採用と教育研究所 所長 半田真仁



  • 04Mar
    • 日本理化学工業大山社長講演会&クラロン田中須美子会長94歳車座対話会おかげさまで

      日本理化学工業大山社長講演会&クラロン田中須美子会長94歳車座対話会おかげさまで無事に終了させていただきました。このようなきかっけをくださいました。日本理化学工業大山会長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。対談の中で日本理化学工業さんも、クラロンさんの≪一日一生≫の精神をもって丁寧に丁寧に働く人に、お取引先様に、地域に接していらっしゃることをたくさん学ばせていただきました。感謝採用と教育研究所一同

      3
      テーマ:
  • 19Feb
    • YELL新聞vol.19ができました

      弊社発行の社外報「YELL」第19号が出来ました。今号では、福島県初のJリーグクラブとして活躍を続けていらっしゃる「福島ユナイテッドFC」さまを特集させていただきました。2010年の経営危機による「緊急事態宣言」から新しい運営会社を設立して踏み出した矢先に2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原子力発電所事故による再びのクラブ存続の危機。それらを乗り越え、2013年に悲願のJFL昇格とJ3加入を成し遂げたクラブです。

      3
      テーマ:
    • FMポコ『祝 福島大学農学群食農学類開設記念! 植物の不思議』放送中

      福島市内を中心に放送されているラジオ「FMポコ」にて、福島大学農学群食農学類開設記念番組を放送させていただいております。 ~『祝 福島大学農学群食農学類開設記念! 植物の不思議』~ ■放送日時:毎週月曜日 朝8時30分〜8時38分頃■放送期間:2019年1月7日〜■パーソナリティ:佐久間辰一&半田真仁 ■番組内容: 2019年度からスタートする福島大学 農学群食農学類の開設おめでとうございます!番組のテーマは『植物に学ぶ人生』 田村市大越町の農家 佐久間辰一さんと採用と教育研究所の半田真仁が、毎回ひとつの植物の生き方を参考に、『野菜と人生観』『野菜と経営』など、人の生き方について考えていきます。 ■パーソナリティ紹介佐久間 辰一(さくま しんいち)昭和27年1月、福島県田村市大越町に生まれる。元高校教師、田村市大越町在住。大越町立牧野小学校、牧野中学校(現・大越小学校、大越中学校)を卒業後、福島県立岩瀬農業高校農業科、同校別科産業科測量家庭で測量技術や統計を学ぶ。のち日本大学通信課程法学部法律学科卒業。岩瀬農業高校実習助手を経て、双葉農業、小野、岩瀬農業の各校教諭を務めた。平成18年に福島県で初めての優秀教員表彰受賞(文部科学大臣表彰)。現在、牧野ひまわり会会長、田村市グリーンツーリズム協議会会長、大越まちづくり協議会副会長、元大越町牧野小学校PTA会長、同校同窓会長。 趣味は花卉や野菜・果物栽培(洋蘭、パッションフルーツなど多数)、加工食品づくり(柿酢、梅干など多数) これまでの放送内容はこちらで聞くことができます。 ぜひお聴きください。・第1回 大根・第2回 ひまわり・第3回 彼岸花・第4回 柿・第5回 蘭・第6回 パッションフルーツ・第7回 さつまいも・第8回 スギナ・第9回 竹・第10回 紫陽花・第11回 きゅうり・第12回 ゲスト対談・第13回 桜・おまけトラック

      1
      テーマ:
  • 11Feb
    • 日本一大切にしたい会社の対話 あと、三名です!(^^)!

      日本理化学工業さんと株式会社クラロンサンの対話 残席三名になります!(^^)!ご参加予定の皆様優しい風の対話をお楽しみに。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー日本で一番大切にしたい東西の対話60年続く障碍者雇用の事例など実践の物語...日本理化学工業さん&クラロンさん限定20名さま講和とほっとり茶話会の対話福島市開催https://www.saiyoutokyouiku.com/newinfo/1208.html日本でいちばん大切にしたい会社で厚生労働大臣賞を受賞した福島市のスポーツウエアメーカー企業(株)クラロンの田中会長と、川崎市と北海道でダストレスチョークを製造している日本理化学工業(株)の大山社長による講演会と特別対談を福島市で開催します。クラロンも日本理化学工業も障害者雇用をとても大切にしている日本が誇る企業です。***********************************************************************************日本理化学工業株式会社 大山隆久×株式会社クラロン 田中 須美子 講演会&特別対談 開催 ***********************************************************************************日 時:2019年2月23日(土) 13:30~16:00 (13:00開場)会 場:株式会社クラロン (福島市八木田字並柳58)講 師:日本理化学工業株式会社 代表取締役社長 大山 隆之 氏    株式会社クラロン 取締役会長 田中 須美子 氏受講料:お一人様 10,000円    株式会社クラロン工場見学、キットパス付定 員:20名申込期限:定員になり次第締め切らせていただきますお問い合わせ:Mail info@saiyoutokyouiku.comTEL 024-529-5153*************************************************************************************大山 隆之1968年生まれ。約3年間広告製作会社に勤務し、その後アメリカの大学院へ組織論を学ぶ学ぶために留学。アメリカの大学院を卒業後、1937年日本理化学工業株式会社へ入社。2008年に同社代表取締役社長に就任。日本理化学工業株式会社は、チョークをはじめとする文房具・事務用品の製造販売を行う企業として、1937年に設立。1960年から障がい者雇用を始め、現在では全社員84名中62名(全体の70%以上)が障がい者という障がい者雇用に力を入れている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。田中 須美子1925年生まれ。1947年に結婚、夫(善六)と共に1956年㈱クラロン設立。2002年夫の没後を継いで同社代表取締役社長に就任。2014年に同社取締役会長に就任。株式会社クラロンは、「みんなが望む健康、みんなに優しいスポーツウェア」を経営理念に掲げ、東北、北関東エリアの学校1,100校へ運動着を納品している。創業以来、障がい者の雇用を通じた自立支援を積極的に行っており、現在の障がい者雇用率は県内トップの35.1%の水準となっている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。

      1
      テーマ:
  • 06Feb
    • 福島大学農業学部開設お祝番組 採用と教育研究所提供 佐久間辰一先生による 植物の不思議ラジオのご

      福島大学農業学部開設御祝番組採用と教育研究所提供 エフエムポコ福島「植物の不思議」毎週、植物からの気づきを楽しくわかりやすく解説してくださいます。...植物ナビゲーター佐久間辰一先生元農業高校教員毎週月曜日朝七時半FMポコさんより・第2回 の植物テーマは「ひまわり」コチラでラジオの内容が聞けます ユーチューブhttps://youtu.be/993ougR0utYーご案内ーありそうでなかった最初の対話はじめましてカフェ日本で一番大切にしたい東西の対話限定20名さま講和とほっとり茶話会の対話https://www.saiyoutokyouiku.com/newinfo/1208.html♯SDGS

      3
      テーマ:
  • 05Feb
    • 日本一大切にしたい会社 坂本先生 福島市講演会

      いつお伺いしても、背筋が凛とするそんな素敵なお話でした。よしっ。いい会社目指すぞ!(^^)!日本理化学工業株式会社 大山隆久×株式会社クラロン 田中 須美子 講演会&特別対談 開催 ***********************************************************************************日本理化学工業株式会社 大山隆久×株式会社クラロン 田中 須美子 講演会&特別対談 開催 ***********************************************************************************日 時:2019年2月23日(土) 13:30~16:00 (13:00開場)会 場:株式会社クラロン (福島市八木田字並柳58)講 師:日本理化学工業株式会社 代表取締役社長 大山 隆之 氏    株式会社クラロン 取締役会長 田中 須美子 氏受講料:お一人様 10,000円    株式会社クラロン工場見学、キットパス付定 員:20名申込期限:定員になり次第締め切らせていただきますお問い合わせ:Mail info@saiyoutokyouiku.comTEL 024-529-5153*************************************************************************************大山 隆之1968年生まれ。約3年間広告製作会社に勤務し、その後アメリカの大学院へ組織論を学ぶ学ぶために留学。アメリカの大学院を卒業後、1937年日本理化学工業株式会社へ入社。2008年に同社代表取締役社長に就任。日本理化学工業株式会社は、チョークをはじめとする文房具・事務用品の製造販売を行う企業として、1937年に設立。1960年から障がい者雇用を始め、現在では全社員84名中62名(全体の70%以上)が障がい者という障がい者雇用に力を入れている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。田中 須美子1925年生まれ。1947年に結婚、夫(善六)と共に1956年㈱クラロン設立。2002年夫の没後を継いで同社代表取締役社長に就任。2014年に同社取締役会長に就任。株式会社クラロンは、「みんなが望む健康、みんなに優しいスポーツウェア」を経営理念に掲げ、東北、北関東エリアの学校1,100校へ運動着を納品している。創業以来、障がい者の雇用を通じた自立支援を積極的に行っており、現在の障がい者雇用率は県内トップの35.1%の水準となっている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。*************************************************************************************●お申し込み方法※FAXまたはMailでお申込みください。※メールでお申込みの際は、申込書の項目全て掲載し送信ください。※参加料 銀行振込

