の長さは3.7cm、メダイは直径1cmとなります。(ピン先を留めるストッパー付き)

 

 

 

 

 

聖母マリアのメダイが付いた美しい彫り模様のピンブローチです。

裏側にFIXの刻印が入っていますが、これは1823年創業のフランスのBIJOUX FIXという宝飾メーカーが始めた、圧延式のゴールドプレートであることを意味しています。

厚みのある金貼りの技術とデザインの美しさで、FIXの刻印が入ったアンティーク&ヴィンテージジュエリーやメダイは、ヨーロッパではとても人気があります。

こちらのブローチは1920-30年頃のお品。バーの部分は3.3×0.3cm、メダイの直径は0.8cmとなります。

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/

 

今夜のホームページはこちらの2点を掲載予定です。

 

 

 

フランス1800年代後期頃のシルバーメタルビーズのロザリオです。

クロスの裏側にはルルドの聖母の刻印、センターメダイには聖母の横顔とお告げの場面が刻まれています。

付けられているメダイ2点も同年代の大変古いもので、片方はルルドのメダイ、もう片方は不思議のメダイの聖母です。

 

ビーズ(数珠)の数は59個で欠損はありません。

クロス・・3.2×2cm

クロスの上~センターメダイの上まで・・9.5cm

輪の長さ・・46cm

ビーズの大きさ・・0.3cmほど

2点のメダイの大きさは1.7×1.3cmほどとなります

 

 

 

 

1900年初頭~1925年頃のフランスのメダイ4点セットです。

ピンク色のリボンで一つに束ねて、いつも持ち歩いていたのでしょうか。

持ち主だった方の信心が伝わってくるようです。

「ルルドの聖母の1908年のメダイ(ルルドの聖母のご出現があった1858年から50年目を記念したメダイ)」

「ルルドの聖母の楕円形のメダイ」「フランスの聖女テレーズ(テレジア)のメダイ(こちらは名前の頭に聖人を表す

St.の称号が刻まれていますので、テレーズが列聖された1925年以降のものということが分かります)」

「スカプラリオを掲げるカルメルの聖母(聖母子)と、聖心のイエスキリスト」以上の4点となります。

大きさは1.3~2.5cmです。

 

 

 

 

詳細は今夜9時以降、ホームページからご覧下さい。

(イベント出店日は発送をお休みさせて頂きます)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームページ http://eggplant.ocnk.net/
フェイスブックページ http://www.facebook.com/antique.eggplant
ツイッター http://twitter.com/@EggplantA
インスタグラム https://www.instagram.com/eggplant.antique/