LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー

LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー

LA Baby卵子提供エージェンシー公式ブログ
ホームページ内情報や卵子提供に関する記事を紹介

卵子提供

卵子提供プログラムをうけられる方のご年齢

自己卵子での不妊治療から卵子提供プログラムへと切り替える適齢期は、個人差があります。

また、適齢期は文化や社会、時代、医療技術の進歩等によっても異なってきます。

一概に適齢期を説明することはできませんが、米国のデータでは、自己卵子から卵子提供プログラムに切り替える人が増え始めるのは43歳です。

48歳で、約92%の方々が卵子提供プログラムを開始しています。

自分の卵子での、一般的な妊娠率や出産率、流産率などを考え、43歳で切り替える方が多いようです。

不妊治療に関連した保険は、統計学的に考え、43歳で適応されなくなるものも多いです。

保険会社での統計上でも、43歳がひとつの節目のようです。



「43歳」
43歳で、不妊治療の「やめどき」や養子縁組について考え始める方もいます。

いろいろと考え始める年齢です。

ただ、43歳以降で妊娠される方もいます。

個人差があります。

決断の前に、医師と相談されることはおすすめします。



弊社で卵子提供プログラムをうけられる方の大半は、46歳~49歳です。

米国のデータの43歳よりも、弊社でプログラムをうけられる方のご年齢は高いです。

ご年齢による妊娠・出産率は変わりませんが、高齢になるほど、妊娠・出産に対するリスクが高くなることは知っておく必要があります。



患者さまには、それぞれの状況等があります。

データは、あくまでも、参考にし、ご夫婦で考え決断するようにして下さい。

 

ご相談が必要な場合は、LA Babyまで遠慮なくご連絡ください。

 

(関連記事)

不妊治療の「やめどき」

 

養子縁組という選択

 

 

 

2020年7月の卵子提供説明会、予約受付中。

予約は、こちらから。

 

 


卵子提供スカイプ面談で卵子提供の相談やカウンセリングが可能です。

希望者はご連絡ください。

無料です。

 

 

 

LA Babyのメールアドレスは、contact@lababy.usです。

お問い合わせはこちらからも可能です。

 

 

 

LA BabyではLINE相談も可能です。

LA BabyのIDはlababyです。

いつでも、ご相談下さい。

 

 

 

現在、新橋オフィスとLA Baby本社の電話番号は、緊急事態宣言により繋がりません。

ただし緊急連絡先の電話番号は、緊急事態宣言中でも繋がりますので、遠慮なくご連絡ください。

 

 



LA Baby YouTubeチャンネル。

外出禁止制限がある今でも、積極的に更新しています。

YouTubeチャンネルにはこちらから


 

「高齢不妊診療ハンドブック」

好評発売中

高齢不妊診療ハンドブック 高齢不妊診療ハンドブック

 

LA Babyが卵子提供のページを担当しました。

 

 

 

エルエーベイビーブログ目次
LA Babyブログ、目次ページにはこちらから
 

 


卵子提供エージェンシー
LA Babyのホームページはこちらから



卵子提供お問い合わせ
お問い合わせはこちらから

 

今日はLA Baby新橋オフィスで、卵子提供個別面談の準備をしていました。

 

コロナ対策でパーテーションをおき、

 

いろいろと患者さまの好みや安心感などもありますので、

 

スプレー式の消毒液やポンプ式の消毒液を準備し、

 

アルコールウェットティッシュも買い、

 

使用しないかもしれませんが、フェイスシールドも買い出来る限りの準備をしていました。

 

明日も最初の卵子提供個別相談に来られる方よりも早く出社し、拭き掃除をする予定です。

 

私たちこそ、こうした感染症対策をしっかりと行うべきだと思っています。

 

 

 

2020年7月の卵子提供説明会、予約受付中。

予約は、こちらから。

 

 


卵子提供スカイプ面談で卵子提供の相談やカウンセリングが可能です。

希望者はご連絡ください。

無料です。

 

 

 

LA Babyのメールアドレスは、contact@lababy.usです。

お問い合わせはこちらからも可能です。

 

 

 

