岩田のぼる BLOG  『棒が歩けば犬が笑う』

岩田のぼる BLOG  『棒が歩けば犬が笑う』

ギター1本でありえない曲にもチャレンジする「Bolno」(ぼるの)こと 岩田のぼる の日記です。

ベーシスト、作曲家、アレンジャーとしてもマルチに活躍中。
最近はアート作品の制作助手をやっておりまして、そんなお話もちょこっと。

Bolchek CDアルバム
When you smile  好評発売中
image

ご注文はこちら
http://www.c51.jp/


学校の提出物のデジタル化など、脱ハンコのニュースがたくさん入ってきますが、お役所の手続きにはハンコ以外にも気になるところはたくさんあります。

 

 

役所に郵送で証明書を請求する際に、ITなのは請求書のPDFをダウンロードするところまで。

三文判はもちろんのこと

 

 

返信用封筒に切手を貼って入れなければいけません。

しかも返信時の重さが不明なので

多めに切手を貼って

あて名書きなんてむしろコンピュータで出したほうが簡単でしょうに。

スマートレターとかを使えば金額も確定するでしょうし。

 

こんなにこちらの手間も係るのに結構申請料も高いです。

一通の値段が高いのはまあ手間賃かと思いますが、複数のときは二通目からは安くなってもいいですね。

 

保険証のコピーが身分証明になるのも不思議です。

 

 

極めつけはコレ

 

 

定額小為替

これぞまさしく生きた化石。

住所書いてハンコ押すところあるしorz

まさか役所の人が郵便局までお使いに行って換金するわけではないでしょうね。

 

「料金は定額小為替で」

「じゃあいいですぅ~」

 

とはいかないのが辛いところです。

 


 

一挙にペーパーレスとまではいかなくても、

オンライン申請>金額請求>オンライン決済>送付

ぐらいまでは目指してほしいものです。

 

お犬様達がフランス国旗の色の順に並んでくれました。

気分はシャンゼリゼ。

 

 

オーシャンゼリゼが

オー・シャンス・エリーゼだと気づいたのは、かなり大人になってからです。

そしてオーが感嘆の「おぉ」ではなく英語の「On」

Aux Champs-Élysées

という事を知ったのは、つい先程でした。

めでたしめでたし。

 

 

 

トリコロールついでにリモートバンドをどうぞ

 

 

産業のIT化を進めるためにデジタル庁が設立されました。

しかし巷のニュースでは「IT」や「デジタル・アナログ」の意味すら曖昧なままなので、何とも心許ないです。

 

「IT=情報技術」の前にまず情報のデジタル化、ざっくり言いますと紙に書いてあった情報をパソコンに打ち込むような作業が必要です。

一時「住基ネット」が話題になっていましたが、戸籍なんかは未だに昭和の原本を謄写してもらう必要があったりします。情報のデジタル化は打ち間違いを見つけて訂正するのが一番大変なので頑張ってくださいませ。

 

OA機器メーカなどなら、もちろん先進的な情報技術を持っているものかと思いきや、未だに保証書は

紙に販売店の捺印

だったりします。

 

 

お役所は様々な縛りがあるので大変でしょうが、OA機器メーカーこそ率先して脱ハンコ、シリアルナンバーを入れれば販売店と販売日ぐらいすっと出るようにしてほしいものです。