      1
      テーマ:
    • 日本一やさしい風が吹きながらもしっかり経営を60年されている奇跡の二社の対談 福島市開催のご案内

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー日本で一番大切にしたい東西の対話60年続く障碍者雇用の事例など実践の物語日本理化学工業さん&クラロンさん限定20名さま講和とほっとり茶話会の対話福島市開催https://www.saiyoutokyouiku.com/newinfo/1208.html日本でいちばん大切にしたい会社で厚生労働大臣賞を受賞した福島市のスポーツウエアメーカー企業(株)クラロンの田中会長と、川崎市と北海道でダストレスチョークを製造している日本理化学工業(株)の大山社長による講演会と特別対談を福島市で開催します。クラロンも日本理化学工業も障害者雇用をとても大切にしている日本が誇る企業です。***********************************************************************************日本理化学工業株式会社 大山隆久×株式会社クラロン 田中 須美子 講演会&特別対談 開催 ***********************************************************************************日 時:2019年2月23日(土) 13:30~16:00 (13:00開場)会 場:株式会社クラロン (福島市八木田字並柳58)講 師:日本理化学工業株式会社 代表取締役社長 大山 隆之 氏    株式会社クラロン 取締役会長 田中 須美子 氏受講料:お一人様 10,000円    株式会社クラロン工場見学、キットパス付定 員:20名申込期限:定員になり次第締め切らせていただきますお問い合わせ:Mail info@saiyoutokyouiku.comTEL 024-529-5153*************************************************************************************大山 隆之1968年生まれ。約3年間広告製作会社に勤務し、その後アメリカの大学院へ組織論を学ぶ学ぶために留学。アメリカの大学院を卒業後、1937年日本理化学工業株式会社へ入社。2008年に同社代表取締役社長に就任。日本理化学工業株式会社は、チョークをはじめとする文房具・事務用品の製造販売を行う企業として、1937年に設立。1960年から障がい者雇用を始め、現在では全社員84名中62名(全体の70%以上)が障がい者という障がい者雇用に力を入れている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。田中 須美子1925年生まれ。1947年に結婚、夫(善六)と共に1956年㈱クラロン設立。2002年夫の没後を継いで同社代表取締役社長に就任。2014年に同社取締役会長に就任。株式会社クラロンは、「みんなが望む健康、みんなに優しいスポーツウェア」を経営理念に掲げ、東北、北関東エリアの学校1,100校へ運動着を納品している。創業以来、障がい者の雇用を通じた自立支援を積極的に行っており、現在の障がい者雇用率は県内トップの35.1%の水準となっている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。*************************************************************************************--

      1
      テーマ:
    • 今でいう子供食堂をずっと継続されていた広島のマザーテレサばっちゃん

      弊社のCSRとしてたくさんのご縁から一トンのお米を寄贈させていただきました。関係各位の皆様ご協力ありがとうございます。福島から東北から広島への恩返し広島で40年近くずっと、今で言う子供食堂を、実際は子供から大人まで提供し続けていらっしゃいます。そんなばっちゃん の団体に福島県を中心に東北から合計1トンのお米を贈らせて頂きました。...応援してくださった皆さんありがとうございます😊お米が毎日子供達に提供され特に足りないようです。今回の御写真のお米やお野菜は福島県二本松市産です。tさんありがとうございございます😊広島のマザーテレサ ばっちゃんhttps://www.imishin.me/chikako-nakamoto/本当に日本には思いやり溢れる人物がたくさんいらっしゃるのだとしみじみ感じる瞬間でした。ばっちゃん、NPOの皆様ありがとうございます。感謝毎年1.5トン近いお米が必要だそうです。いつでもご寄付大募集だそうです。

      1
      テーマ:
  • 30Jan
    • 【講演会情報】日本理化学工業株式会社 大山隆久×株式会社クラロン 田中 須美子 講演会&特別対談

      こんにちは。採用と教育研究所です。障がい者雇用でおなじみの、日本理化学工業株式会社 代表取締役の大山隆久様の講演会と株式会社クラロン 取締役会長の田中須美子様との特別対談の開催が決定いたしました。定員が20名となっておりますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。********************************************************日本理化学工業株式会社 大山隆久×株式会社クラロン 田中 須美子 講演会&特別対談 開催 ********************************************************日 時:2019年2月23日(土) 13:30~16:00 (13:00開場)会 場:株式会社クラロン (福島市八木田字並柳58)講 師:日本理化学工業株式会社 代表取締役社長 大山 隆之 氏    株式会社クラロン 取締役会長 田中 須美子 氏受講料:お一人様 10,000円    株式会社クラロン工場見学、キットパス付定 員:20名申込期限:定員になり次第締め切らせていただきますお問い合わせ:Mail info@saiyoutokyouiku.com TEL 024-529-5153************************************************************大山 隆之1968年生まれ。約3年間広告製作会社に勤務し、その後アメリカの大学院へ組織論を学ぶ学ぶために留学。アメリカの大学院を卒業後、1937年日本理化学工業株式会社へ入社。2008年に同社代表取締役社長に就任。日本理化学工業株式会社は、チョークをはじめとする文房具・事務用品の製造販売を行う企業として、1937年に設立。1960年から障がい者雇用を始め、現在では全社員84名中62名(全体の70%以上)が障がい者という障がい者雇用に力を入れている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。田中 須美子1925年生まれ。1947年に結婚、夫(善六)と共に1956年㈱クラロン設立。2002年夫の没後を継いで同社代表取締役社長に就任。2014年に同社取締役会長に就任。株式会社クラロンは、「みんなが望む健康、みんなに優しいスポーツウェア」を経営理念に掲げ、東北、北関東エリアの学校1,100校へ運動着を納品している。創業以来、障がい者の雇用を通じた自立支援を積極的に行っており、現在の障がい者雇用率は県内トップの35.1%の水準となっている。坂本光司著(あさ出版刊)「日本でいちばん大切にしたい会社」にて掲載されるなど、各メディアでも注目されている。*************************************************************●お申し込み方法※FAXまたはMailでお申込みください。※メールでお申込みの際は、申込書の項目全て掲載し送信ください。※参加料 銀行振込▼申し込み用紙

      3
      テーマ:
  • 31Dec
    • 10年目 2018年12月29日 笑うお食事会 集合写真と河北新報さん掲載記事になります 

      新聞記事を掲載していただきまして河北新報さんありがとうございます。私そっくりさんと間違えられるF-さん。笑い顔までそっくりw今年は子供達が10年の中で1番年末年始戻れない子供達の人数か過去最大でした。...奇跡的に全く同じ人数の大人が参加してくださり神がかりで驚きました。10年間継続させていただき毎年応援してくださる石川県の皆様、喜多方バスさん、しゃぶしゃぶ温野菜さん、ラウンド1さん、ペップキッズさん、牧野ひまわり会さん、参加者の皆様、アイリス学園の子供達、職員さん本当にありがとうございます😊何より年末にもかかわらずニコニコ支えてくれる働く仲間のみんなありがとうございます🙇‍♂️。