LA BabyではLINE相談も可能です。

LA BabyのIDはlababyです。

いつでも、ご相談下さい。

 

 

 

現在、新橋オフィスとLA Baby本社の電話番号は、緊急事態宣言により繋がりません。

ただし緊急連絡先の電話番号は、緊急事態宣言中でも繋がりますので、遠慮なくご連絡ください。

 

 



LA Baby YouTubeチャンネル。

外出禁止制限がある今でも、積極的に更新しています。

YouTubeチャンネルにはこちらから


 

「高齢不妊診療ハンドブック」

好評発売中

高齢不妊診療ハンドブック 高齢不妊診療ハンドブック

 

LA Babyが卵子提供のページを担当しました。

 

 

 

エルエーベイビーブログ目次
LA Babyブログ、目次ページにはこちらから
 

 


卵子提供エージェンシー
LA Babyのホームページはこちらから



卵子提供お問い合わせ
お問い合わせはこちらから

 

 

 

目次ページ3


不妊治療で受精卵移植後の生活も注意点はたくさんあります。

卵子提供を含む不妊治療のゴールは母子共に健康に出産です。

私たちのプログラムでは、出来る限り妊娠する可能性をあげるために、胚盤胞での移植を目指して進めています。

胚盤胞移植の場合、移植日から48時間以内に着床し、胎児は育っていきます。

そこで気になるのは、移植後の入浴はしても良いかどうかです。





アメリカにいると、日本のお風呂が恋しくなる時があります。

お風呂は体を温め血行促進や冷え対策にも繋がります。

ストレス発散にも繋がります。

つまり、流産防止です。

ただ、入浴は妊娠中に良いとは限りません。

 




昔、アメリカでは「妊娠をしたら、妊娠中はお風呂に入らないように」と指示するのが一般的でした。

医学的な根拠は立証されていませんでしたが、統計学データに基づいてのアドバイスです(コックス比例ハザードモデル)。





2003年のカイザーパーマネンテ病院では、1063人の女性を対象に調査しました。

結果、妊娠初期にお風呂に入る女性の流産率は約2倍でした。

お風呂に入る頻度の高い女性は、流産率がさらに高くなりました。





熱いお風呂は、神経管欠損に繋がる可能性があります。

熱いお風呂は、低血圧に繋がり、血流が悪くなり胎児に栄養が行きにくくなり流産の原因にもなります。

長風呂によって、身体の水分量が足りなくなり血流が悪くなり流産の原因にもなります。

ただ、お風呂が流産の原因になる、はっきりとした原因はまだわかりません。





過去の医学の歴史の中でも、統計上のデータが先に出ているにもかかわらず、原因追及ができない理由で中止を決められず大変な事態に発展していった例はたくさんあります。

そのため、統計で数値が出ている限り、妊娠中のお風呂は進められません。

現在、米国産婦人科学会では、熱いお湯での長時間風呂が流産の原因になっている可能性が高いと忠告しています(どうしてもお風呂に入りたい方は、低温で10分以内の入浴を推奨)。

卵子提供プログラムでは、移植日から最低でも1ヵ月はシャワーのみにし、お風呂は控えるようにして下さい。
 

 

 

ハワイで卵子提供

 

ハワイで卵子提供プログラムに興味がありましたら、

LA Babyまでご連絡ください。

お問い合わせは、こちらから

 

 

 

卵子提供電話相談

卵子提供電話コンサルテーションを希望される方は、

03-6895-7507

までお電話ください。 無料です。

 

 

 

エルエーベイビーブログ目次
LA Babyブログ、目次ページにはこちらから



卵子提供エージェンシー
LA Babyのホームページはこちらから



卵子提供お問い合わせ
お問い合わせはこちらから



【LINEのID】 lababy
卵子提供LINE



卵子提供LA Baby Fertility Agency(本社)
住所: 11500 Olympic Blvd. Suite 450 Los Angeles, CA 90064 USA
TEL: アメリカ 310-775-9320



LA Baby 新橋オフィスLA Baby東京オフィス
住所:〒105-0004 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル3階
TEL:03-6895-7507



卵子提供 EMAIL: contact@lababy.us