Kagayaki智子 事務局のかなこです。

 

 

智ちゃんが提唱してる輝道。

それは人が本来持つ輝きを取り戻し、

自分自身の本来の人生を生きていく

生き方、あり方そのもの。

 

その輝道をお伝えしているKAGAYAKI講座の、

 <応用虹コース(42時間)>を受講しました。

少し長くなりますが、KAGAYAKIを受講しての感想や変化を

綴りました。

 

一人でも多くのKAGAYAKIを必要としてる方に届きますように♪

 

《KAGAYAKI 受講しました 番外編 アルバムを探しに行った話》

 

KAGAYAKIを一緒に受講する仲間は、

お互いに刺激を与えあって、

良い作用をし合うと思う。

 

あるとき、受講仲間の一人が、

自分の子どものころのアルバムを持って来て見せてくれたことがあった。

 

それまでのわたしは、自分の幼い頃の写真を見ることを避けていた。

見るのが怖いというか、嫌だというか、とにかく見たくなかった。

 

ところが、KAGAYAKIの終盤あたりになると、

幼い頃の写真やアルバムが思い浮かぶようになった。

そして、仲間がアルバムを持って来てくれたことで、

わたしも「幼い頃の写真を見てみようかな」と、口に出せた。

 

父が1年前半前に亡くなって実家の片づけをしたときに、

処分してしまったかもしれないアルバム。

あるとしたらあそこしかない、と場所もわかってる。

今は弟1人が住んでいてゴミ屋敷っぽくなりつつある実家。

弟がわたしが入ることを嫌がるに違いない。

 

そんな理由をつけて、

実家から車で3分のお墓の前で待ち合わせていた弟に持ってこさせようとしていたわたしに、

「自分で取りに行った方が良い」と、

智ちゃんからアトラクションを勧められた。

 

弟はわたしにとってちょっと扱いづらい存在なもので、

憂鬱な気持ちで「探したいものがあるから、家に入らせて」と連絡してみたところ、

すんなりOKの返事が来て拍子抜け。

これまでの弟との関係から、ちょっとごねるかへそを曲げられると思い込んでいたから。

そして、

実家に入ることを拒否されることが怖かったんだなーと、自分の本音にも気づく。

 

約束の日は、

弟はわたしが入ると断った部屋をそれなりに片付けて迎えてくれた。

一抱えあったアルバムを押し入れから運び出して、

車に積むのも手伝ってくれた。

 

自宅に持って帰ってきたアルバムを、1人でゆっくり見てみた。

数は多くないけれど、若夫婦に愛されている子どもが写ってた。

父や母に抱かれていたり、手をひかれていたり、膝の上に座っていたり。

 

その頃は祖父母とも同居していたから、大人4人に赤ちゃんの私一人。

「わたしは愛されてなかった」とスネていたのが恥ずかしくなるぐらい、

愛されていないはずがない現実が写真の中にあった。

わたしという存在が、この人たちに幸せをもたらしたとさえ思った。

 

他には七五三や遊園地の写真もあって。

経済的に豊かではなかったであろう若夫婦が、

節目節目に愛娘に一張羅を用意してくれていたのも伝わってきた。

それらすべてが愛だった。

 

そして、弟が写っている写真は数枚だけだった。

しかも漏れなくわたしと一緒に写ってる。

それが事実だった。

 

これまでのわたしは、

「愛されていなかった」が原動力だったから、

「愛されていた」ことを真正面から受け止めることができなかったんだ。

だから、アルバムも見られなかった。

 

「愛されていた自分」を受けいれたら、

これまで作り上げてきた自分の存在自体が揺らいじゃうもんね。

そんなこともわかった。

 

このタイミングだから、写真に写っているありのままを受け入れられたんだと思う。

そして、KAGAYAKIを受けなかったらそのタイミングはもっと後だったか、

一生訪れなかったんじゃなかろうか、と思っている。

 

「自分が愛されていた」が前提になると、

母の言動のあれやこれやの受け止め方も変わっていた。

 

母への恨みは消えて、

自分の欲しい形ではなかったけれど、

母の愛は在ったし、母の言動で傷ついた自分もいる。

 

ただ、「在る」「いる」だけの世界にいたのだった。

 

 

 

 

 

Kagayaki智子 事務局のかなこです。

 

 

智ちゃんが提唱してる輝道。

それは人が本来持つ輝きを取り戻し、

自分自身の本来の人生を生きていく

生き方、あり方そのもの。

 

その輝道をお伝えしているKAGAYAKI講座の、

 <応用虹コース(42時間)>を受講しました。

少し長くなりますが、KAGAYAKIを受講しての感想や変化を

綴りました。

 

一人でも多くのKAGAYAKIを必要としてる方に届きますように♪

 

《KAGAYAKI 受講しました 番外編 巻きずしとお稲荷さんの話》

 

母は巻きずしとお稲荷さんをセットで作る人だった。

弟は巻きずし派でわたしはお稲荷さん派。

あるときから母は巻きずししか作らなくなって、

何度頼んでもお稲荷さんを作ってくれなくなった。

わたしにとって巻きずしとお稲荷さんは家庭内差別の象徴で、

見かけるたびに胸がうずいていた。

 

あるとき、SNSでお稲荷さんを作った方の記事を見かけた。

そのお稲荷さんが食べてみたくて、

その方が主催する食事つきのWSに参加することになったときに、

「お稲荷さんが食べたい」と勇気を出してリクエストしてみた。

 

すると、

WS当日の朝、「お稲荷さんをパスタに変更します」と連絡が入っていた。

 

そのときの絶望と言ったら。

主催の人を責める気持ちや怒り、

やっぱりわたしの希望は聞いてもらえないという悲しさ、

どうせわたしは軽んじられるというどうせ星人ももちろん健在。

いつものようにグルグルと妄想が走り始めたけれど、

そのときのわたしはKAGAYAKI輝コース受講直後だった!