      5
      テーマ:
    • 感謝

      2018年もおかげさまで無事に過ごさせていただきましてこれも、ひとえにお取引様、サポート企業の皆様、地域の皆様、先輩、師匠、両親、親族、共に働く仲間、その家族の皆様のおかげさまです。福島県でこうして無事にお仕事をさせていただけることまだまだ事務所の近くには震災の傷跡の除染度が事務所の近くにそのまま置いてありますがオリンピックに向けて少しづつ福島市内の仮置き場に移動されその後、また処分場に移動されるようです。このような風景も福島の風物詩としてきづくと震災からも次の三月で8年がたとうとしています。だからこそ、震災かあったからこそ社会課題最先端の地域としていい会社を作る支援業として弊社は来年もお手伝いさせていただきたいと考えています。事前のご案内になりますが2月23日には日本で一番大切にしたい会社の西の横綱日本理化学工業さんと東の横綱株式会社クラロンサン 田中会長のセッションを福島市内で予定しています。いい会社を作るきっかけの種としていただけましたら嬉しいです。また、先日の弊社主催の笑うお食事会では今回をもちまして10年目になりました。過去最高の子供たちの人数になりとても複雑な気持ちと、子供たちから、アイリス学園の職員さんからも沢山のお力をいただきました。コツコツ少しづつですが企業経営を通じて社会のお役にたてますように採用と教育研究所を来年もよろしくお願い申し上げます。感謝の一日2018年12月31日採用と教育研究所 所長 半田 真仁よいお年をお過ごしくださいませ。

      1
      テーマ:
  • 13Dec
    • 2018年度笑うお食事会のお知らせ

      【笑うお食事会のお知らせ】日本一不親切なチャリティイベント「笑うお食事会」を今年も開催させていただきます。12月29日(土)に、福島市内の児童養護施設の子どもたちと遊び、語らいながら食事をする ボランティアの皆さんを募集しています。 <イベント詳細>日  時:2018年12月29日(土) 10:00~15:00場  所:福島県郡山市 しゃぶしゃぶ恩野菜横塚店            (〒963-8803 福島県郡山市横塚2丁目1−6)募集人数:39名参 加 費 :12,000円〔子供1人の食事+ご自身のお食事代+子供へのお土産+子供の移動費1名分〕 ※ジャージ等動きやすい格好でご参加ください ▼笑うお食事会 特設サイト http://warauosyokuji.jimdo.com/ ▼お申し込みチラシはこちらからダウンロードいただけます ※PDF形式

      2
      テーマ:
  • 17Nov
    • アジサイから学ぶ会社経営

      いよいよ本日は、東京八重洲ブックセンターさんにて出版記念講演会です。みなさんおまちしています。当日参加も大丈夫です。詳細サイト 絵本作家ちゃんキー松本&佐久間辰一講演会 http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR0cST2XjQ_6l4tuxrOE2P8fRuGiZTlZPzuZleRW1vpiMRKeueJkNj70iqw紫陽花(アジサイ) 著 佐久間辰一1)花の色不思議 うっとうしい梅雨の時期、それを吹き飛ばすかのように、雨に濡れながら色鮮やかに青やピンクに咲くアジサイの花、私たちの心を癒してくれます。私もボランティアの会で、5000本のアジサイを挿し木で増やし、公園や道路沿えに植栽しました。そして今、見事に咲いた花を楽しんでいます。 アジサイの花はその色が変化することでも知られていますが、なぜ変わるのでしょうか。それは植えられている土壌によって変わることがわかっています。本来アジサイはピンクの色をしておりますが、これはアントシアニンの成分によるものです。これにアルミニュウムイオンが加わることで、青くなるということです。土壌が酸性の場合アルミニュウムイオンが土中に溶け出し、アジサイの根から吸収され、花に含まれるアントシアニンと結合し、青くなります。何か、花の中で、化学実験が行われているようで面白いですね。ただ、花の色は品種の特性で変化しないものや老化によって変化する場合などもあります。アジサイは日陰を好む植物のように思われていますが、実際に栽培してみて、むしろ、日に当たるところのものは花が沢山咲きます。炎天下でも枯れることはありません。光の当たらないところのものは、木も痩せ、花も見られません。やはり、光合成が大切なんです。2)毒性の不思議 アジサイの葉やつぼみ、根には青酸配糖体という有毒物質が含まれていて、食すると胃の中で消化酵素と反応し青酸が作られ、中毒症状を引き起こすことが知られています。青酸配糖体は青梅などにも含まれる物質で、呼吸困難やめまいを引き起こすそうです。そういいば、アジサイの花や葉を食べる虫が少ないのもうなずけます。花を見るのはいいですが、注意が必要ですね。植物の中で青酸を含んだ植物にはその他キョウチクトウ、オモト、ナンテン、アセビなどがあります。またフクジュソウやスイセン、ヒガンバナなどにも有毒物質が含まれています。有毒物質を含むことで動物に食べられることを防御しているのです。3)種類の不思議 アジサイはアジサイ科の耐寒性落葉低木です。アジサイは分類の仕方がいろいろありますが、花の咲き方から大きくガク咲き(ガクアジサイ)、テマリ咲き(テマリアジサイ)、円錐形に分類できます。アジサイは花の構造に特色があります。ガクアジサイの花は大きく2種類で構成されています。一つは周りの花のような部分で、真ん中の花を、額縁の用に囲っているもので、これは花ではなくガクです。中には生殖能力のない中性花があります。ガクと中性花併せて装飾花といいます。装飾花は周りに目立つことで、昆虫を誘引する働きがあります。もう一つは真ん中の小さな花の集まりで、これは一つ一つが独立した花で、雄しべ、雌しべを持つ生殖能力を持った完全花で両生花といいます。ガクのような装飾花を持っているところからガクアジサイと名付けられました。日本に古くからあるタイプです。テマリ咲きは手まりのように、装飾花が丸く固まって咲くタイプで、日本のガクアジサイが欧米で品種改良されたものです。円錐形は花房が円錐形になっているタイプです。円錐形アジサイは、花が円錐状あるいはピラミット型につくものです。アジサイの繁殖は挿し木が一般的で、簡単に増やすことが出来ます。ガクアジサイの両生花は種子が出来るので種子繁殖も出来ます。装飾花と両生花、子孫を残すための連携プレー見事です。4)甘茶の不思議 花祭りに使われる甘茶、甘茶の木は実はガクアジサイの変種だということをご存じでしたか。葉には甘み成分が含まれていて、作り方は甘茶の木の若葉を蒸して揉み、乾燥後、水をかけ醗酵させた後更に乾燥させ、それを煎じて作った飲み物です。葉は苦みがあるそうですが醗酵することにより甘くなります。甘茶には砂糖の400倍以上の甘さの成分が入っているようです。ノンカロリーでダイエット効果や糖尿病患者の甘味料としての使用などの効果が期待できます。毒性は無いとされていますが、飲み過ぎると中毒を起こすそうです。アジサイの毒性と関係があるような気がします。いずれにしても生では食さない方が無難です。5)アジサイに学ぶ人生 梅雨時に雨に濡れながらも、鮮やかな、青と赤の色に染まるアジサイの花。アジサイには装飾花と両生花があることを知りました。装飾花は受粉を行う両性花のために、ハチを呼ぶ役目をしています。装飾花と両生花の協力があって、受粉が可能となります。役割分担がはっきりしているのです。当然両性花は受粉のため、必要不可欠の花でありますが、装飾花の存在も大きなものがあります。人間社会も同じだと思います。会社を例に取れば社長と社員、どちらも居ないと会社は成り立ちません。社長は自分は偉いからと、威張りくさって、何もしなければ、会社はすぐに倒産してしまいます。もちろん、社員が働かなければ、同じです。それぞれが、自分の役割を認識しながら目標に向かって進めば会社はうまくいくと思います。それは、会社ばかりでなく、社会のすべてに当てはまることではないかと思うのです。最高の社会それは、相手のことを思いながら、自分に与えられたことに精一杯汗を流すことかと思います。アジサイが一層美しく見えてきました。福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      7
      テーマ:
  • 16Nov
    • きゅうりから学ぶ経営・人生

