おはようございます^ ^


大人と子供の心を繋ぐ家庭の伝道師 
居村直希です。

 

 

「本を読む子は国語ができる」…みなさんはそう思いますか?

 

「はい、そう思います」と答える人はたくさんいるはずです。

 

ですが、親御さんの声に耳を傾けると、

 

「近所の○○君はいつも本を読んでいて国語の成績もいい。

それにひきかえウチの子は漫画とゲームばっかりで、言葉を知らない…」

 

「自分が学生のころは国語なんて勉強した記憶がない。

でも本だけは読んでいたから、悪い成績なんてとったことない。」などなど…。

 

 


このように読書家は頭がいいという考えが、かなり広く支持されているようなのです。

 

実は、私もプロ家庭教師になるまではそのようなイメージをもっていました。



しかも、自慢するつもりはありませんが、

私自身も文章読解の方法を学習した記憶がありません。

 

私も読書を通じて国語力を伸ばた人間のひとりだろうと思っています。

 

ここで「ほら、やっぱりそうでしょ!」と思わないでくださいね。

 

 

ここからが本題です。

 

先に言いたいことをハッキリさせておきますね。

 

学校のテストと進学塾のテスト(あるいは入試問題)とは全く別のものです。

 

知識レベル向上の手段を読書だけに求めるのは考えが浅いです。

マンガに対する偏見もなくすべきです。

 

読書好きで読解レベルの低い子はたくさんいる。逆に

  本など読まないが読解力の高い子もたくさんいます。

 

現場で指導していると、読書量は必ずしも読解力には結びついてはいないということが

よく分かります。

 

 

やや大雑把な感は否めませんが、

話を分かりやすくするために、以下のような四つのタイプに

分類してみました。

国語 読書好き

世間一般のイメージでいえば、AとDの二つにくくられることになるのでしょうが、

現実には、Bタイプの子もCタイプの子もそれはそれはたくさんいる、ということなのです。

 

まずBタイプについて。

与えられた条件にそってヒントを見つけて整理しながら解答を導くという要領を好むお子さんが、ここにあてはまります。

 

本嫌いなだけあってか、

文章のなかに想像力(映像化)を豊かに入り込んでいくことを

面倒に感じるのでしょうか。それが功を奏しているのか、

主観をまじえることなく冷静に情報処理しようとします。

 

長い目でみて「よいか悪いか」は別として、

受験で成功するためにはたいへん有効なアプローチであると言えるでしょう。

 

そして、私の指導が目指しているのは、

まさにこのような「冷静な情報処理」なのです。

 

とはいえ、「読書などしなくてよい」というつもりは全くありません。

これについては、後ほど(次回のブログで)述べることにしましょう。


 

次にCタイプについて。

これは先ほどのBタイプの反対を考えてみれば分かりやすくなるのではないかと思われます。

読書にはふつう設問はくっついていません。当たり前ですね。

読み方は自由です。

 

どのようにアクセントをおこうが、読み手の好みにゆだねられています。

「さて、どこが重要ですか?」と問われることはないのです。

 

さらにいえば、読みながらさまざまな連想や想像の世界を広げてかまわないわけです。

本来、読書の愉しみはそういうところにあるといってもよいでしょう。

 

ところが、テストの設問は、

その「自由」をいっさい許してはくれません。

 

「傍線部の理由を○字以内で書き抜きなさい。」

「本文の内容にあてはまるものを次の選択肢の中から二つ選びなさい。」

 

本が大好きな子は、「書き抜く」ために読んでいるわけではありません。

「記号を選ぶ」ために

読んでいるわけでもありません。

 

きっと活字慣れしているから、きっと言葉をたくさん知っているから、

「できるだろう」と思わ

れるのかもしれませんが、

そのお子さんからすれば迷惑千万な話です。

 

「本好きで読解力×」なんて、ごく自然なことであり、めずらしくもなんともないことなのです。

 

ただ私は「本を読むな」とは一言も言っていません。

読書で読解力を高めている子(先にあげた分類でいえばAタイプ)の存在も否定しているわけでもありません。

 

それでは、読書の効用について考えてみましょう。

 

○ 活字量への耐性がある

○ 読みのスピードも上がりやすい

○ 自ずと、言葉の知識が増える

○ 擬似体験を重ねることによって、精神年齢が高まりやすい

 

とうメリットもあるので、読書をすることそのものはすばらしい。

 

ただ、「本を読んでりゃ受験はだいじょうぶ」という話になってくると、

 

「それはまったくの誤解というものです。だって、求められることが違うんだから。」と言わざるをえないのです。

 

しかしながら、「読書量に依拠してしまう危うさ」を考えると、

 

「感覚ではなく論理的な方法で取り組むことの大切さ」のほうが

実は受験では大切なのです。

 

読書の価値は大きい。

 

でも、それだけで「戦える」ほど、

入試は甘くないことを頭の片隅に入れていただければ幸いです。







体験授業&セミナーご予約はこちらから→https://www.eden-kobetu.com
かなりの予約が入り、先生の枠も残り僅かです!!

 

↓ご応募はこちらから

【メニュー】Edenがお子様にできること

 

代表 直通TEL 090-1705-9336 会社TEL03-6884-5449 ←クリックすると繋がります

https://www.eden-kobetu.com

 

◎追伸;

 

下記の情報もご参照頂けましたら幸いです。

☆家庭教師 都内、家庭教師 中学受験 、家庭教師 小学生

共に、検索率No.1 

 

☆アメーバトピックにて、人気記事として掲載されました!!

下記のBLOGにて、各種コラム・ノウハウも公開しております。

https://ameblo.jp/eden-kobetu/

======================================