いよいよ、本日は見積もり発表の日です。

前回、2Fの設備をいろいろと選んだものを含めた見積もりになります。


見積もり金額から先にご報告いたしますと・・・・・。








な、なんと 約¥35,000,000- (ノ゚ο゚)ノヒョエ------ !!!!!!!!!!!!!!!

台風のように、ぶっ飛びました。



契約当初の見積もりから、約200万円アップ・・・・。

営業さんから、前々からチリも積もれば山となると言われていた通り、見事に積もってしまいました・・・。

安の条、「積もりましたねぇ~(笑)」と、さわやかな笑顔で営業さんに声をかけられてしまいました。私の返した言葉は、ご想像どおり「ですね~」の一言。撃沈です・・・。


こりゃ、外講工事など含めると、最終見積もりはいったいいくらになることやら・・・(汗)

4000万近く行ってしまいそうな勢いです(泣)



↓心の声(ノ_-。)

「あ~、26歳にして4000万円の借金か~。借金大魔王誕生か~。また、生活苦しくなるな~。」




気分を取り直して、夢の話に移りましょう。

さて今回は、東北(玄関側)の壁面の外観が寂しいと設計士さんに相談したところ、早速提案していただいた玄関上のパラペット。(う~ん、おしゃれ~!!これで、パラペットの真ん中にタイルとか張ったらカッコイイかも!!)

■北東側

■南東側

■南側

これで、外観のイメージがかなり固まってきました。次回、いよいよ仕様決め。営業さんのご好意で、来週の予習ということで、外壁材などをショールームで見せていただきました。(営業さんの優しさに感謝。)


ということで、本日候補に上がった材料をご紹介したいと思います。


まずは、壁。

やっぱマイフォレストらしさを出すため、明るいグレー系を選択。

■SU-502



そして、軒裏と玄関ポーチの天井の材料。

ここも、些細なところですがこだわりたいところです。

ということで、木目調を選択。色は、今のところウォルナットダークかな~。


続きまして、屋根材と生きたいところですが、写真撮り忘れました・・・。

営業さんの提案で、色はパールグレイにしました。かなりお似合いでいい感じ。


そして、床材です。

前回は、ダークチークを選択していましたが、やはりオイルチークにすることにしました。

営業さんに言って、世田谷の住宅街の一角にある約30坪のお客さんが建てた家に連れて行ってもらえるとの事で、打ち合わせ前にお邪魔してきました。どうやら、事情により現在は住林さんが管理しているお宅のようです。

それがこの写真↓。床材は、オイルチークで通常の無垢を使用。

20畳のリビングにオイルチークが一面に敷き詰められていました。やっぱイイ!!

細部にいたるところまでこだわりを感じられる物件でした。

写真下部に写っていますが、壁の上に張ってある木材を見てください。

標準のものよりも、かなり薄い素材が張られています。これ超カッコイイ~んですよ!!

ウチの階段の手すり部分をこれにしようかと思い、設計さんに聞いて見たところ、これは家具屋さんが特注で作っているため、かなり高額なようです・・・。


ウチの床材で迷っているのが、オイルチークの無垢巾ハギか、通常の無垢です。

今は、通常の無垢のほうが高価なようです。

■無垢巾ハギ(現在のチョイスしているもの)


■通常の無垢(+10万円)

ちなみに、奥に移っているのが、ダークチークです。


巾ハギの方が、模様が細かいためかなり木の表情が出そうなイメージです。

どうしよう~・・・・。


打ち合わせの最後に、スケジュールを確認したところ、2月着工に間に合えば6月引渡しとのことでした。

12月中には、すべての仕様が決まっていないとこれに間に合わないらしいので、来週から毎週打ち合わせになってしまいました・・・・。


念願のマイホームに向けて、引き続き頑張って行きたいと思います!!!

AD

コメント(3)