      きゅうりから学ぶ経営・人生シリーズ 第五弾明日は、八重洲ブックセンターに私もお伺いする予定です。その理由は・・・。ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4c 今日は、みなさんのご家庭でおなじみきゅうりです。それではどうぞ。胡瓜(キュウリ)1)花の不思議 キュウリには雄花と雌花があります。しかし不思議なことに受粉しなくても雌花だけで実を肥大させることが出来ます。これを単為結果性といい、受精が行われず子房壁や花床が肥大し果実をつくることです。普通キュウリは受粉が行われないまま肥大するため中を切ってみると、未熟な種の形が残っています。種を取るためにはやはり、雄花による受粉が必要です。昔、きゅうりは貴重品で、小さいのをとるのはもったいなく、大きくして食べたり、熟したものは種を取り除いてみそ汁で食べたことが思い出されます。そして種は翌年の種として使われました。同じうり科のメロンやカボチャなどほとんどのものが熟したものを利用するのに、キュウリは未熟なものを利用します。キュウリの旬は夏でしたが、ハウスの利用などもあり一年中食べることが出来るようになりました。成分の大半が水分のキュウリは夏に摂ることで水分の補給と体温の低下という夏にはこの上ない野菜です。品種も戦前は各地に在来種が見られましたが、現在は大半がF1品種となり、最近は新鮮度のバロメータであったいぼのないものも現れてきました。トマト、ナスなどでも受粉作業の省力化などのため単為結果を起こすように人為的につくられました。人為的に作られ単為結果の果実にはジベレリン処理を行った種なしブドウや三倍体植物を育成して作ったスイカなどもあります。同じウリ科のマスクメロンなどは、交配が必要ですが、雌花の位置により糖度と大きさが変わってきます。下の方ほど実は甘くなり、上の方ほど大きくなります。従って両方を兼ね備えた中間の実を育てるようにしています。2)巻きひげの不思議  キュウリはツルを持つ植物の一つで、同じツル植物でもいんげんまめなどはつるが直接支柱などに巻き付くため、巻きひげをもっていませんが、キュウリやゴーヤなどは巻きひげを持っています。キュウリなど多くのウリ科植物の巻きひげは枝の変形したもので、ブドウやフウセンカズラなどの巻きひげは茎が変形したものです。最初はまっすぐに伸びる巻きひげですが、徐々に旋回しながらつかむべき支柱をさがし、先端のひげを巻き付けていきます。その後も旋回をしながららせん状に巻いていきます。そして最後はスプリングのように伸び縮みをすることができるようになるのです。今私たちの日常生活で見るコイル状バネはこの巻きひげをヒントに生まれたのかも知れません。3)「へた」がない不思議 野菜をよく見ると、へた(ガクともいう)のある野菜と無い野菜があることに気づきます。ナスやトマトなどナス科植物にはへたがありますが、キュウリやスイカなどのウリ科植物にはへたは見あたりません。どうしてこのような差が見られるのでしょうか。調べてみるとそれは子房の場所によることがわかりました。子房は実になるところです。キュウリやスイカは下位子房といって子房が花被(がくと花弁)より下側にあり、外からもみることができます。キュウリをみると、花の咲く前からつぼみの下側にキュウリの形をした子房が見えます。これに対しナスの花のように子房が花被より上についているものは上位子房といい、最後までへたがそのまま残ります。ではキュウリのへたはどうしたのでしょうか。実はそれは、キュウリの先端に残る花がらにその面影を残しております。花がらが残っているキュウリは新鮮さのバラメータともいわれています。がくは花蕾の保護のほか、呼吸の補完や成長ホルモンの供給などに関係しているそうです。キュウリの新鮮さのバロメータとしてもう一つ「とげ」があります、とげや苦みで小さい果実を動物から守っていると考えられています。余談ですがナスのがくや葉にはとげがあることをご存じでしたか。新鮮なものは針が鋭く刺さります。外的から身をまもりためでしょうかね。最近はとげのないナスもでてきました。4)曲がりきゅうりの不思議 市場にでているキュウリはほとんどまっすぐにすらりとしているものです。しかしながら、素人に近い私が作ったきゅうりは半分以上が曲がりキュウリであったり、先が太かったり、細かったりしていて、売り物にはならないのです。その原因としては水分の不足や病気にかかっていること、肥料が不足していること、障害物との接触、株の老化などがあります。それを予防するためには常にキュウリと向き合い細心の注意を払い、何が原因かを突き止め早期に対応することが大切になります。植物とのコミュニケーションが必要です。世の中捨てる神あれば拾う神ありで、曲がった規格外キュウリでも工夫次第で価値を見いだすことが出来ます。細かく切って漬け物などに使えば、曲がりは関係ありません。用途は広がり、付加価値をつけることができます。5)キュウリに学ぶ人生 野菜を直売所に出していて感じることがあります。それは、以前に比べ、消費者の皆さんは、その外見よりも中身をよく見てくれているということです。私も買う立場の場合はそうだと思います。キュウリはちょっとした原因で曲がったものや先太りなどのものができてしまいます。当然、規格があって、市場では規格外として扱われ、出荷出来ないか、価値が落ちてしまいます。その点直売所では訳あり野菜として別コーナーで販売することができます。味や成分はそんなに変わらないはずです。むしろ、形よりも、無農薬栽培であることや有機栽培であることに関心が高まっています。生産者としては大変有り難いことであります。また、知恵を出せば、利用価値も高まると思います。今農業は、生産することばかりでなく、加工や流通まで考えた6次化が叫ばれています。食料全体の食物自給率40%の日本です。捨ててしまう余裕はありません。今こそ、植物の一つである作物、野菜や果物等に感謝しながら、有効活用に向けて生産者も消費者も一丸となって取り組み時が来ていると思います。植物にとっても、捨てられてしまうよりは、食べてもらうことで、その存在が認められると思います。 私たちが生きていく上で、他人と接していく上で、考えさせられることが多々あります。形ももちろん大切な要素でありますが、形だけにこだわると、その本質を見失ってしますことがあります。一方に偏ることなくそのバランスをどの様にしてとっていくべきかが大切であると思います。そうすることにより、曲がったキュウリも活かされると思います。佐久間辰一福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      2
      テーマ:
  • 15Nov
    • パッションフルーツに学ぶ人生 佐久間辰一先生