 

KAGAYAKIでは、こんなときどうするんだった?

智ちゃんはなんて言ってた?

そうだ!

そんなときに有効な問いがあった!

それを自分に問いかけてみると…。

 

「お稲荷さんが食べたい!」

「いや、違う。

 誰かがわたしのために作ってくれたお稲荷さんが食べたい!」

となった。

 

わたしがおねだりできる友人はそういない。

すぐに思い浮かんだ友人に連絡した。

 

「わたしのためにお稲荷さんを作って欲しい」

二つ返事で

「作るよ!」

と返ってきて、号泣。

こんな友人が居てくれるだけで、もう十分じゃない?

 

この流れが、

朝メニュー変更のメッセージを目にしてからWS会場に着くまでに、

スムーズに進んだ。

WSには気持ちよく参加できて、メニュー変更になったパスタも美味しくいただけた。

 

後日、本当に友人はお稲荷さんが入ったお弁当を作ってくれた。

私のためだけに作ってくれたお稲荷さん。

嬉しかったなー。

 

そしてKAGAYAKI虹コース受講中には、

母が巻きずしを巻いている姿をよく思い出すようになった。

母が手際よく、クルン!と巻きずしを巻き上げていく様子が頻繁に思い浮かぶ。

 

そのうち、大嫌いだと思い込んでいた巻きずしが食べたくなってきて、

KAGAYAKIの講座終わりに買って帰って食べてみた。

それが、とてもとても美味しかった!

一体なにが起こったのか…?

 

そして次には、

「自分で巻きずし巻いてみようかな?」と思うようになった。

巻きずしの材料やその仕込み手順が思い浮かぶようになって、

智ちゃんにもアトラクションを勧められて、実際に巻いてみた。

 

実際に巻いてみてわかったことがある。

 

巻きずしって、仕込みがとても面倒なんだね。

ご飯の量も具の量もわかんない。

巻き方なんてもっとわかんない。

 

母って、こんな面倒なことやってたんだなー。

わたしはそれを「食べたくない!」って無下にしてたんだなー。

と、ちょっと母に申し訳なく思った。

 

子どものころのわたしが食べたいものではなかったけれど、

巻きずしは母が手間暇かけて家族のために作ってくれていた

愛だとわかったのだった。

 

後日、弟に巻きずしを巻いてみたことを話してみた。

弟も母の巻きずしの具材をちゃんと覚えていて、

あれとこれが入ってたよと教えてくれたり、

身振り手振りで巻き方のレクチャーをしてくれたりした。

 

両親の愛情を奪っていくライバルだった弟と、

まさか母の巻きずしの話をする日が来るとは。

 

人生、何が起こるか分からない。

 

 

 

Kagayaki智子 事務局のかなこです。

 

 

智ちゃんが提唱してる輝道。

それは人が本来持つ輝きを取り戻し、

自分自身の本来の人生を生きていく

生き方、あり方そのもの。

 

その輝道をお伝えしているKAGAYAKI講座の、

 <応用虹コース(42時間)>を受講しました。

少し長くなりますが、KAGAYAKIを受講しての感想や変化を

綴りました。

 

一人でも多くのKAGAYAKIを必要としてる方に届きますように♪

 

《KAGAYAKI 受講しました 連載⑤》

さて、内面の大掃除のあとは、

自分の存在と向き合うことになった。

 

智ちゃんお勧めのアトラクションに次々と乗ってみた。

母が弟のために作っていると思い込んでいた巻きずしを、

人生初!自分で巻いてみたこともそうだし、

自分の幼い頃のアルバムを、ちょいと苦手な弟が一人で住む実家に探しに行ったこともそう。

 

そうしていたら、「わたしは愛されていたんだ」という双六のマス目に立っていた。

そこは力もフッと抜けて、なんだかふわふわした感じの場所だった。

そして、出し方、出す場所がズレて、

受け取る側もズレたところで受け取っているから複雑になるだけで、

すべての出発点は愛で、

この世はとても単純なんだといういことがわかったのだった。

 

KAGAYAKIの修了を迎えた今のわたしはというと、

妄想が始まってもそれに気づいてKAGAYAKI発動!

妄想の渦に飲まれることはなくなって、

自分の内側がすごく穏やかになった。

とても安心で楽ちんな世界を味わっている。

 

仕事は、

「依頼されたものは何でもお応えする」というお客様軸のスタンスから、

「自分はこう生きていきたい」が叶う自分軸に切り替え中。

 

食べたいものを食べ、

会いたい人に会い、

バーゲンでは好みにドンピシャなスカートを大奮発もして、

自分の感覚に素直に楽しく過ごしている。

 

長年抱えていた母への恨みについては…。

なんというか、

母にされたことは確かに嬉しくはなかったし、

わたしの欲しい形ではなかったのだけど、

それでも母の愛があったんだなー、と。

 

わたしの悲しみも母の愛もただ在ったんだと、

そんなふうに穏やかに受け止められている。

 

母への恨みは一生消えなくてもいい、

それが母への仕返しだと思っていた自分は、

一体どこに行っちゃったのかなー(笑)。