LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー

LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー

LA Baby卵子提供エージェンシー公式ブログ
ホームページ内情報や卵子提供に関する記事を紹介

昨日、為替市場で円相場が乱高下し、一時、3ヵ月半ぶりに1ドル=133円までに円高が進みました。

 

円高が進むと、卵子提供プログラムや代理出産プログラムの総費用が安くなります。

 

燃油サーチャージは高額のままですが、

 

各航空会社がコロナ後の復活を狙って、格安航空券も出回っている事から

 

このタイミングでプログラムを考え始めている人も増え始めました。

 

 

 

 

 

為替の将来予測は非常に難しいですが

 

一か月ほど前の円安・ドル高の時期を考えれば

 

今は、とても良い時期です。

 

 

 

 

 

サッカーワールドカップのように、日本の経済も逆転劇の復活をすれば

 

円安はさらに進む可能性はあります。

 

医療費も安くなる可能性もありますし

 

国から少子高齢化対策に出せる予算も増えるかもしれません。

 

円高は嬉しいニュースです。

 

 

 

ハワイで卵子提供

ハワイで卵子提供プログラムに興味がありましたら、

エルエーベイビーまでご連絡ください。

お問い合わせは、こちらから

 

 


卵子提供エージェンシー
LA Babyのホームページはこちらから



ZOOM面談

卵子提供の相談はZOOMで。

予約はこちらから

 

 



【LINEのID】 lababy
卵子提供LINE



卵子提供LA Baby Fertility Agency(本社)
住所: 11500 Olympic Blvd. Suite 400 Los Angeles, CA 90064 USA
TEL: アメリカ 310-444-3087



LA Baby 新橋オフィスエルエーベイビー東京オフィス
住所:〒105-0004 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル3階
TEL:03-6895-7507



卵子提供 EMAIL: contact@lababy.us

クリニックの総務室にあったクリスマスツリーです。

何年たってもクリスマスツリーを見るとワクワクします。

患者さまに良いことがおこりますように🤲

LA Baby Fertility Agency

卵子提供エージェンシー
www.lababy.us
contact@lababy.us


世界には、未だに一夫多妻制を認める国があります。

日本やアメリカに住む、私たちにとっては、信じられない話かもしれません。

性差別とも考えられる一夫多妻制です。

ただ、「一夫多妻制」という言葉は一人歩きしてしまっているのは事実です。

耳をふさぎがちなワードですが、本日は、この一夫多妻制について書かせていただきます。





昔、日本にも一夫多妻制が認められていた時代はありました。

わずか100年と少し前の時代です。

上流階級では男の子の跡取りを残さなければならないと強く信じられ、当時の国の制度も後押ししてました。





1870年(明治3年)には、妾(現代でいう愛人)を妻と同じ二親等とし、事実上、一夫多妻制を法律でも認めています。

富裕商人にも妾を持つものが多く、男子の跡取りを産んだ人が生母になります。

跡取りを残すためにできた制度で子孫繁栄にも繋がると信じられた制度ですが、

制度が生んだ女性差別であり、日本での一夫多妻制度はなくなりました。





イスラム系の人種が多い西アフリカや中東では、今でも一夫多妻制を認める国があります。

女性の人権や倫理的な理由で、イスラム教であっても「トルコ」や「チュニジア」では一夫多妻制を禁止しています。

ただ、もともとイスラム教での一夫多妻制は、女性を助けるためにあります。





世界の女性の数は、男性よりも常に多いです。

戦死や争いごとによる被害が男性の方が多く、女性の方が寿命が長いなどが理由とされています。

厚生労働省の人口統計によると、2017年の日本男性は約6100万人に対して、女性は約6500万人と、やはり女性の方が多いです。

男女比に大きな差が出てきますと、たくさんの問題が出てきます。





例えば、第二次世界大戦中のドイツでは、戦争に行っている男性が多く、

女性は男性よりも730万人多くいました。

 

100人の男性に対して、167人の女性の割合です。

結果的に女性の飢餓が増え、売春増加につながりました。





イスラム教の一夫多妻制は、その解決策でした。

重病または不妊症の妻との離婚も回避できるともしています。





ただ、女性を助けるための一夫多妻制ですので、その内容は厳しいです。

男性は全ての妻に住居を用意し、全ての妻を平等に扱う必要があります。

結果、莫大な費用等がかかり、複数の妻を持つ人は少ないのが現状です。

また、やはり現代は独立していく女性が多く、一夫多妻制に批判的な若年層が増え、

複数の妻を持つ男性に軽蔑する女性も増えているのが現状のようです。





一夫多妻制度は決して良い制度とは思いません。

ただし、一夫多妻制度によって救われた方もいれば、問題解決になっている部分もあります。

家族の形は、時代と共に変化します。

わずか100年と少し前の日本でも一夫多妻制が認められ、上流階級以外では、また別の家族の形がありました。

いろいろな家族の形や歴史を知ることは、今後の家族の形について考える参考になるはずです。


 

ハワイで卵子提供

ハワイで卵子提供プログラムに興味がありましたら、

エルエーベイビーまでご連絡ください。

お問い合わせは、こちらから

 

 


卵子提供エージェンシー
LA Babyのホームページはこちらから



ZOOM面談

卵子提供の相談はZOOMで。

予約はこちらから

 

 



【LINEのID】 lababy
卵子提供LINE



卵子提供LA Baby Fertility Agency(本社)
住所: 11500 Olympic Blvd. Suite 400 Los Angeles, CA 90064 USA
TEL: アメリカ 310-444-3087



LA Baby 新橋オフィスエルエーベイビー東京オフィス
住所:〒105-0004 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル3階
TEL:03-6895-7507



卵子提供 EMAIL: contact@lababy.us