      今回も植物シリーズ第四弾。この著者である佐久間辰一先生なんと、東京八重洲ブックセンターで出版記念講演会をされます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cそれでは、今回のお題 パッションフルーツです。パッションフルーツ1)花の不思議 まだ多くの方に認知されていない「パッションフルーツ」を取り上げさせていただくことは忍びないのですが、私にとってパッションフルーツは人生のパートナーでありますので、ご容赦いただいて、おつきあいをお願いいたします。パッションフルーツは和名を「果物時計草」と申しまして、アメリカ大陸の亜熱帯地方を原産とするトケイソウ科の果物です。園芸に興味のある方はご存じかと思いますが、園芸種の「トケイソウ」の仲間です。トケイソウは花に特色があり、3本の雌しべと5本の雄しべ、そして雌しべの元には子房、周りには細いひも状の副花冠、5枚の花弁と5枚の萼片がついています。その形が時計に似ているところからトケイソウと呼ばれ、独特の花風を作っています。 2)開花の不思議 パッションフルーツの花は、その年に伸びたツルに花芽をつけ、開花します。露地栽培では早いものでは5月中旬頃から開花がみられます。特徴的なことは午前9時頃から10時頃にかけ一斉に開花するということです。何に反応して開花するのか不思議です。一斉に、しかもほぼ同じ時間帯に開花する理由として考えられることは、一斉に開花することで花粉が一斉に出て受粉しやすいことや暖かくなり昆虫が動きやすくなる時間ではないかと考えられます。受粉は本来虫の力を借りて行うものだと思うですが、私の畑ではあまり見かけません。原産地には受粉を助ける虫もいるのではないかと思います。この地でどのような虫が花に気づいてくれるのか楽しみです。ただ、アリが行き来しています。これは葉にある蜜腺を狙って来ているようです。従って受粉させるには人工授粉に頼らなければなりません。特に一番花は人工授粉が必要です。下向きの雄しべから筆などで葯を取りだし、3本の雌しべにつけることで授粉を行います。花は一日で萎んでしまいます。雨の日はうまく受粉が出来ない場合が多いです。受粉が成功すると、2~3日後には子房が膨らんできます。受粉は8月上旬まで続きます。しかしながら、不思議なことに、南国の植物であるにもかかわらず、真夏の暑い時期は花芽がつきません。花は暑さには弱いようです。そして、お盆が過ぎ、8月下旬になるとまた、花が咲き始めるのです。残念ながらこの花の実はあまり期待できません。実る前に霜がおりて、熟さないまま終わってしまうことが多いからです。 パッションフルーツの種類は日本では紫玉、黄玉、中間交配種の3つです。栽培の大半は紫玉です。3)成長の不思議 パッションフルーツのはつる植物で、気温が高くなるとネットに張りながらぐんぐんと伸び、4~5mにもなります。ツルは各葉の付け根からも出ますので整枝や摘芽、摘芯をしなければなりません。巻きひげも現れネットに巻き付いて体を安定させます。 最近、夏の日よけとして「緑のカーテン」が人気を集めていて、朝顔やゴーや等の植物が使われていましたが、ここ数年で、パッションフルーツの利用が多くなってきました。パッションフルーツが緑のカーテンとして多く使われるようになってきた理由として、成長が早いこと。葉が大きく、長期間緑を保ち、光沢があること。病気や害虫の心配があまり無いこと。花が見られること。実も食べられること等多くの良い点を兼ね備えています。摘芽した葉は、お茶として利用できます。4)実の不思議 露地栽培の場合一本のパッションフルーツに100個近くの実がなり、開花してから約3ヶ月で収穫を迎えます。実をよく見ると三角形の形をしていることがわかります。なぜ三角形なのか。それは、雌しべの数に関係していることがわかりました。大半は三角形なのですが、たまに四角形の実に出会います。それは、雌しべが4本のものとわかりました。雌しべの数と形、面白い現象です。収穫時期になりますと実は緑色から紫色になり自分で自然に落下します。重さは1個あたり70gから120g位までと幅があります。自然落下した時点ではまだ酸味が残りますので、1週間程度暖かいところで追熟を行いますと、表面にしわが寄ってきて甘みを増し、食べ頃になります。甘い香りもしてきます。食べ方は実を2つに切って中身を種ごとそのまま食べるのが一般的ですが、ジュースやジャムなどに加工して利用することもできます。パッションフルーツのあの甘い香りは何のためにあるのでしょうか。この実は今のところ鳥たち動物の餌にはなっていないようです。そのうち気がつくのでしょうか。5)パッションフルーツに学ぶ人生 私とパッションフルーツの出会いは約20年ほど前になります。当時としては珍しい植物で、知り合いから1株の苗をいただき、鉢植えで栽培しました。寒さに弱いため冬は室内で栽培、春先に外に出して栽培と言う形で楽しんでいました。南国の果物をこの寒い阿武隈の地で栽培できる喜びを感じていたのかも知れません。挿し木で簡単に増えることを知り、その数も増えていきました。夏の間はいいのですが、冬はどうしても家の中に取り込まなければならず、家中が鉢で一杯になり家内には大変苦労をかけました。ベランダをサッシで囲い何とか寒さを凌ぎました。鉢植えの場合、毎日の水やりも大変で、300鉢に夏は一日3回の灌水が必要です。鉢植えでは実の大きさと数にも限界がありました。考えを巡らしているうち、パッションフルーツの露地栽培が浮かんできました。そこで、自分の退職を機に平成27年度から本格的な、露地栽培に挑戦し今日に至っています。露地栽培に至る中で、思ったことはパッションフルーツは南国のものであるという考えを捨て、この土地にあった栽培方法を考えることでした。夏の気候は南国もここも変わりません。その間の気候をうまく活用することで解決できると思いました、南国では一度植えると7~8年は植え変えなくて済みますが、毎年更新することとし、春先ある程度大きくなった苗を植え、秋の霜が降りる前に収穫するという、スタイルにしました。幸いなことに長年栽培していると、パッションフルーツもこの地に馴染んできて、耐寒性も出てきたように思います。手前味噌かも知れませんが日本一寒さに耐えるパッションフルーツかと思っています。 パッソンフルーツの栽培を通して学んだこと、それは、既成の概念にこだわらない、発想の転換であります。パッソンフルーツは南国のものであり、ここでは栽培が無理であるという考えでは、それまでで前に進みません。ならば、どうすればよいかを考えたとき、春から秋の気候はどうなのか。南国と変わりない。そのとき、それを使わない手はない。問題は冬だけだ。そう思ったとき新たな栽培方法が浮かびました。それが今の方法でした。幸いなことに、夏から秋にかけては、栽培地の南国では収穫していないこともわかりました。マイナスがプラスになったのです。今、希望を持って、農業を楽しんでいます。パッションフルーツとの出会いに感謝です。福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      1
      テーマ:
  • 14Nov
    • マツムシソウから学ぶ 喜びと苦労

      松虫草(マツムシソウ)1)高山植物の不思議 私の住む福島県田村市大越町牧野地区には県立公園高柴山があります。山ツツジの群生地として有名で福島県の百名山の一つです。標高は884mです。戦前までは馬の放牧地として利用され、馬が山ツツジの新芽を食べていたため剪定されたようにきれいになっていたそうです。戦後は馬がいなくなり、荒れてしまったため、地元の人たちの手で管理されています。山頂には樹齢100年にもなる山ツツジが3万本のほか、黄レンゲツツジや秋の七草など山野草の宝庫になっています。その中でもひときわ貴重な植物として目に付くのがマツムシソウの仲間、タカネマツムシソウ(高嶺松虫草)です。全国31の都道府県で絶滅危惧種に指定されていて、秋田県など4県では絶滅したとされています。 高山植物について少し思いを巡らしてみたいと思います。高山植物の生育環境は誠に厳しいものがあります。しかし、その場所で生きなければならない状況にあり、環境に適応しながら、進化しながら生き抜いてきたその姿に私たちはある種の感動を覚えると共に、学ばされるものがあります。高山植物の生育環境は、気温の低さと積雪、一日の気温の温度差、風の強さ、痩せた土壌、夏の日差しの強さなどどれ一つとっても、生育するには劣悪な環境です。その中で生き抜くためには、条件にあったように、自分自身の体を作り替えたり、生活スタイルを変えなければなりません。茎や葉を小さくしたり、短時間で成長させるため多年生としたり、寒気や強い日差しから身を守るため毛で覆うようにしたり、受粉にハチなどの力を借りたり、実を強い赤外線から守るため赤、青、黄色等の鮮やかな花の色にしたりと変化させてきました。2)生態の不思議 タカネマツムシソウは高山帯に咲くマツムシソウの変種でミヤママツムシソウ(深山松虫草)ともいいます。東北南部から中部地方、四国地方に分布、高山の草地に咲く多年草です。高柴山では山頂の野芝一帯に見られます。阿武隈山地の中では最大の群生地と言われており、草丈は20~40cmで、ひまわりのように舌状花と筒状花を持ち、高柴山では9月頃茎先に一輪の淡い青紫色の花を咲かせる多年草です。3)名前の不思議 マツムシソウの名前の由来ですが、松虫の鳴く季節に咲くという説と花弁の花が散った後の果実の形が僧侶の持つ松虫鉦(まつむしがね)に似ているからと言う説の2つがあります。是非一度本物のマツムシソウを見ていただければ幸いです。4)マツムシソウに学ぶ人生 高山の夏は非常に短いです。そのような中で、色とりどりの花が咲きまるでお花畑のようになる光景をテレビなどでよく目にします。私たちは山に登らなくても、その美しい風景を目にすることが出来ます。本当にありがたいと思います。しかしながら、その美しい風景は、その植物にとっては、まさに一瞬のことで、残りの大半は、大変な環境の中で生活しているのです。人生も同じかなと思えるところがあります。一生バラ色で過ごせる人は居ないと思います。9つの努力や苦しみの後に1つの楽しみや喜びを感じるのが人生かなとも思います。また、その苦労があって、大きな喜びを感じることが出来ます。高山に咲く植物に思わず、ありがとうの一言をかけてあげたくなります。佐久間辰一福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4c【ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ🌻 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      1
      テーマ:
  • 12Nov
    • 植物から学ぶ知恵 

      自然から経営や人生観を学ぶシリーズ第三弾今回のテーマはそば 蕎麦(ソバ)1)花の受粉の不思議 私はソバ好きが高じて、いつしか自分でソバを栽培し、下手の横好きで「ソバ打ち」まで行うようになりました。もちろん、自己流であります。栽培やソバ打ちを行っているうちソバに関する幾つかの不思議や驚きを感じました。その一つがソバの花の受粉の不思議です。そばの花が開花してくると畑全体が真っ白い花畑になります。一つ一つの花は小さいですが、めしべとおしべがあります。めしべは花の中央にあり、先端が3つに分かれ、おしべはめしべを囲んで3本、その外側に5本あります。しかし、ほかの花と違うところは、ソバには2種類の花が存在するということです。それは、めしべが長くおしべが短い「長柱花」とめしべが長くおしべが短い「短柱花」です。一般の植物は自分の花の中で受粉が出来るのに対し、ソバは自分の花粉では受粉できません。これを自家不和合性といいます。つまり、長柱花同士、短柱花同士では受粉ができないのです。従って受粉の確率は極端に落ちてしまいます。受粉はハナアブやミツバチなどの力を借りて行われますが、紐などで花をゆらせて受粉させる方法も可能です。長柱花と短柱花が存在する理由ははっきりしませんが、実の数は少なくても、別の花の受粉を取りいれることで長く子孫を残すための方法かも知れません。花は白いのが一般的ですが、赤い花の咲くソバもあります。そばの花には蜜線があり、「ソバ蜂蜜」も取れます。2)実の構造の不思議 粉になったソバはよく目にしますが、ソバの実を見たことのない方もいるかも知れません。どの様な形だと思いますか。実はどの面も三角形の形をした三稜体です。ソバの語源は物の角が尖った状態を稜(そば)というところからきているそうです。 ソバの実(玄ソバ)は「果皮」(ソバ殻)と「子実」に分かれていて、「子実」は薄緑をしていて、「甘皮」といわれ、子実の表面部分でタンパク質やルチンなど、ソバが体に良いといわれる栄養素が多く含まれていて栄養面でも、そして、ソバ独特の風味の面でも大切な部分と「胚乳」といい、発芽に必要な養分ででんぷんが大量に含まれている部分と「胚芽」といい、芽や根になるところで、発芽に適した構造になっている部分から構成されています。S字形をした胚芽の構造は独特で、短期間で芽を出し実を結ばせるために合理的なものとなっています。三角形をしているのもそのためなのです。3)生育の不思議 ソバは生育する上でほかの植物にはない特徴をもっています。その一つが他の植物に比べ生育期間が短いということです。稲などでは種まきから収穫まで180日程度かかるのに対しソバは70~80日程度で収穫できます。昔は冷害で、米の収穫が少なくなると見込まれると、農家ではソバを蒔いて、食料を確保したということを親から聞かされていました。そのための種を常に確保していたそうです。二つ目、ソバは冷涼な気候に適し、干ばつにもかなり強い作物ということです。三つ目には栽培する土地を選ばないことです。痩せ地や荒れ地、高冷地でも栽培できます。昔は焼畑でソバを作ると言うこともありました。四つ目には虫や雑草に強いということです。ソバはタデ科の植物で「タデ食う虫も好きずき」という言葉があります。ここでいうタデとは、ヤナギタデで茎や葉に苦みがあります。タデ科のソバも同じでないかと思われます。虫にとってはおいしくない植物なのですが、それを好んで食べる虫がいることから、人の好みも様々であるというたとえになったということです。また、ソバは成長が早いため、雑草はソバの下になり生育が思うようにいかず、大きく成長は出来ません。そのため除草の手間が省けます。しかし、栽培上の注意点もあります。畑に窒素肥料が多すぎると、生育が旺盛で茎が倒伏してしまうことや栄養成長だけで生殖成長ができない環境になり花が咲かず収量が落ちてしまうことです。多湿も良くありません。その他、種まきの時期です。栽培時期により夏ソバと秋ソバがあります。それぞれに合ったソバの種を選ぶ必要があります。私もソバ栽培を楽しんでいますが、失敗したことがあります。その一つに鳥害があります。芽が出始まった頃に芽を引き抜かれ、収量に大きく影響しました。失敗の二つ目は夏ソバを作る時期に、に秋ソバの種を蒔いたことで、花は咲きましたが収量はほぼ0でした。秋ソバが一般的ですがやはり蒔く時期を誤ると、収量に大きな差が出てしまいます。私の地域では8月上旬に蒔くのが、良いようです。 ソバの花は稲などとは違い一斉には咲かず早いもので種まきから約1ヶ月で咲き始め最後の花まで約1ヶ月間次々と咲き続きます。従って、すべて稔るまで待っていると、下の方の実は熟して落ちてしまいますので、7分目から7分目まで稔った段階で刈り取る必要があり、時期を見極めることが大切で収量に大きく影響します。少し早めに刈り取ると、ソバ粉の色が緑がかった上品なソバ粉になります。4)ソバ粉の不思議 ソバは石臼などで粉にしやすい性質があり、挽き方によりいろいろな性質の粉になります。ソバの実を荒く挽くことで、果皮を剥がしとります。すると胚乳部が割れ、そのときできる白い粉が「花粉」(中心部の粘りのない粉で打ち粉に使う)といわれます。次に残りを大きさで分け、一番小さいものを細かい粉にしたものが「更級粉」でさらに残ったものを同様にしてできたのが「二番粉」「三番粉」となります。それぞれに特徴のある粉になります。食べ方も各地に伝わる名物ソバのほか、ソバがき、ソバもち等枚挙にいとまがありません。また、ソバの栄養価も理想的なバランスで、タンパク質や各種アミノ酸、ビタミン類、そして血管を強くし、血圧降下の働きのあるルチンも含まれています。そば湯にはソバ粉から溶け出した水溶性タンパク質が豊富に含まれていることも知られています。そば湯は必ず飲んでいただくことをお勧めします。5)ソバに学ぶ人生 ソバは昔は凶荒作物といわれていました。つまり、冷害などで、食料に困ったときの作物として栽培されてきましたが、現在は、栄養価にも優れた、贅沢な食べ物として人気を博しています。同じ作物が時代と共にその扱いがまるで変わってきました。今の日本で餓死するなどとは考えられませんが、かつては、このソバがどれだけの人の命を救ったものでしょうか。飽食の時代といわれる現在、このソバを通して、植物の命をいただくことのありがたさを再認識してみたいと思います。佐久間辰一福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      テーマ:
  • 11Nov
    • スギナから学ぶ挑戦力 

       スギナから学ぶ挑戦力 佐久間辰一 1)雑草の不思議 植物の中には雑草として取り扱われるものが多く存在します。雑草は、人間の生活範囲の中で、人間の意志に関係なく、自然に繁殖する植物で、「雑草」いう名前は人間によって付けられたもので、植物からすれば、ありがた迷惑な話であります。 「農業は雑草との戦いである」といわれるように、雑草対策には手をこまねく場合が多くあります。私も農業をする中で、良い作物を作るためにと、せっせと除草作業を行います。 しかしながら雑草の生態を見ると、その生き方に見習うべきところが多々あることに気づかされます。考え方を変えていかなければならないと思います。「雑草魂」や「雑草のように強くなれ」などという言葉があります。人間の生き方を雑草に見立て、困難な条件を乗り越える手本としているのです。2)繁殖の不思議 春の日差しにつられ、ニョッキリと土から顔を出すツクシ、子供の頃このツクシをとり遊んだことが思い出されます。袴と言われるところから簡単に切れるのです。ツクシにかわり、周囲はスギナに被われてきます。さて、スギナとツクシですが、シダ植物の分類されますが、面白い特性を持っています。実は、スギナとツクシは同じものなのです。土の中を掘ると、ツクシとスギナは地下茎で繋がっているのです。 ツクシは胞子をつくる胞子茎で、胞子を出します。ツクシが枯れた後スギナが出ます。スギナは葉を作る栄養茎で、茎と葉で光合成を行います。栄養茎は節で枝分かれしています。そこから出ているのが葉といわれる部分です。全体の形がすぎの樹形に似ているところから、スギナの名前がついています。スギナは地下茎が発達、しかも地中深く入り込んでいて、分断されたところから、新芽が出るという、雑草として見た場合厄介な植物の一つです。しかも繁殖力は旺盛です。手で抜いても地表面の茎が切れるだけで、根はそのまま残ります。見えないところで地下茎が生きています。3)自ら身を引く不思議 スギナは酸性の土壌を好んで繁殖します。従ってスギナのはいている土地にはアルカリ土壌を好む野菜には向かないことがわかっています。多くの植物は弱酸性でも大丈夫ですが、ホウレンソウ、レタス、インゲンなどはアルカリ土壌でないとうまく育ちません。従ってアルカリ土壌にするためには、石灰などを入れてから、栽培します。 不思議なことはスギナは酸性土壌で育ちますが、葉の部分はアルカリ性なのです。枯れると、その葉はそのまま堆積し、次第にその土地はアルカリ性の土壌になるのです。酸性を好みながら、好みと反対のアルカリ性の土壌に変えていき、自ら住みにくくしていくその不思議をどう理解すればよいのか、理解に苦しみます。住む条件を悪くしたスギナは他の場所に移っていきます。年月はかかりますが、最終的には土壌を酸性からアルカリ性へと改良してくれるすばらしい植物なのです。私たちが雑草と呼ぶのはやめなければならないかも知れません。4)効用の不思議 雑草の中には漢方薬として貴重なものが沢山ありますが、スギナにはカルシュウム、ケイ酸が多く含まれています。天ぷらや和え物など食材として使用できます。お茶としての利用もあります。効用としては、血液をサラサラにする働きや酵素やホルモンの働きを高める効果があり、ガン予防や血圧の安定など種々の効果がみられます。5)スギナに学ぶ人生 酸性を好むスギナは自身はやがてアルカリ性の葉を残し、アルカリ性の土地を作り、自分の居場所を無くしていきます。なぜこのように、自分の環境を悪くして、他に移らなければならないのは、疑問として残ります。私は自分なりに、人間に置き換えて考えてみました。同じ場所、環境、地位に留まることは、安住の地で楽ができるということでありますが、そこには進歩がありません。長く留まることによる弊害もあります。もしかしたら、それさえも考えない人間になってしまいます。スギナはそれに気づいて、あえて大変な道を歩んでいるのかも知れません。新たな挑戦を目指して、頑張る。それによって、スギナは生きながらえるのではないかと考えました。人間も常にその環境におぼれることなく、常にチャレンジの精神がなければなりません。それを教えてくれたのがスギナの生き方ではないかと思っています。福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      1
      テーマ:
  • 10Nov
    • 植物から学ぶ経営観 

      今日も、元農業高校教師佐久間辰一先生から植物から学ぶ人生観・経営観をお届けさせていただきます。2 桜(サクラ)1)開花のしくみの不思議 満開の桜に喜びを、散り際の桜にはかなさと、常に移りゆく姿に美を感じる日本人の心そのものでもある桜。福島県三春町には日本三大桜の一つ「滝桜」があり、毎年多くの観光客でにぎわっています。我家にも吉野桜としだれ桜の2本の桜があります。また、近くの里山に地元の皆さんの協力により、桜公園を作り、数種類の桜を植え、手入れを行っています。私たちの身近にある桜について、考えてみたいと思います。 3月になると九州の方から桜前線が北上してきます。「どうして地域によって咲く時期が違うのか。」「咲くための要素は何か。」この疑問を調べてみました。そこには開花に必要な仕組みがありました。来年咲く花芽(つぼみ)は既に8月頃には出来ており、それと併せて休眠ホルモンをどんどん作り、つぼみにため込むのです。冬になり寒くなると、休眠ホルモンは徐々に減少していきます。春先暖かくなるとつぼみが膨らみ、休眠ホルモンがなくなると、一斉に開花が始まるのです。このように開花をするためには、冬の寒さがどうしても必要となるのです。冬に花を咲かせたのではうまく種が保存できません。そのため、春に花が咲くように、冬の寒さをうまく利用しているのです。時として季節はずれの狂い咲きが話題となりますが、特に近年は温暖化等の要素で、多く見られる傾向にあります。 このメカニズムから私たちは学ぶことがあるのではないでしょうか。花を咲かせる、成功させるためには冬の試練が必要であるということを。2)ソメイヨシノの不思議 桜はバラ科に属する落葉樹で、日本には600種以上の品種があるといわれています。その中で代表的な品種としてソメイヨシノ(染井吉野)があげられます。これは江戸末期から明治初めにかけ育成されたもので、エドヒガン系の桜とオオシマザクラの交配によって生まれました。自家不和合性が強いため、種子繁殖は出来ず、すべて接木によって増殖が行われています。つまりクローン種であります。日本に植えられている桜の大半はこのソメイヨシノです。葉より先に花が咲き、華やかさがあることから、多くのソメイヨシノが植えられ、日本を代表する桜となりました。しかしクローン種で、他の種類に比べ寿命が短いと言われています。他の桜に比べ、成長が早いため寿命が短いことやてんぐ巣病等の病気にかかりやすいこと、道路沿えに植えられ、車の排ガスの影響を受けやすいこと、桜の枝を切るとそこから腐りやすいということ等の要因が重なり、寿命を短くしているのではないかと思われています。3)葉の密腺とアリの共存の不思議 桜の花に蜜腺があり、ハチやヒヨドリが蜜を求めて花に群がっている姿はよく目にします。花の蜜腺は一般的にハチなどに受粉を助けてもらうためにあります。しかし、葉を見ると葉の付け根(葉柄)にも二つの蜜腺を見つけることが出来ます。ではなぜ葉にも蜜腺があるのでしょうか。そこにはアリが群がって蜜をなめています。アリは蜜をもらうと同時に葉についている虫の卵や虫なども巣に運んでいるのです。特に若葉は葉が薄く害虫の犠牲になりやすいので、若葉のうちに蜜を多く出して、アリを多く呼んで、害虫を退治してもらっているのです。桜の葉の賢さには関心させられます。4)桜の用途の不思議 桜の花は私たちの心を癒してくれますが、桜はそればかりでなく、実や葉、枝にも私たちに役立つことが沢山あります。皆さんご存じの桜の実(サクランボ)ですが、私たちが食べているのは、花より実をとるために交配された桜の一種で、西洋実桜や支那実桜があり、サクランボの代表で皆さんもご存じの佐藤錦やナポレオンは西洋実桜に含まれます。これらが受粉するためには2種類以上の品種を植えて受粉させる必要があります。ソメイヨシノは受粉しにくく、受粉しても粒が小さく、味も良くありません。花は塩漬けにして桜茶を楽しめます。桜風呂は疲労回復や安眠、風邪予防などに効果があります。葉は桜餅などに利用されます。防腐効果があります。クマリンという芳香成分が含まれています。桜の皮は茶筒などの桜革細工として重宝されています。木材は家具や楽器などに利用されています。私は薫製を作るのが好きで、時々行いますが、燻煙のチップとして桜を使います。桜チップは強めの香りをつけるので、豚肉やサンマなどクセのある食材に相性がいいようです。ちなみに他の燻煙材としてはリンゴ、クルミ、ナラなどがあります。5)桜に学ぶ人生 ある知り合いの方から次のような色紙をいただきました。 「梅経寒苦 発清香」(梅は寒苦を経て、清香を発す)つまり、梅は冬の厳しい寒さを経て、やがてすばらしい花が咲き清香を放つのです。桜も同じであると思います。これを人間に置き換えれば、人間も大変な苦労や厳しさを乗り越えて良い人格者となり立派な人生を送れるというものです。 冬の厳しさが厳しいほど休眠ホルモンが減少していく。それは、開花を早める大きな要素となるのです。寒さに遭わなかったり、その寒さが弱いと立派な花は咲かないのです。 桜を人生に当てはめると、冬の厳しさは、つまり、自分に課せられた課題や心の試練の時です。その厳しさが大きいほど、それを乗りきったときの喜びや成果は大きなものとなり、その人を一段と成長させてくれます。ただ、注意しなければならないことは、その寒さ重みに耐えかねて、枝を折ってしまわないことだと思います。 福島県が誇るひまわりおじさんこと、佐久間辰一先生。そんな、先生を主人公になった絵本僕のひまわりおじさんの出版を記念して出版記念講演会を11月17日八重洲ブックセンターにて開催していただきます。出版社の文屋さん、八重洲ブックセンターさんありがとうございます。詳細サイトhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14885/?fbclid=IwAR32FQ_mG8FtxQQhD1RAiBZBJtsu8lxPmTkwz28omcjSBIa2AQ3HF3R1q4cルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      2
      テーマ:
  • 09Nov
    • アジサイから学ぶ経営

       紫陽花(アジサイ)1)花の色不思議 うっとうしい梅雨の時期、それを吹き飛ばすかのように、雨に濡れながら色鮮やかに青やピンクに咲くアジサイの花、私たちの心を癒してくれます。私もボランティアの会で、5000本のアジサイを挿し木で増やし、公園や道路沿えに植栽しました。そして今、見事に咲いた花を楽しんでいます。 アジサイの花はその色が変化することでも知られていますが、なぜ変わるのでしょうか。それは植えられている土壌によって変わることがわかっています。本来アジサイはピンクの色をしておりますが、これはアントシアニンの成分によるものです。これにアルミニュウムイオンが加わることで、青くなるということです。土壌が酸性の場合アルミニュウムイオンが土中に溶け出し、アジサイの根から吸収され、花に含まれるアントシアニンと結合し、青くなります。何か、花の中で、化学実験が行われているようで面白いですね。ただ、花の色は品種の特性で変化しないものや老化によって変化する場合などもあります。アジサイは日陰を好む植物のように思われていますが、実際に栽培してみて、むしろ、日に当たるところのものは花が沢山咲きます。炎天下でも枯れることはありません。光の当たらないところのものは、木も痩せ、花も見られません。やはり、光合成が大切なんです。2)毒性の不思議 アジサイの葉やつぼみ、根には青酸配糖体という有毒物質が含まれていて、食すると胃の中で消化酵素と反応し青酸が作られ、中毒症状を引き起こすことが知られています。青酸配糖体は青梅などにも含まれる物質で、呼吸困難やめまいを引き起こすそうです。そういいば、アジサイの花や葉を食べる虫が少ないのもうなずけます。花を見るのはいいですが、注意が必要ですね。植物の中で青酸を含んだ植物にはその他キョウチクトウ、オモト、ナンテン、アセビなどがあります。またフクジュソウやスイセン、ヒガンバナなどにも有毒物質が含まれています。有毒物質を含むことで動物に食べられることを防御しているのです。 佐久間辰一3)種類の不思議 アジサイはアジサイ科の耐寒性落葉低木です。アジサイは分類の仕方がいろいろありますが、花の咲き方から大きくガク咲き(ガクアジサイ)、テマリ咲き(テマリアジサイ)、円錐形に分類できます。アジサイは花の構造に特色があります。ガクアジサイの花は大きく2種類で構成されています。一つは周りの花のような部分で、真ん中の花を、額縁の用に囲っているもので、これは花ではなくガクです。中には生殖能力のない中性花があります。ガクと中性花併せて装飾花といいます。装飾花は周りに目立つことで、昆虫を誘引する働きがあります。もう一つは真ん中の小さな花の集まりで、これは一つ一つが独立した花で、雄しべ、雌しべを持つ生殖能力を持った完全花で両生花といいます。ガクのような装飾花を持っているところからガクアジサイと名付けられました。日本に古くからあるタイプです。テマリ咲きは手まりのように、装飾花が丸く固まって咲くタイプで、日本のガクアジサイが欧米で品種改良されたものです。円錐形は花房が円錐形になっているタイプです。円錐形アジサイは、花が円錐状あるいはピラミット型につくものです。アジサイの繁殖は挿し木が一般的で、簡単に増やすことが出来ます。ガクアジサイの両生花は種子が出来るので種子繁殖も出来ます。装飾花と両生花、子孫を残すための連携プレー見事です。4)甘茶の不思議 花祭りに使われる甘茶、甘茶の木は実はガクアジサイの変種だということをご存じでしたか。葉には甘み成分が含まれていて、作り方は甘茶の木の若葉を蒸して揉み、乾燥後、水をかけ醗酵させた後更に乾燥させ、それを煎じて作った飲み物です。葉は苦みがあるそうですが醗酵することにより甘くなります。甘茶には砂糖の400倍以上の甘さの成分が入っているようです。ノンカロリーでダイエット効果や糖尿病患者の甘味料としての使用などの効果が期待できます。毒性は無いとされていますが、飲み過ぎると中毒を起こすそうです。アジサイの毒性と関係があるような気がします。いずれにしても生では食さない方が無難です。5)アジサイに学ぶ人生 梅雨時に雨に濡れながらも、鮮やかな、青と赤の色に染まるアジサイの花。アジサイには装飾花と両生花があることを知りました。装飾花は受粉を行う両性花のために、ハチを呼ぶ役目をしています。装飾花と両生花の協力があって、受粉が可能となります。役割分担がはっきりしているのです。当然両性花は受粉のため、必要不可欠の花でありますが、装飾花の存在も大きなものがあります。人間社会も同じだと思います。会社を例に取れば社長と社員、どちらも居ないと会社は成り立ちません。社長は自分は偉いからと、威張りくさって、何もしなければ、会社はすぐに倒産してしまいます。もちろん、社員が働かなければ、同じです。それぞれが、自分の役割を認識しながら目標に向かって進めば会社はうまくいくと思います。それは、会社ばかりでなく、社会のすべてに当てはまることではないかと思うのです。最高の社会それは、相手のことを思いながら、自分に与えられたことに精一杯汗を流すことかと思います。アジサイが一層美しく見えてきました。佐久間辰一【ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トーク会のご案内】 今年8月に出版しました、ルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」刊行記念原画展&トークイベントが11月17日(土)に八重洲ブックセンター(東京都)にて開催されます!ぜひ、お近くの方はお越しくださいませ🌻 【絵本作家チャンキー松本さん×絵本の主人公佐久間辰一さん原画展&トークイベント】○日時:2018年11月17日 (土) 10:00~17:30 (トークイベント15:00~)○会場:八重洲ブックセンター 8F ギャラリー○募集人員 トークイベント参加定員:50名(お申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。○申込方法:1階カウンターにて、『ぼくのひまわりおじさん』(本体価格1,500円)をお買い求めの方に、参加整理券をお渡しします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)電話予約の方もご購入+参加券お渡し後のご入場となります。当日開場時間までにお求めください。開演1時間前からは8階カウンターで受付いたします。 ※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご参加いただけます。会場入口でカードをご提示ください。 ※絵画展のご入場は自由です。(10:00~15:00) ※トークイベントご参加の方以外は、15:00以降のご入場はできません。主催:文屋    協賛:八重洲ブックセンター

      3
      テーマ:
採用と教育研究所
事業内容
□教育事業
・福島no.1の新入社員教育

□感動経営支援事業
・誇りある良い会社を創る志縁(採用と教育を利用した組織活性化)

【連絡先】
福島県福島市野田町6-7-8
ツインコートB-103
024-529-5153
info@saiyoutokyouiku.com

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